タスクの定義

タスクは、スケジュール済み作業アイテムのフルフィルメントと完了に寄与する作業単位です。タスクでは、管理可能な作業単位のスケジュール済みアイテムを分解することができます。チーム メンバは各タスクの責任者または所有者になり、見積もりを提示して、完了までの残りの時間を示すことができます。タスクは、ロールアップ レポートのために 1 つのスケジュール済みアイテムによって所有されます。タスクは、チーム メンバの主な作業単位です。

イテレーション計画(スプリント計画とも呼ばれる)の間に、チーム メンバは以下のことを実行します。

  • ストーリーをタスクに分割する
  • 各タスクを完了するのに必要な作業時間を見積もる
  • 所有者を割り当てる
  • イテレーションの全体計画にコミットする

イテレーションが開始したら、チーム メンバ(共同作成者とも呼ばれる)はタスクを実行して、作業の進捗状況やタスクがブロックされているかどうかをほかのチーム メンバに知らせます。タスクが進行するにつれて、残りの作業時間数の見積もり精度も上がります。チーム メンバはタスクを更新して、自分のチームや、組織内で知らせる必要があるそのほかの人達とこの情報と共有します。

CA Agile Central では、以下のことを実行できます。

自分に割り当てられているプロジェクトのユーザ ロールと権限に応じて、タスクを管理できます。

タスクの管理と表示

自分が担当するタスクを以下の場所から管理および表示できます。

[マイ タスク]およびタスクのサマリ ページからは、以下のことを実行できます。

  • CA Agile Central の事前定義済みクイック ビューを使用して、タスクをわかりやすい表示に配置します。
  • 独自のカスタム ビューを作成します。
  • [サマリ]バーにタスクの見積もりおよび To Do の計算済みロールアップ情報を表示します。利用可能なフィールドをフィルタすると、適用されたフィルタに基づいて新しい合計を反映するようにロールアップ情報が再計算されます。
  • タスクを編集するには、表示されている各タスクの右側にある[編集]アイコンを選択します。編集可能なフィールドをダブルクリックすることにより、編集モードを開始することもできます。
  • コピーを作成するには、表示されている各タスクの右側にある[コピー] アイコンを選択します。エディタ ウィンドウが表示されます。ここでは、コピーしたタスクを別のユーザ ストーリーに再び割り当てたり、その他の詳細を編集して保存したりすることができます。
  • タスクを削除するには、[削除]アイコンを選択します。

マイ タスク

[マイ タスク]は、パーソナライズされたダッシュボードの一部であり、[マイ ホーム]タブからアプリケーションとして表示されます。現在選択されているプロジェクトで自分が担当するタスクだけがこのビューに表示されます。日常のタスク ワークプレイスとしてこのビューを使用して、実行する必要がある残りの作業時間を更新します。

タスクが[マイ タスク]に表示されるようにするには、そのタスクをイテレーションまたはリリースに割り当てる必要があります。

タスク ID を選択すると、タスクの完全な詳細を表示したり、ディスカッションに参加したり、タスクの詳細を編集したり、添付ファイルを追加したりすることができます。

タスクのサマリ ページ

タスクのサマリ ページには、作成されたすべてのタスクについての基本的な情報が表示されます。サイドバーのリンクを使用して[ユーザ ストーリー]詳細ページまたは[ディフェクト]詳細ページから表示すると、タスクのサマリ ページには、作業アイテムに直接関連付けられたすべてのタスクが表示されます。これにより、作業アイテムに直接または間接的に影響するすべてのタスクを処理できるようになります。

タスクのサマリ ページには、各タスクの進捗状況が一目で分かるように、各タスクのステータスが色分けされて表示されます。

[状態]フィールドを基準に並べ替えると、タスクの状態は状態の進捗や順序に基づいて並べ替えられるのではなく、アルファベット順に表示されます。

タスクの詳細ページ

タスクの詳細ページには、個々のタスクのビューが表示されます。

レガシー タスクの詳細ページ

タスクの詳細ページからは、以下のことを実行できます。

  • サイドバーを使用して、関連作業アイテムのサマリ ビューを表示します。
  • 左上隅の短縮 URL アイコンを選択すると、この作業アイテムへの完全な URL を含む[新規タスク]詳細ページが開きます。ここから URL をコピーして、チーム メンバー宛ての電子メールで参照リンクとして使用したり、別の作業アイテムへの添付ファイルとして使用したりすることができます。
  • [アクション]ボタンを使用して、編集、コピー、印刷、および削除を実行します。

