ワークスペースのカスタマイズ

CA Agile Central サブスクリプションには、複数のワークスペースを含めることができます。各ワークスペースは、複数のプロジェクトに分割できます。ワークスペース管理者は各ワークスペースのサブスクリプション管理者によって委任されて権限が付与されます。

重要: ロールアップおよびレポートは特定のワークスペース内で実行されます。新しいワークスペースを作成する前にこの事実について慎重に考察してください。すなわち、プロジェクト、作業アイテム(ポートフォリオ アイテムを含む)、フィールドなどについて、ロールアップまたはレポートする情報は、同じワークスペースに格納する必要があります。そのため、CA Agile Central は、作成するワークスペースの数を制限することを強くお勧めします。

ワークスペースの権限が付与されたワークスペースの管理者は、以下のことを実行できます。

  • ワークスペースとプロジェクトの設定: 自分の管理対象ワークスペースに含まれるプロジェクトを作成、編集、および読み取ることができます。
  • ワークスペースの権限: ワークスペースのすべての作業アイテムに対する完全な権限があります。
  • ユーザの管理: サブスクリプション管理者によって権限が付与されている場合は、サブスクリプションのユーザを管理します。
    • ワークスペースのユーザの作成
    • ワークスペース内の各プロジェクトへのユーザの追加
    • ワークスペースへの既存のサブスクリプション ユーザの追加
    • ワークスペースのユーザのすべてのユーザ プロファイル フィールドの更新
    • ワークスペースからのユーザの削除

ワークスペースのカスタマイズは、次の要素で構成されます。


複数のワークスペースの使用

新しいワークスペースを作成する前に、組織の追跡およびレポートのオプションへの影響を認識している必要があります。ワークスペースをマージすることはできませんので、慎重に決定してください。

ワークスペースが複数あることの利点 ワークスペースが 1 つであることの利点
  • ワークスペース別のカスタム フィールド
  • ワークスペース別のフィールド値
  • ワークスペース別の必須フィールド
  • ワークスペースまたはプロジェクト別のフィールド表示
  • ワークスペース別のタグ
  • ワークスペース別の計画見積もり単位
  • ワークスペースまたはプロジェクト別の共有カスタム ページ
  • ワークスペース別の共有カスタム ビュー
  • ワークスペース管理者またはプロジェクト管理者に管理を委任できる
  • 複数のユーザ ストーリーのすべてのプロジェクトのステータス レポートおよびロールアップ
  • 一意のプロジェクトまたはチーム
  • 複数のチームとプロジェクトで一貫したレポートを作成するための共通プラクティスおよびフィールドの適用
CA Agile Central Portfolio Manager の場合
  • ワークスペース別の共通ポートフォリオ レベル定義
  • ワークスペース別のポートフォリオ アイテム タイプ
  • ワークスペース別のポートフォリオ投資カテゴリ
CA Agile Central Portfolio Manager の場合
  • 複数のチーム間および組織内で整合性を保つのための 1 つの共通ポートフォリオ

 

CA Agile Central の推奨事項

  • 可能であれば 1 つのワークスペースを使用してください。
  • 複数のワークスペースにセキュリティ上の利点はありません。1 つのプロジェクトまたはプロジェクト グループへのユーザ アクセスを制限できます。


 

ワークスペースとプロジェクトの管理

会社の規模に応じて、追加のワークスペースとプロジェクトを作成して、作業を編成することができます。

サブスクリプション管理者は、[ワークスペース]サマリ ページからサブスクリプションのすべてのワークスペースを管理できます。ワークスペース管理者は、自分に割り当てられている特定のワークスペースを管理できます。[ワークスペース]サマリ ページで、プロジェクトの階層を使用するときに、プロジェクトと子プロジェクトを作成および管理します。

サブスクリプション管理者は、[ワークスペース]サマリ ページから以下のことを実行できます。

  • [アクション]ボタンを使用して、以下のことを実行します。
    • 新しいワークスペースの作成。
    • サブスクリプションのすべてのワークスペースおよびプロジェクトについてのレポートの印刷。すべてのワークスペースのサマリ リストまたは詳細リストを印刷できます。両方のレポートのタイプには、各ワークスペース内に含まれるすべてのプロジェクトが含まれます。
  • ワークスペースを編集 編集 します。各ワークスペースの編集内容は一意であり、指定したワークスペース内に作成されたすべてのプロジェクトに適用されます。ワークスペースの各編集の説明の変更を記録することで、ワークスペースの変更を追跡できるようになります。
  • リンクされた列ヘッダをクリックして、フィールドの値を並べ替えます。ヘッダを 2 回クリックして、並べ替え順序の昇順と降順を切り替えます。
  • [状態]フィールドまたは[所有者]フィールドを使用して、ワークスペースをフィルタします。
  • プロジェクトを作成します。プロジェクトを含むワークスペースの右側にある新規プロジェクト アイコンを選択します。
  • 子のプロジェクトを作成します。ワークスペースを選択して展開すると、ワークスペースのすべての現在のプロジェクトが表示されます。親プロジェクトとして指定するプロジェクトを選択して展開します。[子の追加] アイコンをクリックします。

