プロジェクトおよびワークスペースのクローズ

ワークスペースまたはプロジェクトを削除することはできません。ただし、プロジェクトまたはワークスペースをクロージングすると、それらのプロジェクトの作業アイテムがロックされ、ナビゲーションおよびピッカーから不要なものが削減されるため、同じ効果が得られます。

プロジェクトまたはワークスペースをクローズする理由

  • 誤って作成された、またはまったく使用されていないプロジェクトまたはワークスペース
  • 古いプロジェクトまたはワークスペース
  • プロジェクト ピッカーおよびナビゲーションで不要になった完了済みプロジェクト

未使用のワークスペースまたはプロジェクトのクローズ

プロジェクトまたはワークスペースをクローズするための基礎

  • ワークスペースまたはサブスクリプションの管理者である必要があります。
  • ワークスペースをクローズする場合、すべての子プロジェクトもクローズされている必要があります(これは手動のプロセスです)。
  • プロジェクトをクローズする場合、すべての子プロジェクトもクローズされている必要があります。
  • 子プロジェクトを再オープンするには、すべての親プロジェクトおよびワークスペースを同様にオープンする必要があります。
  • プロジェクトまたはワークスペースをクローズすると、プロジェクトへの変更を除き、作業アイテムまたはタイムボックスへのすべての編集がブロックれます。
  • クローズされたプロジェクトのストーリーには、ポートフォリオ アイテムのロールアップに反映されるポイントがあります。

プロジェクトまたはワークスペースがクローズされると、ユーザはそのプロジェクトまたはワークスペースに移動できなくなります。つまり、ユーザはすべての作業アイテムを見ることができなくなり、それらのプロジェクトまたはワークスペース内のページに移動できなくなります。検索や作業アイテムへの直接リンクによって、プロジェクト内の作業アイテムにアクセスすることはできます。

プロジェクトまたはワークスペースをクローズする方法

  1. システム管理ページの[ワークスペースとプロジェクト]タブに移動します。
  2. クローズするアイテムを選択します。
  3. ワークスペースまたはプロジェクトを編集し、[状態]を「クローズ済み」に設定します。

閉じられたワークスペースまたはプロジェクトはそのまま残りますが、ナビゲーション バーまたはプロジェクト選択のドロップダウン リストに表示されなくなります。ワークスペースの変更は、リビジョン履歴に記録されます。

クローズしたプロジェクトおよびワークスペースの表示

ワークスペース内のすべてのプロジェクト(クローズしたプロジェクトを含む)を表示する方法

  1. システム管理ページの[ワークスペースとプロジェクト]タブに移動します。
  2. [状態]ドロップダウンを[オープン]から[すべて]に変更します。
  3. ページの上部の[フィルタ]をクリックします。

クローズしたプロジェクトでの検索

クローズしたプロジェクトで検索することはできますが、それらの結果は[検索]ページの[Closed Projects (クローズしたプロジェクト)]にのみ表示されます。クローズしたプロジェクトには移動できないため、[検索ワークスペース]が選択されていることを確認してください。現在のワークスペース以外のワークスペースは検索できないため、クローズしたワークスペースは検索できません。

クローズされたプロジェクト内の作業アイテムを表示するために検索を行う際に、[クローズ プロジェクト]タブをクリックします。

クローズしたプロジェクトの編集

[検索]ページまたは[作業ビュー]を使用すると、クローズしたプロジェクトのアイテムにアクセスできますが、編集できるフィールドはプロジェクトだけです。これは、ユーザがクローズしたプロジェクトのアイテムを編集できないようにすることで、それらをアーカイブする方法です。ユーザはクローズしたプロジェクトのタイムボックスを編集できなくなります。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。