詳細ページには、タスクに費やされた時間についての読み取り専用フィールドが表示されます。ワークスペースで[時間管理を有効化]が有効になっていると このフィールドが表示されます。

[新規タスク]詳細ページ

ナビゲーション

リボンには、作業アイテムに関連付けられている作業アイテムが表示されます。作業アイテムに移動するには、リボンの任意のアイコンを選択します。リボンからディスカッションを表示および追加できます。リビジョンと変更セットを表示することもできます。

アクション]ギア メニューは、[名前]フィールドの右側にあります。オプションは、表示または編集している作業アイテムのタイプによって異なります。タスクのオプションには、[新規]、[コピー]、[印刷]、および[削除]があります。

次のフィールドに移動するか、[完了]ボタンを選択すると、すべてのフィールドに対しての変更が保存されます。右上隅にフィールドが保存されたことを確認する緑の[保存済み]インジケータが表示されます。


保存インジケータ

 

完了]ボタンをクリックすると、このページに移動する前のコンテキストに戻ります。コンテキストを維持するには、ブラウザの[戻る]ボタンの代わりにこのボタンを使用します。詳細ページが新しいタブまたはウィンドウで開かれた場合、[完了]ボタンをクリックすると CA Agile Central のデフォルトのページに戻ります。
[完了]ボタン

表示/編集モード

編集可能な詳細ページは編集モードと表示モードの 2 つのモードで使用可能です。一部のユーザは、ページを編集する権限は不要で、代わりにページを編集する権限を持たずに作業アイテムを表示することを望んでいます。作業アイテム名の隣にあるアイコンを選択して、編集モードと表示モードを切り替えることができます。

進行状況と見積もりのフィールド

[状態]、[ステータス]、[見積もり]、[To Do]、および[所要時間]の各フィールドに基づいて、タスクのステータスを視覚的にレポートすることができます。

タスクの作成

複数の場所から CA Agile Central のタスクを作成できます。この柔軟性により、作業アクティビティを進めながら、必要なときにいつでも、CA Agile Central 内の論理位置からタスクを作成することができます。

[イテレーションのステータス]ページからの場合:

  • リスト ビューで、タスクを追加する作業アイテムの隣にあるギア メニュー アイコンを選択します。[子インラインの追加]を選択します。ドロップダウン メニューから[タスク]を選択します。タスク名を入力します。必要に応じて[タスク見積もり]を追加してから、[作成 + 新規][作成]、または[詳細の追加]を選択すると、編集可能な詳細ページが開きます。
  • ボード ビューで、タスクを追加するカードのプラス アイコンを選択します。タスクがカードにすでに存在する場合は、[タスク]アイコンを選択することもできます。[タスク]を選択します。[タスク]ポップアップで、タスク名を入力します。必要に応じて、[タスク見積もり]を追加してから、[追加]または[詳細の追加]を選択します。

[リリースのステータス]サマリ ページからの場合:

  1. [トラック]タブで、[イテレーションのステータス]または[リリースのステータス]を選択します。
  2. [タスク ステータス]ページで、タスクを追加するユーザ ストーリーまたはディフェクトの隣にある[新規タスクの作成]アイコンを選択します。
  3. タスク作成エディタで、必要に応じてフィールドに入力します。赤色で強調表示されたフィールドは必須です。
  4. 保存して終了]を選択します。

[Drag and Drop (ドラッグ アンド ドロップ)]アイコンを使用してタスクを上または下にドラッグして、タスクの優先順位を決定します。

新しいタスクをインライン追加する方法:

