ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードでは、プロジェクト、チーム、およびワークスペース全体でユーザにとって最も重要な情報が一目で表示できます。ダッシュボードは、更新を行ったり、ステータスを取得したり、グラフを表示したりする、CA Agile Central で作業する際の主要な場所として使用することができます。

ダッシュボードは、以下の情報を素早く収集するのに役立ちます。

  • 自分に関係のあるもので変更されたものはどれか
  • コミットメントを達成できるか
  • 計画を変更するべきか
  • 自分の助けを必要としているのは誰か
  • どの作業項目に注意を払うべきか

 

CA Agile Central への初回ログイン時、ロールを確認するように求められたと思います。CA Agile Central では、この情報を使用してデフォルトのダッシュボードをセットアップします。他のロールからアプリケーションをダッシュボードへいつでも追加することができ、また、ダッシュボードはいつでもカスタマイズすることができます。

ダッシュボードのカスタマイズには以下が含まれます。

ダッシュボードへのアプリの追加

[アクション]歯車ドロップダウン メニューを選択して、ダッシュボードをカスタマイズできます。すると、アプリケーションの追加、またはダッシュボードのレイアウト変更のオプションが表示されます。

ダッシュボードは、小さな違いがわずかにあるだけで、カスタム ページに似ています。

  • 複数のダッシュボードを作成することはできませんが、複数のカスタム ページは作成することができます。
  • ダッシュボードは常に[ホーム]タブにあるのに対して、カスタム ページは CA Agile Central の任意のタブに配置することができます。
  • ダッシュボードをコピーすることはできませんが、カスタム ページは複数コピーできます。
  • カスタム ページはプライベートにするか、またはワークスペース内のすべてのユーザと共有することができます。

ページの作成、編集、共有の方法を含む、カスタム ページの機能の詳細についてはこちらを参照してください。

アプリの基本

各アプリケーションの上部のギア アイコンを使用して、設定の調整またはアプリケーションの削除を行います。

[アプリ]歯車メニュー

アプリケーションの移動

アプリケーションの先頭にあるバーを選択し、列のいずれかにアプリケーションをドラッグします。アプリケーションを移動させる列にある任意のアプリケーションの上または下にドラッグすることができます。

設定の編集

各アプリケーションには独自の設定メニューがあります。アプリケーションの上部にあるギア アイコンを選択して、[設定]を選択します。

アプリケーションの設定

[プロジェクト]セクションを使用して、データ収集元のプロジェクトを選択します。[グローバル プロジェクト設定に従います]オプションでは、CA Agile Central の左上隅にある[プロジェクト]ドロップダウンの設定を使用します。

設定メニューに表示されるオプションは、アプリケーションによって異なります。アプリで使用可能な設定および機能を表示するには、[アプリ カタログ]内の名前を選択して、そのアプリのヘルプ ページに移動します。

アプリケーションの削除

アプリケーションの上部にあるギア アイコンを選択して、[アプリケーションの削除]を選択します。

カスタム クエリの作成

カスタム リストやその他のアプリでは、[設定]メニューに[クエリ]フィールドがあります。このフィールドでは、さまざまなフィールドのエントリに基づいて、作業項目をフィルタするカスタム クエリを作成することができます。

[クエリ]フィールド

カスタム クエリの作成の詳細についてはこちらを参照してください。

カスタム コードの表示

アプリケーション Custom HTML はカスタム アプリケーション コードをホストするために使用されます。編集やトラブルシューティングを行うためにカスタム ソース コードを表示するには、アプリケーション カスタム HTML の上部のギア アイコンを選択し、[ソースの表示]を選択します。

アプリケーションの高さの調整

アプリケーションの縦のサイズを増やす、または減らすには、ペインの下部のグリッパー アイコンを選択してドラッグします。

グリッパー アイコン

ボードやカスタム アプリケーションのような一部のアプリケーションでは、すべての表示可能なデータを表示するために縦のスペースを自動で調整することができます。この設定を有効にするには、アプリの先頭にある歯車アイコンを選択して、[設定]を選択します。アプリケーションの設定メニューで、[高さの自動調整]チェックボックスをチェックします。

注:

  • アプリケーションの下部にグリッパー アイコンがない場合、縦のサイズを調整することはできません。
  • グリッパー アイコンをドラッグして手動で縦のサイズを調整すると、[高さの自動調整]設定がクリアされます(該当する場合)。
  • [高さの自動調整]設定は、ダッシュボードまたはカスタム ページの列にアプリケーションが 1 つだけある場合のみ有効にできます。[高さの自動調整]設定が有効なアプリケーションの下に別のアプリケーションを移動させると、このオプションは選択解除されます。
  • [高さの自動調整]設定をサポートしているアプリケーションでは、列に他のアプリケーションが無い場合、インストール時にこの設定が有効にされます。

アプリケーションの全画面表示

CA Agile Central アプリケーションの外でアプリケーションを実行し、データを全画面表示させることができます。CA Agile Central の外でアプリケーションを実行するには、アプリケーションの上部の展開アイコンを選択します。

展開

全画面モードを終了するには、[展開]アイコンを再度選択します。

: アプリケーションを全画面表示していると、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。

すべてのアプリケーションの全画面表示

CA Agile Central のメニューおよびナビゲーションを使用せずに、ダッシュボードのすべてのアプリケーションを表示することができます。

ページを全画面表示にするには、以下を実行します。

  1. [アクション]ドロップダウン メニューを選択します。
  2. 全画面表示]オプションを選択します。
  3. ブラウザ ウィンドウのサイズまで画面が広がります。

全画面表示

全画面表示を終了するには、以下のいずれかを実行します。

  • [アクション]ドロップダウン メニューを選択し、[全画面の終了]を選択します。
  • お使いのブラウザの[戻る]ボタンを選択します。

 

カスタム アプリケーション

CA Agile Central アプリケーション カタログには、カスタマイズ可能なアプリケーションも含まれます。これらのアプリケーションをインストールして、CA Agile Central のデータを操作したり、独自のカスタム コードを使用したり、外部の Web リソースにアクセスしたりすることができます。

独自のカスタム HTML または Javascript コードを挿入するには、カタログからアプリケーション Custom HTML をインストールします。

Custom HTML

CA Agile Central のデータをグリッド ベースの形式でソートおよびフィルタするには、カスタム リスト(従来のカスタム グリッド)をインストールします。

Custom Grid

アプリケーションの設定メニューの[クエリ]フィールドでは、CA Agile Central Web Services API を通して SQL 式のクエリでデータをフィルタすることができます。

カスタム ページ内の外部の Web リソースまたは Web サイトを表示するには、アプリケーション Custom URL をインストールします。

Custom URL

: デスティネーション Web サイトで、異なる表示元をもつページからの iframe が許可されていない場合に、アプリケーション Custom URL が役に立たないエラーを返す、または一部の URL のコンテンツをロードしないというバグが発生しています。多くの企業が Web ページのセキュリティを高めているため、この状況はより一般的になると思われます。ターゲット サイトのセキュリティがセットアップされている方法によっては、https:// と同様に http:// に対してもエラーが発生します。

グラフ

[レポート]タブで使用可能なグラフの多くは、アプリケーションとしても使用可能です。複数のチームのステータスを別々に表示したい場合は、ダッシュボードに同じグラフを複数回追加することができます。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

アプリケーション レベルでプロジェクトの範囲設定を行うことができます。