チュートリアル: 5 つの簡単なステップで CA Agile Central について学ぶ

このチュートリアルでは、CA Agile Central アプリケーションを使用してアジャイル プロジェクトの 5 つの簡単なステップを計画する方法について説明します。以下を行う方法を学習します。

  • ユーザ ストーリーのバックログの作成
  • イテレーションの計画
  • イテレーション中の進行状況の追跡
  • バーンダウン グラフでイテレーション ステータスを表示

アジャイルのソフトウェア開発では、日々の仕事で要求を発展させ、繰り返し、付加的にソリューションを提供している小規模で、自己管理された、職務横断型のチームを中心とした原則および実践のセットを参考にしています。スクラム、XP、Lean Software Development はすべてよく知られているアジャイル フレームワークです。

Sprinting Safaris, Inc. Roars

Sprinting Safaris は、好景気のアドベンチャー旅行会社ですが、現在の予約システムは手動であり、時代遅れです。Sprinting Safaris は次の雨季のピークまでに、オンライン予約システムを取り入れて現代的にすることを望んでいます。

Sprinting Safaris チームのどのような特性がアジャイルを構成しますか?

  • 小(5 ~ 9 人のチーム メンバー)
  • フルタイムのチーム メンバー(チーム構造は四半期ごとに変化しない)
  • 同じ場所にいる(または、Skype、IM、CA Agile Central などの通信用のソフトウェアを使用)
  • 自己管理されている
  • 職務横断型
  • 利己的でない

 

ヒント
  • 製品所有者は、チームにおいて、値を定義し、ビジョンを持ち、製品に対する許容基準を確認する人です。プロダクト オーナーは製品バックログを所有および管理し、アーキテクト、テスタ、開発者からバックログ項目を適切にサイジングするための助言を求め、それらの項目を顧客の利益になるようにランク付けします。

 

1. ユーザ ストーリーのバックログの作成

新しいオンライン支払い/予約システムには、いくつかの新機能が含まれています。Safaris チームは、最初に構築する対象を把握できるように、新しいシステムのすべての機能と要件のリストを作成する必要があります。この要件の一覧は、バックログと呼ばれます。バックログの要件は、ユーザ ストーリーと呼ばれます。

Sprinting Safaris は新しい予約システムをクレジット カード対応にしたいと考えています。この要件を満たすユーザ ストーリーを作成し、バックログでランク付けしてみましょう。

ステップ 1/5 バックログの作成  
ヒント
  • 製品バックログは、チームがその製品に対して行うすべてのユーザ ストーリーのリストです。
  • ユーザ ストーリーでは、ユーザまたは顧客に対する価値に重点を置いて、システムで何を実行すべきか記述します。通常、日常的な言葉で 1 文または 2 文で書き込まれます。
  • ユーザ ストーリーのベスト プラクティスは、ユーザの観点から書き込むことです。次のテンプレートがよく使用されます: として、を望んでいて、それはなぜか。
  • ストーリー ポイントは、ユーザ ストーリーの全体のサイズを表す測定単位です。ストーリー ポイントは相対的です。4 つのポイントを割り当てられているストーリーは、2 つのポイントを割り当てられているストーリーに比べて 2 倍の工数を必要とします。

2. 最初のイテレーションの作成

イテレーションは、配信作業、質の高いソフトウェアにフォーカスした短い(1 ~ 4 週間の)開発サイクルです。イテレーションごとに、テストされる製品の機能が向上します。このタイムボックスを表現するために、一部のチームはターム スプリントも使用します。

繰り返しの開発は、アジャイルの本質です。私たちは、イテレーションの度に、動作する、完全にテストされたソフトウェアを生産し、プロダクト オーナーまたは顧客と値の実証および確認を行っています。この確認により、より大きな目標に向けて取り組みながら、適切な機能を付加的に構築することを確実にします。

ここで、作業をスケジュールする最初のイテレーションを作成してみましょう。

ステップ 2/5 イテレーションの作成  
ヒント
  • 計画速度は、イテレーション内でチームが完了できるストーリー ポイントの数を表します。
  • コミットメントの実行とミーティングは、アジャイル開発における成功のための重要な要因です。アジャイル チームは、イテレーション内で許容されている以上の作業にはコミットしません。

