共通のアクション

共通のアクションは、複数の作業アイテムで使用されるアクションです。これらのアクションがそれぞれ実行される場合、動作は同じです。作業アイテムとは、ユーザ ストーリー、ディフェクト、ディフェクト スイート、タスク、テスト、またはテスト ケースのいずれかです。

共通のアクションを以下に示します。

上記の共通のアクションのいずれかを実行することができるかどうかは、ワークスペースで割り当てられているユーザ ロールおよび権限によって異なります。

ワークスペースの選択

1 つの CA Agile Central サブスクリプションには、複数のワークスペースを保持できます。CA Agile Central サブスクリプションの複数のワークスペースへのアクセス権を持っている場合は、CA Agile Central の画面の左上隅にあるワークスペース ドロップダウンを使用して、目的のワークスペースを選択することで、ワークスペース間を簡単に移動することができます。「CA Agile Central による情報の整理」を参照してください。

[プロファイル]ページからデフォルトで使用するワークスペースとプロジェクトの組み合わせを選択するには、以下の手順に従います。

  1. CA Agile Central の画面の右上隅から[セットアップ]モードを選択して、[プロファイル]タブを選択します。
  2. プロファイルの編集]をクリックします。
  3. [設定]セクションで、[デフォルト ワークスペース/プロジェクト]ドロップダウンをクリックして、ワークスペースとプロジェクトを選択します。
  4. 保存して閉じる]をクリックします。

プロジェクトの新規チーム メンバの選択

新規チーム メンバの作成

チームに新規メンバを追加するには、以下の手順に従います。

  1. セットアップ]モードをクリックして、[ワークスペースとプロジェクト]タブをクリックします。
  2. ワークスペースを選択します。
  3. ワークスペースの詳細ページで、サイドバーにある[プロジェクト]リンクをクリックします。
  4. プロジェクトのサマリ ページで、チーム メンバを追加するプロジェクトをクリックします。
  5. プロジェクトの詳細ページで、サイドバーにある[ユーザ]リンクをクリックします。
    ユーザは、ユーザ名のアルファベット順に表示されます。
  6. 以下のボタンのいずれかをクリックします。
    • ユーザの追加: ユーザの名またはユーザ名を入力します。このフィールドでは、入力する名前の自動候補が表示されます。新規チーム メンバをビューアまたはエディタのいずれにするかを指定して、[追加]をクリックします。
    • Add Users From: 選択したワークスペース内の別のプロジェクトにすでに割り当てられているユーザのグループ全体を選択します。[適用]をクリックします。

 

アクション ボタンのオプション

CA Agile Central のサマリ ページには、複数のアクティビティを実行するために使用するアクション ボタンがあります。アクション ボタンのオプションは、表示されるサマリ ページによって異なることがあります。以下の表では、アクション ボタンで実行可能なアクションの一覧を表示します。

オプション 説明
子の追加 ユーザ ストーリーに子ユーザ ストーリーを追加します。
イテレーションの編集 表示されるイテレーションを編集します。
リリースの編集 表示されるリリースを編集します。
CSV にエクスポート CSV (カンマ区切り値)ファイルにエクスポートします。注: サマリ ページにさまざまな種類の作業アイテムが表示されている場合、このオプションに、エクスポート(テスト ケースの CSV へのエクスポートなど)用に指定された特定の作業アイテムが表示されます。
XML にエクスポート ワークスペースを XML ファイルにエクスポートします。 注: サマリ ページにさまざまな種類の作業アイテムが表示されている場合、このオプションに、エクスポート(テスト ケースの XML へのエクスポートなど)用に指定された特定の作業アイテムが表示されます。
インポート CSV (カンマ区切り値)ファイルからインポートします。
インライン追加 新しい作業アイテムを直接サマリ ページにインライン追加します。入力を容易にするキーボード ストロークについては、「インライン追加」のトピックを参照してください。
マルチ編集 表示されているすべての作業アイテムの値とフィールドを一括で編集します。
新規添付ファイル ディフェクト、ディフェクト スイート、またはテスト ケースに添付ファイルを追加します。
新規テスト ケース 新規テスト ケースを作成します。
レポートの印刷 サマリまたは詳細レポートを印刷します。1 ページに複数の作業アイテムが存在している場合、階層表示のすべての作業アイテムはサマリおよび詳細レポートの両方で印刷されます。
新しいストーリーのスケジュール 新規ストーリーを作成します。新規ストーリーは、表示されたイテレーションに自動的にスケジュールされます。
分割 スケジュールされたアイテムをバックログのイテレーション間に分割します。
グラフの表示 イテレーションまたはリリースで使用可能なグラフを表示します。