  1. [トラック]タブで、[イテレーションのステータス]または[リリースのステータス]を選択します。
  2. [タスク ステータス]ページで、タスクを追加するユーザ ストーリーまたはディフェクトの隣にある[インライン新規作成]アイコンを選択します。
  3. 編集可能な行で、説明を入力し、状態を指定します。必要に応じて、[To Do]、[タスク見積もり]、および[所有者]を指定します。
  4. 以下のアイコンのいずれかを選択します。
    • 保存して新規作成
    • 保存
    • キャンセル

[ユーザ ストーリー]または[ディフェクト]サマリ ページからの場合:

  1. タスクの追加先となるハイパーリンクが設定されたユーザ ストーリー名またはディフェクト名を選択します。
  2. 詳細ページのサイドバーで、[タスク]リンクを選択します。
  3. [アクション]から[新規タスク]を選択します。
  4. タスク作成エディタで、必要に応じてフィールドに入力します。赤色で強調表示されたフィールドは必須です。
  5. 保存して終了]を選択します。

カンバン ボード]などボード スタイル アプリケーションからの場合:

  1. カードにカーソルを合わせて、プラス アイコンを選択します。
  2. [タスク]を選択します。
  3. 新規追加]を選択して、タスク名を入力します。
  4. [追加]ボタンを選択してタスクをすみやかに追加するか、[詳細の追加]を選択して詳細を入力します。

タスクの編集

タスクを編集するときに、フィールド、リソースの値、説明テキストなどの情報を変更できます。CA Agile Central では、複数の場所からタスクを編集することができます。

以下の場所からタスクを編集することができます。

  • タスク サマリ
  • ボード スタイル アプリケーション上のカード
  • 展開された[イテレーションのステータス]ページと[リリースのステータス]ページ
  • マイ タスク
  • IDE
    • CA Agile Central で独自のツールを使用する場合は、開発ツールやテスト ツールを離れずに、タスクを更新することができる場合があります。タスク更新が組み込まれているツールの詳細については、[共同作成者用導入ガイド]アプリケーションの[Access CA Agile Central from your IDE]リンクを選択してください。
  • [チームのステータス]ページ
  • タスク ボード アプリケーション
    • 日常のミーティングやスタンドアップでタスクを更新するには、タスク ボード アプリケーションが最適なツールです。タスク ボード アプリケーションのタブがない場合は、[アプリ カタログ]からそのタブを作成します。スタンドアップで、スクラム マスタまたはチーム メンバは、タスクを状態から別の状態にドラッグして、タスクのステータスを更新できます。

注:タイムシート]ページで、タスクの状態を更新し、開発作業に費やした毎日の時間を入力し、実行するタスクを更新します。

すべてのタスクが作業アイテムに関連付けられていることから、作業アイテムの関連付けを変更することはできますが、削除することはできません。

タスクのコピー

共通作業アイテムの下に割り当てられた類似する作業セットをすばやく作成する場合や、タスクをアイテムから別のアイテムに複製する必要がある場合は、タスクをコピーすることができます。copy コマンドを選択すると、エディタ ウィンドウが表示されます。ここで、コピーを別の作業アイテムに再び割り当てたり、所有者や説明といったその他の詳細を編集することができます。

以下の場所からタスクをコピーすることができます。

  • タスクのサマリ ページ
  • 展開された[イテレーションのステータス]ページ
  • 展開された[リリースのステータス]ページ
  • [チームのステータス]ページ
  • [ユーザ ストーリー]、[ディフェクト]、および[ディフェクト スイート]の各詳細ページ

ほとんどのページから、リスト表示されている各タスクの左側にある歯車アイコンを選択して、コピーを作成します。

別の作業アイテムからのタスクのコピー

全部でなくとも多くのユーザ ストーリーまたはディフェクトに関して完了させる必要がある共通タスク セットがある場合は、共通タスク セットを作業アイテムから別の作業アイテムにコピーできます。

ユーザ ストーリーまたはディフェクトをテンプレートとして作成して、そのテンプレートから新しいユーザ ストーリーまたはディフェクトにタスクをコピーすることができます。チームのバックログ、またはすべてのチームがアクセスできるテンプレート用の特別なプロジェクトに、これらのテンプレートを保存します。

