ストーリーの分割

バックログの展開

ユーザ ストーリーが最初にバックログに追加された時点では、それらは往々にして大きすぎフィーチャといってよいサイズです。担当者であるデリバリ チームは、プロダクト オーナーがバックログをランク付けするための合計見積もりを提供します。

こういったいずれかのフィーチャーの優先度が増加し、その機能性への理解が深まってくると、より小さいサイズのストーリーに分割することができます。最終的には、これらの小規模のストーリーは 1 つのイテレーションに収まります。

ストーリー分割の付箋

ストーリーの分割

1 つのイテレーションに収まるように大規模なストーリーを小規模なストーリーに分割するときは、たとえばケーキの層のように、層を分けて記述するように心掛けることが重要です。つまり、ストーリーは、GUI またはプレゼンテーション レイヤ、ビジネス レイヤまたはロジック レイヤ、データまたは永続性レイヤを含む機能を開発するチームを必要とします。

開発者は本能的に、開発をレイヤごとに行います。ただし、メソッドまたは GUI に接続されていない複数のテーブルでは、出荷可能なコードは構成されません。このようなストーリーは、どんなに小規模でも価値を創出しません。

層に分けて開発すると、たとえそれ自体に大きな価値がない、薄い一層となる機能に関してでも、フィードバックから学ぶ機会ができます。少量のロジックや GUI でも実証することができれば、顧客を満足させられているかどうか判断できます。

ストーリー分割の層

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。