ディフェクト トレンド

ディフェクトのトレンド アプリケーションを使用すると、一定期間内のディフェクト累積数のオープン数とクローズ数を表示でき、トレンドが増加または減少するかどうかを示すことができます。このグラフには、クローズ済み以外のディフェクトのアクティブ化率(赤い線)、ディフェクトの終了またはクローズ率(緑の線)、およびアクティブなディフェクトの総数トレンド(黒い線)が表示されます。

ディフェクト トレンド

 

 

アプリケーションで表示されるデータは、ディフェクトのトレンド グラフと同じ形式でです。グラフをクリックすると[レポート]タブが表示されます。このタブで、主要なメトリックやサマリ メトリックを含む追加情報を確認できます。また、[レポート]タブからグラフを印刷したり、電子メールで送信したり、エクスポートしたりできます。

設定

グラフに表示されるデータを操作およびフィルタするには、アプリの[Edit Settings (設定の編集)]メニューにアクセスします。

  • [日付範囲]の量および期間(週、月、または四半期)のフィールドを設定して、グラフの境界を設定します。
  • [ターミナルの状態]パラメータを使用すると、[Cumulative Terminated (終了済みの累積数)]シリーズ(緑の線)に含めるディフェクト状態を指定できます。[Cumulative Activated (アクティブ化済みの累積数)]シリーズ(赤い線)と[Total Active (合計アクティブ数)]シリーズ(黒い線)には、選択されていないすべての状態が含まれます。
  • 特定の優先順位または重大度のディフェクトのみを表示するように指定できます。注: これらのセクションで値を選択しない場合、グラフには、優先順位または重大度が指定されていないディフェクトを含む、すべてのディフェクトが含まれるようになります。ただし、すべてのチェックボックスをオンにすると、優先順位または重大度に値がないものは除外されます。

ソース コード

このアプリのソース コードは利用できません。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。