CA Agile Requirements Designer

CA Agile Requirements Designer 統合により、正確なユーザ ストーリー定義、自動化されたテスト ケース設計、およびリアクティブなテスト自動化のすべてのメリットが CA Agile Central 開発プラットフォームにもたらされます。

ユーザ ストーリーは、CA Agile Central からインポートし、明快なフローチャートとしてモデリングしてから、システム設計を完全にテストするために必要なテスト ケースの最小セットに変換できます。その後、最適化されたテスト(それらを実行するために必要なテスト スクリプト、データ、仮想エンドポイントを含む)を CA Agile Central にエクスポートできます。フローチャートにより、開発者は作業を出発点となる明確な仕様を取得し、テスト担当者はスプリント内で厳密にテストされたソフトウェアを提供するために必要なすべてを取得できます。

CA Agile Requirements Designer は、テスト メンテナンスによって発生するボトルネックを解消し、影響分析を提供して、モデルが変更されたときにテスト、データ、および仮想エンドポイントを自動的に更新します。その後、自動更新スプリントボードを通じて最新アセットを割り当てることができます。これにより、テストおよび開発チームは常に変化する最新のユーザ ニーズを把握できます。

CA Agile Requirements Designer は、CA Agile Central のプロジェクトおよびポートフォリオ管理をサポートし、テスト、ユーザ ストーリー、および変更要求の正確なコストおよび複雑性のメトリックを提供します。これにより、チームは正確なストーリー ポイントを割り当てることができ、依存関係マッピングにより、十分な情報に基づいた機能間のトレードオフがサポートされます。また、重要なテストをユーザによって実行される可能性に基づいて優先順位付けして、正確なリスクベースのテストを実行できます。

機能は次のとおりです。

  • ユーザ ストーリーのフローチャート モデリングにより、テスターおよび開発者に作業の出発点となる明確なフローチャートが提供される
  • ユーザ ストーリーをエンドユーザと共に検証することで、設計段階でディフェクトを検出し、時間がかかる下流での修正を回避する
  • 自動化されたテスト ケース設計により、時間のかかる手動のテスト作成によって生じる遅延を解消する
  • テスト ケースの最適化により、テスト サイクルを短縮し、ディフェクトをより早期に検出し、修正に必要な時間とリソースを削減する
  • 実システム データを使用したリスクベースのテストにより、特定の機能がユーザによって実行される可能性を実験に基づいて定義する
  • 自動化されたテスト メンテナンスにより、テスト、データ、期待される結果、およびそれらを実行するために必要なエンドポイントを更新する
  • スプリント ボードの自動更新により、テストおよびストーリーを CA Agile Central で利用可能なチームに割り当てる
  • コストと複雑性の分析により、ストーリーの相対的なサイズを評価し、正確なストーリー ポイントを割り当てる
  • 仮想エンドポイント定義により、テスト担当者および開発者はシステム内の何を仮想化する必要があるかを正確に指定できる

ビデオを見る

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。