新規ユーザの自動権限設定

ワークスペース管理者とサブスクリプション管理者は、ワークスペース内に作成された新規ユーザに対する優先デフォルト権限を設定できます。新規ユーザのデフォルト アクセス設定にアクセスするためのワークスペース設定を編集します。

管理者が新規ユーザを作成するときには、ユーザのエディタ ウィンドウにワークスペースのすべてのプロジェクトに対して選択された権限が表示されます。ユーザの作成中にも、特定のプロジェクトに対する権限を変更することができます。

注:

  • この設定の変更は、既存のユーザの権限に影響しません。
  • 別のワークスペースで新規ユーザを作成した場合でも、この設定が有効になっているワークスペースでの権限が付与されます。
  • この設定が有効になっているワークスペースでプロジェクト管理者が新規ユーザを作成すると、その新規ユーザにはその管理者がアクセスできないプロジェクトを含むすべてのプロジェクトへの権限が付与されます。

 

タイム ゾーン

タイム ゾーンは、サブスクリプション管理者またはワークスペース管理者によってワークスペース レベルで設定されます。日付は、カレンダ日付ではなく、特定の固定時点として扱われます。これにより、分散したチーム間で整合性が保たれます。ワークスペースのタイム ゾーンは、必ずしもローカル サーバのタイム ゾーンではありません。

タイムボックスは午前 0 時に開始して、ワークスペースのタイム ゾーンの午前 0 時の 1 秒前に終了します。グリッドに表示される日付には、ワークスペースのタイム ゾーンの時刻およびタイム ゾーンの省略形が含まれます。CA Agile Central にログインしているときには、ユーザの前回のタイム ゾーンで電子メールおよび通知が送信されます。

稼働日

稼働日は、サブスクリプション管理者またはワークスペース管理者によってワークスペース レベルで設定されます。稼働日は、デフォルトでは、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、および金曜日として定義されています。

グラフおよびレポートには、休日は含まれません。

作業成果物プレフィクスのセットアップ

サブスクリプション管理者やワークスペース管理者は、ワークスペースの設定をカスタマイズまたは編集できます。作業アイテムのタイプを一目で識別できるように、各作業アイテムには一意のプレフィックスまたはタグが必要です。たとえば、US というプレフィックスが付くようにセットアップされたユーザ ストーリーは US1103 と表示されます。プレフィックス DE が付くように設定されたディフェクトは、DE0415 と表示されます。

[作業成果物プレフィクス]セクションで、必要なプレフィックスを適切な作業アイテムのテキスト ボックスに入力します。以下の ID プレフィックスをカスタマイズできます。

  • ユーザ ストーリー
  • ディフェクト
  • ディフェクト スイート
  • テスト ケース
  • タスク

変更後には[保存]をクリックします。

プレフィックスは最大長 10 文字の英数字エントリです。すべての特殊文字を使用できます。 ワークスペースが起動され、データが存在する場合は、これらの各フィールドを変更することができます。進行中のワークスペースを編集すると、作業アイテムのプレフィックスがただちに更新されます。

 

注: [タイプ]フィールドを編集するときに、ポートフォリオ アイテムのプレフィックスを変更できます。

 

単位の設定

ワークスペース エディタ ウィンドウの[単位と計画]セクションで、ワークスペース内のリリースおよびイテレーション レベルの作業量に適用される測定の増分を指定します。単位の例としては、単位、ポイント、時間、および日があります。単位をカスタマイズするには、ワークスペース設定の編集から開始します。

 

  1. カスタマイズするワークスペースを見つけて、[編集]アイコンをクリックします。

    赤色で強調表示されたフィールド ヘッダは必須です。


  2. [単位と計画]セクションで、計画単位を入力します。
    このラベルは、ユーザ ストーリー、ディフェクト、およびディフェクト スイートの見積もり時に適用されます。入力された値の最初の文字は、[イテレーションのステータス]ページおよび[リリースのステータス]ページの[計画見積もり]列の列ヘッダ アイコンに表示されます。アイコンにポインタを重ねると、見積もりラベル(ポイント)の完全なテキストが表示されます。

  3. タスク単位見積もりのラベルを入力します。
    入力された値の最初の文字は、[イテレーションのステータス]ページおよび[リリースのステータス]ページの[タスク見積もり]列の列ヘッダ アイコンに表示されます。アイコンにポインタを重ねると、見積もりラベル(時間)の完全なテキストが表示されます。

  4. 保存]をクリックします。

 

単位は英数字フィールドです。すべての特殊文字を使用できます。データがプロジェクトに記録された後に単位を編集できますが、新しい単位ラベルは以前のデータには適用されません。新しいラベルは、変更後に作成または編集された数量のみに適用されます。

