状態別のディフェクト

[状態別のディフェクト]アプリには、期間内で状態別に分類されたアクティブなディフェクトが表示されます。

状態別のディフェクト

機能

機能は次のとおりです。

  • [状態]フィールドで色分けして、時間の経過と共にスコープ内のクローズされていないディフェクトの数を表示する
  • バーの色付きの領域にマウス ポインタを置くと、その日の状態値とディフェクトの数を表示する
  • 利用可能なディフェクトの優先順位、状態、重大度でフィルタ

 

 

アプリケーションで表示されるデータは、状態別のディフェクト チャートと同じ形式です。チャートをクリックすると[レポート]タブが表示されます。このタブでは、キーを表示でき、チャートをエクスポートしたり、電子メールで送信したり、印刷したりすることができます。

設定

グラフに表示されるデータを操作およびフィルタするには、アプリの[Edit Settings (設定の編集)]メニューにアクセスします。

  • [日付範囲]の量および期間(週、月、または四半期)のフィールドを設定して、グラフの境界を設定します
  • [状態]フィールドの隣にあるチェックボックスを選択して、グラフに表示されるディフェクトの状態を制御します
  • 追加の条件でフィルタするには、[優先順位]および[重大度]フィールドの隣にあるチェックボックスをオンにします。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。