繰り返しの作成

イテレーションは 1 つの完全な開発タイムボックスであり、長さは通常では 2 ~ 4 週間です。イテレーションでは、検討、設計、実装、およびテストが終了した展開可能な中間コードが生成されます。それぞれのイテレーションは、開発中の最終製品のサブセットであり、以前のイテレーションの機能に基づいています。

スクラム マスタ、プロダクト オーナー、およびその他のオーガナイザがイテレーションを作成し、そのフィールドを変更します。一般的にチームはチームのサイクルを表しディスカッションのプレース ホルダとして機能する今後の一連のイテレーションを作成します。イテレーション計画ミーティングで、チーム全体が今後のリリースで実行される作業の計画にコミットします。

イテレーションの作成および編集には以下が含まれます。

イテレーションの管理

オーガナイザは[タイムボックス]ページからイテレーションを作成、編集、および削除できます。

自分に割り当てられているプロジェクトのユーザ ロールと権限に応じて、イテレーションを作成、編集、または表示できます。

[タイムボックス]ページには、以下のようなイテレーション関連情報が表示されます。

  • 計画されたベロシティ: チームがリリース内で完了できると見込んでいる見積もり単位の量。
  • タスク見積もり: このイテレーションに割り当てられているすべてのタスクの見積もりのロールアップ。
  • To Do: 表示されているイテレーションのすべてのタスクについて完了させる残りの作業単位の累積値。
  • 実際: このイテレーションに割り当てられたタスクの完了にかかった実時間を累積するすべてのタスクからのロールアップ。 これは今後のタスクの見積もりに役立ちます。

イテレーションの一括作成

プロジェクト階層を使用している場合は、一括作成を使用してイテレーションを管理することができます。一括作成では、1 つのイテレーションを作成して、そのイテレーションを現在のプロジェクトのすべての子プロジェクトに適用することができます。これにより、設定にかかる時間が短縮されて、子プロジェクト間の共有スケジュールを簡単に作成できるようになります。

注: 同一プロジェクト内で、開始日と終了日の両方が同じである別のイテレーションを作成することはできません。

  1. 計画]タブを選択し、[タイムボックス]を選択します。
  2. [タイプ]ドロップダウンから[イテレーション]を選択します。
  3. [新規追加]を選択して、名前、開始日、および終了日を入力します。
  4. [詳細の追加]を選択します。
  5. [Create New Iteration]エディタ ページで、イテレーションをすべての子プロジェクトに発行する[一括アクション]チェックボックスをオンにします。
  6. 必要に応じて、エディタのほかのフィールドに入力します。
  7. [保存]を選択します。

一括作成機能を使用するための条件

  • [一括作成]フィールドを使用するには、親プロジェクトである必要があります。
  • 作成権限がある子プロジェクトのリリース作成のみを実行できます。

[一括作成]を使用すると、[名前]、[開始日]、[終了日]、[状態]の各フィールドは親プロジェクトのイテレーションから子プロジェクトのイテレーションに自動的にコピーされます。

イテレーションの一括更新

プロジェクト階層を使用している場合は、一括更新を使用して、親プロジェクトの編集内容を関連するすべての子プロジェクトに適用するオプションがあります。CA Agile Central は、プロジェクトのすべての階層の同期を維持するために、リンクされたすべての子プロジェクトを追跡し、特定のフィールドを更新します。

  1. [計画]タブを選択し、[タイムボックス]を選択します。
  2. 編集するイテレーションを選択します。ギア メニューから[編集]を選択します。
  3. [イテレーションの編集]ウィンドウで、リンクされたすべての子プロジェクトにイテレーションを発行する[一括アクション]チェックボックスの片方または両方をオンにします。
    • すべての子プロジェクトで一致するイテレーションの更新
    • 親プロジェクトで変更された名前およびリリース日の更新
  4. 必要に応じて、エディタのほかのフィールドに入力します。
  5. [保存]を選択します。

一括更新機能を使用するための条件

  • [一括アクション]フィールドを使用するには、親プロジェクトである必要があります。
  • 更新権限がある子プロジェクトのリリース編集のみを実行できます。

一括更新がアクティブであると、以下のフィールドの変更は、リンクされた子プロジェクトで更新されます。

  • 名前
  • 開始日
  • リリース日
  • State

子プロジェクトを編集するときには、[状態]フィールドを個別に編集できますが、[一括更新]フィールドで子プロジェクトが親プロジェクトにリンクされている限り、親プロジェクトの一括更新は個別の編集を上書きします。

[一括更新]フィールドの選択を解除することにより、親プロジェクトの一括更新から個々の子プロジェクトへのリンクを解除することができます。選択を解除すると、[名前]フィールドと[リリース日]フィールドが有効になります。これらのフィールドのいずれかを変更すると、子プロジェクト リリースへのリンクは解除されて、親プロジェクトからの一括更新時に子プロジェクトは更新されなくなります。

