カスタム レポート

CA Agile Central の[レポート]タブには、標準レポートでチームの進行状況を追跡するための強力なレポート機能があります。事実と確かな情報に基づいて決定を下すことができるように、開発データに基づくカスタム レポートを作成することもできます。作成できるカスタム レポートの数に制限はありません。

以下の 2 つのカスタム レポート タイプを使用できます。

  • ワーク アイテム
  • タイムシート
    タイムシート レポートの場合には、サブスクリプションで時間管理モジュールが有効になっている必要があります。

カスタム レポートは、現在のプロジェクト、およびカスタム レポート定義で定義する追加フィルタに基づいています。スコープであるプロジェクトに部分的または完全に含まれない値を持つフィルタを選択すると、不完全なレポートまたは空のレポートが生成される可能性があります。レポートするデータのリスト、および利用可能なフィルタのリストは、ディフェクト、ストーリー、テスト ケースに共通する情報に限定されます。

[レポート]ページでカスタム レポートを保存したり、.pdf、.jpg、または .csv 形式で保存したり、ほかのユーザに電子メールで送信したり、注釈を付けて印刷したりすることができます。[レポート]ページからカスタム レポートを編集または削除することもできます。カスタム レポートをほかのユーザが表示または編集できるように共有するか、共有せずに個人で保持することができます。

新しいカスタム レポートを作成する方法

  1. レポート]タブをクリックします。

    カスタム レポートは、プライベート レポートおよび共有レポートを表すそれぞれのアイコンと共に右側の列に表示されます。


  2. 右上隅にある[+ 新規追加]をクリックします。

  3. カスタム レポート

  4. [タイプ]ドロップダウンから、レポートのタイプを選択します。
  5. I want to see]ドロップダウンから値を選択します。必要に応じて、値を追加します。
  6. Broken down by]ドロップダウンから、レポートでデータをグループ化する方法を指定します。必要に応じて、値を追加します。
    テスト ケースのフィールド、ディフェクトのフィールド、および(テキスト タイプを除く)すべてのカスタム フィールドが許可されます。
  7. 必要に応じて、レポート結果を絞り込むためにフィルタ条件を選択します。
    フィルタする各フィールドに対して 1 つの値を選択して、それぞれに異なる値の条件を設定するか、イテレーション、リリース、またはタグ フィルタのフィルタの値を動的に選択することができます。テスト ケースのフィールド、ディフェクトのフィールド、および(テキスト タイプを除く)すべてのカスタム フィールドが許可されます。
  8. 実行]をクリックします。
    レポート プレビューから、レポートを保存したり、ほかのユーザに電子メールで送信したり、.pdf、.jpg、または .csv 形式で保存したりすることができます。

カスタム レポートを保存する方法

  1. レポートを実行して、右上隅にある[保存]をクリックします。
  2. レポートに名前を付け、簡単な説明を加えます。
  3. レポートの公開について、以下のオプションのうちいずれかを選択します。
  • Just me: レポートは自分に対してのみ表示されます。
  • Anyone can view: レポートは全員に対して表示されます(読み取り専用)。
  • Anyone can view, edit, or delete: レポートは全員に対して表示され、誰でもレポートの編集または削除を行うことができます。

カスタム レポートは、[レポート]タブのカスタム レポートのリストに追加されます。

カスタム レポートのサンプル

複数のチーム間でリリースにスケジュールされているユーザ ストーリーの数とディフェクト(および関連付けられているポイント)の数の比較の場合は、次のように選択します。

  • I want to see: ワーク アイテムの数
  • Broken down by: プロジェクト別の後にタイプ別
  • フィルタ: Release = リリース名> または[動的選択]

リリース フィーチャーを提供する残りの作業については(フィーチャーがタグで識別されているとき)、次のように選択します。

  • I want to see: タスク見積もり合計、タスク To Do 合計
  • Broken down by: タグ別の後にプロジェクト別
  • フィルタ: Tags = フィーチャー タグ> AND Release = リリース名>

特定のイテレーションのブロック済み作業(ストーリー、ディフェクト、テスト ケース)の場合は、次のように選択します。

  • I want to see: 計画見積もり合計
  • Broken down by: スケジュール状態別の後にタイプ別
  • フィルタ: Schedule State = In-Progress AND Blocked =Yes AND Iteration = イテレーション名>

リリース中のフィーチャーに関する作業時間については、次のように選択します。

  • I want to see: 所要時間合計
  • Broken down by: ワーク アイテム
  • フィルタ: Release = リリース名> AND Package = パッケージ値> AND Work Item Type = Story

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。