Atlassian JIRA (OpsHub)

OIM (OpsHub Integration Manager)を使用すると、Atlassian JIRA や CA Agile Central のような異種のツールを使用するアプリケーション開発組織内の機能横断型チームは、相互に効果的なコミュニケーションとコラボレーションを行うことで、チームの全体的な俊敏性、生産性、および効率を向上させることができます。

OIM は、問題、バグ、要件、改善、サブ タスク、および JIRA で利用可能なその他のすべての問題タイプを、CA Agile Central に存在するすべてのエンティティ(ディフェクト、ユーザ ストーリー、テスト ケース、テスト セット、テスト ケース結果(書き込みサポートのみ)、タスクなど)に同期する機能をサポートします。 

  • JIRA と CA Agile Central 間での、サポートされているすべてのエンティティの一方向および双方向の同期をサポートします。 
  • 同期には、フィールド データ、添付ファイル、コメント、問題関係トレーサビリティが含まれています。
  • オンプレミスであるか、カスタマ クラウドであるかを問わず、ビジネスのニーズに合わせて展開オプションを提供します。 
  • JIRA と CA Agile Central 間の同期のためのエンティティの定義を含む Web ベースの管理ツールを介して完全に管理でき、かつ機能します。 
  • 両方のシステムの履歴を保持します。JIRA または CA Agile Central が利用不能になった場合は、システムが再び稼働状態になったら、その期間中に発生したすべてのトランザクションを反映します。 
  • ソース システムからターゲット システムへのトランザクション ブロック単位での変更の適用をサポートします。
  • フィールドとリンクのマッピングをサポートするために、ALM システム間のカスタム マッピングを定義するためのテンプレートおよび機能を提供します。
  • マスタ/スレーブ、パーティション分割された所有権、動的な所有権、ピア ツー ピア、カスタムなど、開発組織をサポートするための複数のレプリケーション モデルをサポートします。
  • 自動化された競合解決のサポートにより、競合をプロアクティブに管理します。

ビデオ

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。