イテレーションの削除

重要: 削除されたイテレーションの回復またはリビジョン履歴はありません。ストーリーとディフェクトがスケジュールされているイテレーションを削除すると、ストーリーとディフェクトは更新されて、スケジュール未設定の状態になります。

イテレーションを削除するには、以下の操作を実行します。

  1. [計画]-[タイムボックス]に移動します。
  2. 削除するイテレーションの隣にあるギア アイコンを選択して、[削除]を選択します。

詳細ページの使用

[イテレーション]詳細ページには、個別のイテレーションのビューが表示されます。

[イテレーション]詳細ページから以下のことを実行できます。

  • 単一のイテレーションを、現在のフィールドの値と詳細をすべて含む完全な状態で読み取り専用表示。
  • ページの左側にあるサイドバーで、複数のアクティビティを実行します。サイドバーには、現在のイテレーションに関連付けられている作業アイテムが表示されます。表示アイコンと非表示アイコンを使用して、サイドバーの表示を制御します。
  • 詳細ページの左上隅の短縮 URL アイコンを選択して、この作業アイテムへの完全な URL が記載された新しいイテレーションの詳細ページを開きます。ここから URL をコピーして、チーム メンバー宛ての電子メールで参照リンクとして使用したり、別の作業アイテムへの添付ファイルとして使用したりすることができます。
  • [アクション]メニューを使用して、[編集]、[新規]、[コピー]、[印刷]、[削除]といったオプションを選択します。

イテレーションのフィールド

イテレーションを作成または編集するときに、以下のフィールドの値を設定します。赤色で強調表示されたフィールドは必須です。

フィールド 説明
一括作成 すべての子プロジェクトにこのイテレーションを適用するには、このチェックボックスをオンにします。親プロジェクトで新しいイテレーションを作成するときに、このチェックボックスが表示されます。現在の親プロジェクトのすべての子プロジェクトで同じ名前と終了日を使用して、イテレーションが作成されます。
一括更新 親プロジェクトのイテレーションの編集内容をすべての子プロジェクトのイテレーションに複製するには、このチェックボックスをオンにします。個々の子プロジェクトのイテレーションからこのチェックボックスをオフにすると、子プロジェクトへのリンクが親プロジェクトのリリースから削除されて、その子プロジェクトのイテレーションを個別に編集または更新できるようになります。[一括作成]オプションが有効であるイテレーションだけにこのフィールドが表示されます。
名前 イテレーションの名前を入力します。
テーマ このリッチ テキスト形式のフィールドを使用して、イテレーションのテーマを入力します。
開始日 カレンダ アイコンを選択して、表示されるカレンダからソフトウェアまたはアプリケーションのイテレーションの開始日を選択します。
終了日 カレンダ アイコンを選択して、表示されるカレンダからソフトウェアまたはアプリケーションのイテレーションの目標日を選択します。
State イテレーションの現在の状態を指定します。有効な値は次のとおりです。
  • 計画: イテレーションはまだアクティブではなく、今後のアクティビティに向けてまだ計画中です。
  • コミット済み: チームは、提案された作業セットにコミットしていて、イテレーションを開始できる状態にあります。イテレーションは開始日より前にコミットされる必要があります。
  • 承認済み: チームはイテレーション条件を満たしています。
計画されたベロシティ チームがこのイテレーションで完了できると考えているポイントの合計数を指定します。ポイントは推奨単位ですが、ほかの測定単位を表すために単位の定義をカスタマイズすることもできます。
プロジェクト イテレーションの現在のプロジェクト。[プロジェクト]フィールドには現在のプロジェクトがデフォルトで入力されますので、このフィールドを編集することはできません。別のプロジェクトのイテレーションを作成するには、まずそのプロジェクトに切り替えてから、イテレーションを作成する必要があります。
計画見積もりタスク見積もり、承認済み、To Do これらの合計は、関連付けられたスケジュール済みアイテムとそれらのタスクの見積もり値、および残りの作業単位の実際の数からロールアップされます。[承認済み]フィールドには、状態が[承認済み]に設定されているスケジュール済みアイテムの見積もり値の合計が計算され、表示されます。これらの数値は、今後のイテレーションでの見積もり精度の向上のために表示されます。これらのフィールドは、イテレーション単位で計算されます。
チームの意思決定やディスカッションの結果など、イテレーションに関連付けられている追加情報を記録します。
変更の説明 編集時にイテレーションに加えられた変更を記録します。コメントは保存され、[リビジョン履歴]ページに表示されます。注: イテレーションに加えられた変更も[リビジョン履歴]に体系的にキャプチャされます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。