ユーザ ストーリーのディフェクトへの変換

本当はディフェクトであるべきユーザ ストーリーが存在する場合があります。ユーザ ストーリーは編集可能な詳細ページからディフェクトに変換できます。変換中は以下のようになります。

  • ユーザ ストーリー名の前に「(ディフェクトに変換しました)」と付与されます。
  • ユーザ ストーリーは削除されませんが、スケジュール未設定になります。
  • ユーザ ストーリーのディフェクト、ポートフォリオ アイテム、先行アイテム、後続アイテム、子がユーザ ストーリー上に留まります。
  • ユーザ ストーリーのタスク、添付ファイル、テスト ケースは新しいディフェクトに移動されます。
  • ディスカッション投稿はディフェクトにコピーされます。

 

ユーザ ストーリーを変換する方法

  1. 編集可能な詳細ページでユーザ ストーリーを開きます。
  2. [ギア アクション]アイコンをクリックして、[ディフェクトに変換]を選択します。
  3. [ディフェクトの変換を確認]ダイアログ ボックスに、変換に関する情報が表示されます。[変換]をクリックすると、ディフェクトが作成され、ユーザ ストーリーが変更されます。

    新しいディフェクトが QDP に表示されます。

 

 

フィールドの変換に関する情報

  • スケジュール情報は新規ディフェクトに含まれています。
  • ディフェクトに存在しないユーザ ストーリーのフィールドは、名前と値のペアとして[ノート]フィールドに格納されます。
  • カスタム フィールドは名前と値のペアとしてディフェクトの[ノート]フィールドに格納されます。
  • ユーザ ストーリーのリビジョン履歴には、名前の変更に関するエントリや、ディフェクトに変換されたことが含まれます。ディフェクトのリビジョン履歴には、ユーザ ストーリーから変換されたことが含まれます。

 

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。