3. 最初のイテレーションの計画

最初のイテレーションの内容の計画を開始し、スケジュール済みのユーザ ストーリーをタスクに分解することによって、見積もりの精度を上げます。

最初のイテレーションで完了する必要があるバックログでの作業をスケジュールし、スケジュール済みのユーザ ストーリーをタスクにします。

ステップ 3/5 イテレーションの計画  
ヒント
  • イテレーション計画の一般的な手順は次のとおりです。
    1. イテレーションの目標またはテーマを特定します。
    2. 開発するユーザ ストーリーを選択します。
    3. ユーザ ストーリーをタスクに分割します。
  • タスクは、チームがユーザ ストーリーを完了する方法を表す、作業の小項目です。クレジット カードの支払いのストーリーの場合、タスクの例には「クレジット カードの入力フォームの作成」があります。タスクは、完了までに 1 時間から 1 開発日かかるものである必要があります。

4. イテレーション中の進行状況の追跡

イテレーション中、開発チームは作業を開始し、アクティビティを完了しながら、タスクの進行状況の更新をします。これは多くの場合、毎日のスタンドアップ ミーティングで行われます。

進行状況は、チームによって CA Agile Central アプリケーションに記録される必要があります。ほとんど完了したタスクのステータスも、割り当てられているユーザ ストーリーにロールアップされます。

すべてのタスクが完了すると、ユーザ ストーリーが「完了」の状態に達します。その後、プロダクト オーナーがストーリーを確認し、それがすべての条件を満たしている場合は、「承認済み」の状態にマークします。イテレーションの最終日の前に、イテレーション内のすべてのスケジュール済みのストーリーが完了され、承認される必要があります。

イテレーション内のタスクとユーザ ストーリーの進行状況を記録してみましょう。

ステップ 4/5 - 進捗状況の追跡  
ヒント
  • CA Agile Central の状態アイコン
    • D = Defined(定義済み)
    • P = In-Progress(進行中)
    • C = Completed(完了)
    • A = Accepted(承認済み)
  • デイリー スクラムとも呼ばれるスタンドアップ ミーティングは、15 分間のステータス ミーティングです。メンバーは、1 人が 3 つの質問に答えるごとに立ち上がります。
    1. 昨日行ったこと
    2. 今日する予定のこと
    3. 自分のしていることにおける問題

5. イテレーションのレトロスペクティブの開催およびレポートの参照

イテレーションの最後に、チームは承諾されたユーザ ストーリーを組織の他の部門や利害関係者に対して示します。チームはまた、重要なミーティングである、イテレーションのレトロスペクティブを開催します。チームはイテレーションで上手くいったこと、上手くいかなかったことについて議論し、問題を修正するためにアクション項目を割り当てます。

このミーティングにより、チームが、各イテレーションで完了できるストーリー ポイントの数を多く見積もっていたか少なく見積もっていたかの判断ができます。

CA Agile Central では、見積もりの成功と作業ベロシティを判定しながら、チームに役立つレポートとグラフを表示します。チームの向上の指標として最も役立つのは、イテレーション バーンダウン グラフです。

Sprinting Safaris のイテレーションから作られる可能性のある 2 つの異なるバーンダウン グラフを見てみましょう。

ステップ 5/5 - レポートの参照  
ヒント
  • バーンダウン グラフは、イテレーションの残っているタスク作業の量と承認済みのストーリー ポイントの数を視覚的に示します。
  • バーンダウン グラフは早い段階で変動する場合がありますが、チームが成長するにつれ、チームの速度を適切に示すようになります。

確認

これで CA Agile Central 入門ツアーは完了です。以下を実行する方法について学びました。

  • ユーザ ストーリーの作成
  • イテレーションの計画
  • イテレーション中の進行状況の追跡
  • バーンダウン グラフでイテレーション ステータスを表示

CA Agile Central の Enterprise Edition および Unlimited Edition では、そのほかにも、リリース計画、時間追跡、高レベルのポートフォリオ計画、顧客の機能リクエスト、品質管理においてチームを支援する数多くの機能を提供しています。

CA Agile Central の使用時にヘルプが必要ですか? 提供されている機能の詳細については、CA Agile Central のページの右上隅にある緑のクエスチョン マーク アイコンをクリックしてください。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。