[イテレーションのステータス]ページからの場合

[イテレーションのステータス]ページのリスト ビューとボード ビューの両方で、別の作業アイテムからタスクをコピーできます。

タスクのコピーは作業アイテムの下に表示されます。

  1. リスト ビューで、タスクを追加する作業アイテムの隣にあるギア メニュー アイコンを選択します。次に、[タスクのコピー]ドロップダウン メニューを選択します。ボード ビューでは、カードのギア メニューを選択し、[タスクのコピー]を選択します。
  2. 選択のポップアップで、検索条件を入力します。作業アイテム名、FormattedID、またはプロジェクトを条件に検索することができます。[検索]ボタンを選択します。
  3. コピーするタスクを含む作業アイテムの隣にあるラジオ ボタンをクリックします。一度に 1 つの作業アイテムからのみコピーすることができます。
  4. [タスクのコピー]を選択します。

[リリースのステータス]ページからの場合

ユーザ ストーリー、ディフェクト、ディフェクト スイート、およびテスト セットの[リリースのステータス]ページで、[タスクのコピー]アイコンを使用できます。

タスクのコピーは作業アイテムの下に表示されます。

  1. コピーされたタスクを関連付ける作業アイテムの右側にある[タスクのコピー] タスクのコピー アイコンを選択します。
  2. 選択ポップアップで、ドロップダウン メニューを使用して検索条件を選択します。作業アイテム名、FormattedID、またはプロジェクトを条件に検索することができます。
  3. 必要に応じて、検索ボックスにテキストを入力し、選択で[検索]ボタンを選択して結果を絞り込みます。
  4. コピーするタスクを含む作業アイテムの隣にあるラジオ ボタンをクリックします。一度に 1 つの作業アイテムからのみコピーすることができます。
    選択からのコピー
  5. [タスクのコピー]を選択します。

詳細ページからの場合

ユーザ ストーリー、ディフェクト、およびディフェクト スイートの詳細ページからタスクをコピーします。

タスクのコピーがページに表示されます。

  1. 作業アイテムの詳細ページに移動します。
  2. リボンの[タスク]アイコンを選択します。
  3. [インポート/エクスポート]から、[タスクのコピー]を選択します。
  4. 選択ポップアップで、コピーするタスクを含む作業アイテムの隣にあるラジオ ボタンをクリックします。一度に 1 つの作業アイテムからのみコピーすることができます。
    選択からのコピー
  5. [タスクのコピー]を選択します。

 

注:
  • 以下の手順に従って、同じ作業アイテム内のすべてのタスクのコピーを作成することができます。そうすると、新しいタスクの名前の先頭に(以下のコピー)が付きます。
  • 同じタイプの作業アイテムの間でのみタスクをコピーすることができます。たとえば、ディフェクトからユーザ ストーリーにタスクをコピーすることはできません。

タスクの割り当て

タスクを割り当てる方法

  1. タスクを編集します。
  2. [所有者]ドロップ ダウン リストで、新しいタスク所有者の名前を見つけて選択します。
  3. [保存]を選択します。

タスクの再割り当て

タスクの詳細ページから別の作業アイテムを再割り当てすることができます。

  1. タスクを編集します。
  2. 作業アイテムのフィールドで、[選択]アイコンを選択します。
  3. タスクの適切な作業アイテムを選択します。
  4. [保存]を選択します。

タスクのインポート

別のシステムから CSV 形式のファイルでタスクをインポートすることができます。1 つまたは複数のタスクをインポートするには、以下の操作を行います。

[タスク]ページからの場合

  1. [タスク]ページまたは[イテレーションのステータス]ページに移動します。
  2. アクション]から[タスクのインポート]を選択します。
  3. [インポート]のポップアップで、ハイパーリンクされているインポート テンプレートを選択して、CSV ファイルが正しくフォーマットされていることを確認します。

    正常にインポートするには、これらのテンプレートのヘッダ列が CSV ファイル内で正確に再現される必要があります。各テンプレートは、インポートに際して変更することができます。

