BMC Remedy

CA Agile Central とその他の ITSM および ALM ツールを統合することで、組織は接続されているツール間でデータを同期できます。Kovair Omnibus を介した CA Agile Central と BMC の統合により、機能のサイロを解消し、手動のハンドオフと機能の依存関係を削減し、プロセス内でのチームの生産性を向上させます。

Remedy、Kovair、CA Agile Central 間の統合の主要なメリットは以下のとおりです。

  • ALM と ITSM の収束: 開発チームは要件の可視性を向上させ、サポート チームは開発の可視性を向上させることで、Dev-Ops の導入が容易になります。
  • サービス デスクの統合: CA Agile Central と Remedy 間の同期により、開発チームとテクニカル サポート チームのコラボレーションが向上し、顧客から報告された問題をより迅速に修正できます。同じ顧客問題に対応している組織内の複数のサービス デスクと部門の同期を維持できます。
  • 可視性の向上: ヘルプ デスクおよび開発チームは、それぞれのツールの環境を離れることなく、互いのアーティファクトをリアルタイムで可視化できます。顧客とのコミュニケーションの遅延およびエラーを回避できます。
  • トレーサビリティとツール間レポート: CA Agile Central と Remedy の両方のツール アーティファクトにまたがる洞察を提供することで、開発が対応している問題と顧客チケットを追跡できます。CA Agile Central のユーザ ストーリーから Remedy のインシデントへとインシデントを追跡し、双方向で更新を行います。単一のレポートにより、経営陣は 1 件のチケットの解決に費やされた労力を明確に可視化し、必要な是正措置を取ることができます。

ビデオ

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。