エクスポートする際に、エクスポートされる作業アイテムは、アクセスした作業アイテムのサマリ ページに応じて異なります。

作業アイテムのコピー

作業アイテムを作成する際、作成する必要がある作業アイテムと類似した作業アイテムがすでに存在している場合があります。既存の作業アイテムをコピーし、その後このコピーに対して必要な変更を行うことで、時間と労力を節約できます。関連するサマリ ページまたは詳細ページから作業アイテムをコピーします。

作業アイテムを保存した後に、コピーされた作業アイテムは、一意の ID 番号を受け取ります。

リリースまたはイテレーションをコピーすることはできません。

ドラッグ アンド ドロップ ランキングが設定されている場合、コピーされた作業アイテムはそのページ内の元の作業アイテムのすぐ下のランクになります。

作業アイテムの作成

新しい作業アイテムを作成するには、以下の手順に従います。

  1. ユーザ ストーリー、ディフェクト、テスト ケースなど、適切なページを選択します。
    各作業アイテムのサマリおよび詳細ページには、ページの右上隅に[アクション]ボタンがあります。
  2. [アクション]ボタンから、[新規 <作業アイテム>]を選択します。
  3. [名前]フィールド(必須テキスト)に名前を入力し、その他の必要なフィールドに入力します。
    必須フィールドは、全画面エディタに赤色で強調表示されます。
  4. 保存]をクリックします。

    フィルタや並べ替え条件を適用しない限り、新しい作業アイテムは、サマリ ページの一覧の最後に表示されます。

表示されるはずのフィールドがこの画面にない場合は、そのフィールドが管理者によって非表示にされている可能性があります。

作業アイテムの削除

詳細ページから作業アイテムを削除します。

  1. 削除する個別の作業アイテムを選択します。
  2. 詳細ページで、[アクション]-[削除]をクリックします。
  3. OK]をクリックして削除するか、[キャンセル]をクリックします。

作業アイテムを削除すると、ページ上部に少しの間バナーが現れ、削除したアイテムのリストアのためのリンクが表示されます。

ルール:

  • ごみ箱から元に戻すことができない作業アイテムを削除しようとすると、確認のプロンプトが表示されます。
  • タスクを含む作業アイテムを削除すると、そのタスクは削除されます。
  • 子ストーリーを含むユーザ ストーリーを削除すると、その子ストーリーとタスクは削除されます。
  • ユーザ ストーリーを削除すると、以下の作業アイテムの関連付けも解除されます。
    • テスト ケース
    • ディフェクト
    • 先行タスク
    • 後続アイテム

作業アイテムの編集

サマリ ページまたは詳細ページから作業アイテムを編集することができます。

サマリ ページから、作業アイテムの右側の行の末尾にある[編集]アイコンを選択します。ほとんどの場合、CA Agile Central では、サマリ ページで使用できる作業アイテムのフィールドをインライン編集することも可能です。

詳細ページから、サマリ ページの作業アイテムをクリックして、詳細ページにアクセスします。[アクション]をクリックして、[編集]を選択します。

表示されるはずのフィールドがこの画面にない場合は、そのフィールドが管理者によって非表示にされている可能性があります。

ご使用のブラウザの[戻る]ボタンや[進む]ボタンからアクセスした作業アイテムを編集しないでください。作業アイテムを保存できないというメッセージが表示されます。

作業アイテムのインライン編集

CA Agile Central では、ほとんどのサマリ ページで作業アイテム フィールドをインライン編集できます。

  1. 行の上にカーソルを合わせます。行の色が変わると、インライン編集できるようになります。
  2. インライン編集機能を有効にする行をダブルクリックします。
    ドロップダウン リスト、状態ボックス、およびテキスト ボックスが表示されます。
  3. 編集が完了したら、インラインの[保存]アイコン 保存 をクリックして、変更内容を保持します。インラインの[キャンセル]アイコン キャンセル をクリックして、いつでもインライン編集をキャンセルできます。