  4. [参照]を選択して、CSV ファイルを見つけます。
  5. ファイルを選択して[開く]を選択します。
  6. 必要に応じて、[詳細設定]ハイパーリンクを選択して、文字エンコーディングを指定します。
  7. [インポート]を選択します。

[イテレーションのステータス]ページからの場合

  1. インポート/エクスポート/印刷 インポート エクスポート アイコンを選択します。
  2. [インポート]のポップアップで、ハイパーリンクされているインポート テンプレートを選択して、CSV ファイルが正しくフォーマットされていることを確認します。

    正常にインポートするには、これらのテンプレートのヘッダ列が CSV ファイル内で正確に再現される必要があります。各テンプレートは、インポートに際して変更することができます。

  3. [参照]を選択して、CSV ファイルを見つけます。
  4. ファイルを選択して[開く]を選択します。
  5. 必要に応じて、[詳細設定]ハイパーリンクを選択して、文字エンコーディングを指定します。
  6. [インポート]を選択します。

タスクのフィールド

タスクを作成または編集するときに、これらのフィールドを設定します。必須フィールドは、全画面エディタに赤で強調表示されます。

サブスクリプションまたはワークスペース管理者は、フィールドを非表示にすることができます。

フィールド 説明
一般
ID システムによって生成された ID はタスクに割り当てられます。これは一意であり、変更されません。ID は、タグのプレフィックスおよび数値から構成されます。システム管理者は、プロジェクトで定義されている各作業項目の区別用プレフィックスを反映するように、タグをカスタマイズすることができます(ユーザ ストーリーは US、障害は DE など)。
説明 このリッチ テキスト フォーマットのフィールドに、タスクの簡単な説明を入力します。すべてのチーム メンバがタスクの目的を明確に理解できるテキストを説明に入力します。
タスク
ブロック済み 進行を妨げている問題がすべて解消されるまで、タスクの作業を続行できないことを示します。[注]フィールドにタスクのブロック理由を入力します。ブロックされているタスクは関連スケジュール済みアイテムに自動的にロールバックされ、スケジュール済みアイテムのブロック済みチェック マークがアクティブになります。[ブロック済み]の状態は、[イテレーションのステータス]ビューまたは[リリースのステータス]ビューに赤色で表示されますが、スケジュール済みアイテムの初期状態が失われないように、関連する状態の文字は保持されます。
ブロックされた理由 タスクのブロック理由を示します。
準備完了 このチェック ボックスを使用して、作業に向けてタスクの準備が完了していることを示します。このフィールドは、作業のプルにカンバン ボードやその他のボード ベースの方法を使用しているチームで主に使用されます。
Rank 関連するスケジュール済みアイテムの相対的な重要度を示す読み取り専用数値フィールド。
見積もり タスクの完了までの推定値の単位数を入力します。このフィールドは実数であり、整数部 3 桁と小数部 2 桁を受け入れることができます。
To Do このタスクを完了するための残りの作業量を入力します。タスクが作成されると、この数値のフィールドには[見積もり]フィールドに一致する値がデフォルトで入力されます。
所要時間 タスクに費やした時間数を示す読み取り専用数値フィールド。
実績値(デフォルトでは非表示) タスクの完了までに実際にかかった単位の数を入力します。実現しなかったコミットメントの根本原因が振り返りで見つからなかった場合に、利用できない状態や計画時に低く見積もられたソフトウェアの複雑さを検知する方法として、タスクに実際に費やされた時間を記録するために、このフィールドを一時的に表示します。ソフトウェア コストを追跡するには、CA Agile Central Time Tracker を使用します。
チームの意思決定、顧客からの情報、ディスカッション結果など、タスクに関連付けられている追加情報を記録するには、このテキスト フィールドを使用します。
リビジョン
変更の説明 編集時にタスクに加えられた変更を記録します。[変更の説明]のコメントは保存され、[リビジョン履歴]ページに表示されます。注: タスクに加えられた変更も[リビジョン履歴]に体系的にキャプチャされます。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

タスクは、ユーザ ストーリーまたはディフェクトに関連付けられた作業アイテムとしてのみ存在します。スタンドアロン作業アイテムとしてタスクを作成することはできません。