カスタム HTML

カスタム HTML アプリケーションでは、独自のカスタム HTML および Javascript コードを使用して、アプリケーションを作成することができます。

 

重要: カスタム アプリ ページを有効にすると、HTML、JavaScript、その他のクライアント側のスクリプト言語を含むページを作成できるようになります。カスタム アプリケーションはサブスクリプション管理者が有効にする必要があります。カスタム HTML ページを開発および実装する際に、お客様独自のセキュリティ ポリシーや手順について考慮し、それらに従ってください。不適切な実装を行うと、お客様のサブスクリプションが、コード インジェクションや悪意のあるユーザによるクライアント側アプリケーションの操作など、クロス サイト スクリプティング(XSS)セキュリティ脆弱性に曝されるおそれがあります。エスケープ シーケンスのエンコードまたは使用、ユーザ指定入力の検証、および HTTPOnly Cookie フラグの使用により、出力を適切に処理してください。詳細については、「XSS (Cross Site Scripting) Prevention Cheat Sheet」を参照してください。

カスタム コード

カスタム HTML アプリケーションに入力されるカスタム コードの開発および保守を担当します。コードは HTML または Javascript で記述することができ、クエリ データは CA Agile Central の Web サービス API および App SDK を使用して記述することができます。

組織内にカスタム コードを作成するリソースがいない場合、CA Agile Central は有料コード サービスを提供しています。詳細については、プラットフォームの拡張サービス チームにお問い合わせください

ソース コードの表示

既存のカスタム HTML アプリケーションからコードを簡単に取得して、コピーを作成したり、詳細を編集したりすることができます。インストール済みアプリケーションのソース コードを表示するには、以下を実行します。

  1. アプリケーション タイトル バーの上部にあるギア メニュー アイコンをクリックし、[ソースの表示]オプションを選択します。
  2. ポップアップ ウィンドウで、[すべて選択]アイコンをクリックしてアプリケーション コードを強調表示します。
  3. 強調表示されているコードを右クリックし、[コピー]を選択してコピーするか、またはキーボードの cmd+c のショートカットを使用します。
  4. 新しいカスタム HTML アプリケーションまたはエディタにコードを貼り付け、変更を行います。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。