以下のキーボード ストロークを使用すると、インライン入力が簡単になります。

  • Esc キー: 変更をキャンセルします。
  • Ctrl キー + Enter キー: インライン編集内容を保存します。
  • 作業アイテムの状態をインラインで変更するには、[ステータス]値のいずれかをクリックします。ステータス
    • アクティブになっている場合、[ステータス]値は黄色です。新しい値を設定するには、[ステータス]値を 1 回をクリックします。
    • ブロックとブロック解除間の状態を切り替えるには、インライン編集時にステータス値のいずれかをダブルクリックします。

注: 作業アイテムが作成された後で、管理者が何らかの作業アイテム フィールドを必須項目に設定した場合、その必須フィールドはインライン編集の行には表示されず、インライン編集では必須項目の入力が強制されません。

作業アイテムをインライン編集する場合、ドラッグ アンド ドロップ ランキングが設定されていると、ページ上の作業アイテムの位置が[ランク]フィールドに表示されます。

作業アイテムのフィルタ

サマリ ページでフィルタして、定義した条件を満たす作業アイテムのみを表示することで、作業アイテムを管理します。

デフォルトのフィルタ オプションをカスタマイズするには、以下の手順に従います。

  1. ドロップダウン ボックスをクリックして、関連するフィールドの値をフィルタ条件として選択します。フィルタする各フィールドに対して 1 つの値を選択して、それぞれに異なる値の条件を設定することができます。
  2. フィルタ条件の入力が完了したら、[フィルタ]をクリックします。

フィルタ条件は、各フィールドに[ALL]値を選択して削除するか、別のフィルタ条件が選択されるまで適用されたままです。

ツリー [ツリー ビュー]のフィルタでは、一致するすべての親および子ユーザ ストーリーが返されます。親は階層の表示を保持するために常にリストに表示されますが、フィルタ条件と完全一致ではないことを示すためにグレー表示されることがあります。

作業アイテムの保存

作業アイテムを作成、コピー、編集するときはいつでも、保存オプションがいくつかあります。

  • 保存して閉じる: 作業アイテムを保存して、ウィンドウを閉じます。
  • 保存して新規作成: 変更を保存して、作成、編集、コピーされている作業アイテムを閉じて、代わりに新しいページを開きます。
  • 保存: 変更を保存し、現在のエディタを開いたままにします。

頻繁に保存することで、作業アイテムの変更や更新の詳しいリビジョン履歴を把握することができます。

作業アイテムの並べ替え

並べ替えは強力なツールです。作業アイテムを分かりやすくグループ化して表示できるため、作業アイテムの管理に役立ちます。並べ替えは、サマリ ページから実行します。

サマリ ページの作業アイテムを並べ替えるには、以下の手順に従います。

  1. 列ヘッダのタイトルをクリックして選択して、そのヘッダによって昇順または降順のいずれかでページ全体を並べ替えます。並べ替えた列に表示される上向きまたは下向きの矢印で、選択されている並べ替えのタイプが示されます。
  2. 昇順と降順を切り替えるには、ヘッダを再度クリックします。

サマリ ページの初期デフォルトの並べ替え順は、ID 列で昇順です。

タグ

タグ付けは、作業アイテムのコレクションをグループ化または識別するための方法です。タグ付けにより、すべてのチーム メンバがユーザ ストーリー、ディフェクト、ディフェクト スイート、テスト ケース、テスト セット、およびタスクを論理的にグループ化およびフィルタできるようになります。

[タグ]フィールドは、ディフェクト、ディフェクト スイート、テスト ケース、テスト セット、およびユーザ ストーリー用のエディタの[名前]フィールドのすぐ下にあります。

[タグの選択]ドロップダウンを使用して、新しいタグを作成します。検索ボックスで既存のタグを検索します。検索では、大文字と小文字は区別されません。作業アイテムにタグを追加したり、作業アイテムからタグを削除したりするには、タグのチェックボックスを選択します。複数のタグを使用することができます。