[ワークスペース]詳細ページの表示

ワークスペース サイドバーを使用して、[ワークスペース]詳細ページから関連ワークスペースの作業アイテムに移動します。

サイドバーでは、以下の操作を実行できます。

  • このワークスペースに含まれるすべての関連プロジェクトのリストを表示する
  • フォルダに表示されているプロジェクトをクリックして、その詳細ページに移動する
  • 関連プロジェクトとワークスペース詳細の間で表示を切り替える
  • サイドバーのフィールド リンクをクリックして、作業アイテムに関連付けられたフィールドを表示、作成、および編集する

[ワークスペース]詳細ページの最上部にある[アクション]ボタンを使用して、新しいワークスペースを編集、印刷、または作成します。

タグの管理

チームまたは組織メンバが認識しているテーマ別に作業アイテムを論理的にグループ化するには、ワークスペース内でタグを使用します。ユーザは独自のタグを作成することができることから、時間が経つにつれて使用可能なタグのリストが大きくなります。サブスクリプション管理者やワークスペース管理者は、タグの名前を変更したり、タグをアーカイブしたりすることで、タグ リストを整理してタグの数を減らすことができます。

タグ名の変更

タグの名前を変更すると、タグ リストに関連付けられた作業アイテムの名前が変更されます。

ワークスペースからタグの名前を変更する方法

 

  1. サイドバーの[タグ]リンクをクリックします。
  2. テキスト ボックスにタグの名前を入力し、Enter キーを押してタグを検索します。
  3. タグ名をダブルクリックし、編集モードに入ります。
  4. タグの名前を変更します。タグ名フィールドの外側をクリックすると、変更内容が保存されます。

タグのアーカイブ

アーカイブしたタグは、タグ リストから削除されますが、関連作業アイテムから削除されることはありません。タグはアーカイブされていても、ページ ビュー、通知、およびレポートのフィルタに使用されるすべてのドロップダウン リストにまだ表示されます。

ワークスペースからタグをアーカイブする方法

 

  1. サイドバーの[タグ]リンクをクリックします。
  2. テキスト ボックスにタグの名前を入力し、Enter キーを押してタグを検索します。
  3. チェック ボックスをオンにしてタグをアーカイブします。アーカイブからタグを取得するには、チェック ボックスをオフにします。
  4. チェック ボックスの外側をクリックすると、変更内容が保存されます。

タグの削除

削除したタグは、タグ リストおよび関連作業アイテムから削除されます。削除されたタグ名を使用するカスタム ビューを編集して、無効な条件を削除する必要があります。

ワークスペースからタグを完全に削除する方法

  1. サイドバーの[タグ]リンクをクリックします。
  2. テキスト ボックスにタグの名前を入力し、Enter キーを押してタグを検索します。
  3. ギア アイコンをクリックして、[完全に削除]を選択します。
  4. タグを使用する作業アイテムの数を含む警告メッセージが表示されます。[完全に削除]ボタンをクリックします。

作業アイテムのフィールドのセットアップ

作業アイテム フィールドは、[表示名]、[説明]、[優先順位]、[所有者]など、特定の作業アイテムの特性を説明します。作業アイテム フィールドを表示または非表示にしたり、必須またはオプションにしたり、1 つの作業アイテムに対して一意、もしくは多くの作業アイテムで共有したりすることができます。一部の作業アイテム フィールドは CA Agile Central で使用され、ユーザに表示されます。ユーザが自分の目的に合わせて定義できる作業アイテム フィールドもあります。

作業アイテム フィールドは、サブスクリプション管理者またはワークスペース管理者によって管理され、ワークスペース全体に適用されます。

フィールドを作成して管理する方法、および複数のプロジェクトでの表示設定を管理する方法については、ここをクリックしてください。

[スケジュール状態]フィールドの変更

[スケジュール状態]はすべての作業アイテムによって共有される組み込みドロップダウン フィールドです。1 つの作業アイテムの[スケジュール状態]の変更は、すべての作業アイテムに適用されます。

このフィールドには 6 つの値があります。

  • カスタム 1 (カスタマイズ可能な値)
  • 定義済み
  • 進行中
  • 完了
  • 承認済み
  • カスタム 2 (カスタマイズ可能な値)

カスタム フィールドの変更は、使用されるすべての作業アイテムに適用されます。2 つのカスタム値のどちらかをを変更するには、このデモを視聴するか、以下の手順に従います。

  1. サイドバーの[フィールド]リンクをクリックします。
  2. [作業アイテム]ドロップダウンから、[ディフェクト]または[ユーザ ストーリー]を選択します。
  3. [スケジュール状態]の隣にあるギア アイコンをクリックして、[編集]をクリックします。
  4. ドロップダウン リスト値のボックスで[カスタム 1]の値を選択します。
  5. [値]フィールドと[凡例]フィールドの値を変更します。
  6. [有効]フィールドを選択します。
  7. 保存して閉じる]をクリックします。

未使用のワークスペースおよびプロジェクトのクローズ

ワークスペースとプロジェクトを削除することはできません。代わりに、ワークスペースまたはプロジェクトを編集し、[状態]を「クローズ済み」に設定します。詳細については、ここを参照してください。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。