タグはカスタム ビューに表示され、CA Agile Central 内で特定のタグをフィルタまたは検索することができます。

タグは 32 文字に制限されています。マウスを使用して[タグ]フィールドに文字を貼り付けても、既存のタグのドロップダウンはアクティブになりません。

タグのアーカイブおよび名前の変更は、管理者が実行できます。または、ワークスペース管理者権限を持つユーザ名を使用して、WSAPI を介して実行できます。

タグでは大文字と小文字は区別されませんが、作業アイテムのタグ付けの実行中にアーカイブされたタグが追加される場合を除きます。この場合、重複するタグが誤って作成されることがあります。たとえば、Regression と regression が作成されます。

タグがタグ オプションのリストに表示されないときは、タグが管理者によってアーカイブされている可能性があります。作業アイテムにタグを再度追加することはできますが、他の作業アイテムのリストにタグを表示させるときは、管理者に連絡する必要があります。

一括タグ付け

一括タグ付けによって、複数のアイテムに同じタグを迅速に適用することができます。

複数のバックログ アイテムに対してタグを追加または削除するには、以下の手順に従います。

  1. タグ付けする、またはタグ付けを解除するアイテムのチェックボックスを選択します。ギア メニューで一括編集モードに切り替えます。.
  2. ギア アイコンをクリックして、[タグ]を選択します。
  3. [一括編集]ウィンドウで、既存のタグを選択するか、検索フィールドにタグ名を入力することで新しいタグを作成して、[新規作成]をクリックします。
  4. 選択したアイテムにタグを追加するには、[適用]をクリックします。

タグを削除することはできませんが、管理者はタグをアーカイブすることができます。作業アイテムからタグを削除することはできますが、リスト自体から削除することはできません。

タグには文字と数字のみを使用することができます。

タグはタグが作成されたワークスペース内でのみ存在できますが、ディフェクト、ディフェクト スイート、ストーリー、およびテスト ケースのすべてに使用することができます。

作業アイテムの印刷

作業アイテムの詳細を印刷するには、以下の手順に従います。

  1. ユーザ ストーリー、ディフェクト、テスト ケースなど、適切なページを選択します。
    各作業アイテムのサマリおよび詳細ページには、ページの右上隅に[アクション]ボタンがあります。
  2. [アクション]ボタンから、[印刷]を選択します。
  3. 印刷ウィンドウでオプションを選択して、詳細レベルおよびタイトル ページの制御、別のテキストのヘッダおよびフッタへの追加を行います。
  4. 印刷]をクリックします。

サマリ ページから印刷するとき、表示されるすべての作業アイテムのサマリを印刷するか、各作業アイテムのフィールドの詳細を含めて印刷するかを選択することができます。

リッチ テキスト形式のフィールド

リッチ テキスト形式(RTF)のフィールドでは、次のような標準的な Word フォーマット オプションを使用できます。Arial、Courier New、Times New Roman のフォント、太字、斜体、下線、フォントの色、テキストのハイライト カラー、箇条書き(段落番号)、箇条書き、インデント、インデント解除、ハイパーリンク、グラフィックス。リッチ テキスト形式のフィールドは、すべての作業アイテム内にあります(通常、[説明]および[注]フィールド)。これらのフィールドでは、柔軟にデータをフォーマットすることができます。

注: ハイパーリンクを挿入するとき、一部のブラウザでは ボタンをクリックする前に、リンクするテキストを強調表示する必要がある場合があります。

[説明]および[注]の RTF フィールドには、32 KB の制限があります。その他のすべての RTF フィールドには、2 KB の制限があります。32 KB の入力内容は、テキストにいずれかのタイプのフォーマットが適用されるとすぐに 32 KB より大きくなることに注意してください。一部のフォーマット タイプでは、各文字が 2 バイト以上に拡張されます。

任意の RTF フィールドで Enter キー押すと、行間が 2 行の形式で表示されます。行間を 1 行にする場合は、Shift キー + Enter キーを押します。

Ctrl + Z キーや、リッチ テキスト エディタのメインの[編集]メニューを使用した、編集内容を元に戻すアクションは、Internet Explorer を使用する場合は機能しません。ただし、これらのアクションは Mozilla ベースのブラウザでは機能します。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。