詳細ページ

詳細ページを使用すると、迅速かつ効率的にフィールドを表示または編集できます。以下のような様々なタイプの詳細ページがあります。

クイック詳細ページ

クイック詳細ページ(QDP)を使用すると、ポートフォリオ アイテム、障害、ユーザ ストーリー、テスト セット、テスト ケース、およびタスク上のフィールドを効率的に編集できます。クイック詳細ページは、ユーザのコンテキストを変えずに作業アイテムの最も重要な情報を迅速に提供するように設計されています。

QDP は、ポートフォリオ アイテム、障害、ユーザ ストーリー、テスト セット、テスト ケース、およびタスクのデフォルトです。フォーマット済み ID を選択すると、以下のようなパネルがウィンドウの右側から表示されます。

クイック詳細ページのドキュメントには、以下のトピックが含まれています。

新規作成

[詳細の追加]ボタンを選択して、QDP パネルを開き、新規ユーザ ストーリー、障害、タスク、またはポートフォリオ アイテムを作成します。

詳細の追加が終了したら、[作成]ボタンを選択して作業アイテムを保存し、表示中のページの状況を継続して把握できます。別の作業アイテムを追加するには、[作成 + 新規]ボタンを選択します。

ナビゲーション

QDP ヘッダには、次のボタンが表示されます。

  • フォーマット済み ID
  • アクション メニュー
  • デフォルト ビューの切り替え
  • ウォッチ
  • フィードバック
  • フィールドの表示
  • X または閉じる


この作業アイテムに対して実行できるアクションを表示するには、[アクション] メニューを選択します。表示する作業アイテムのタイプによってオプションは異なりますが、[新規][コピー][削除][印刷]などがあります。

クイック ビューと全画面表示を切り替えるには、[デフォルト ビュー]切り替えを選択します。この設定がデフォルトになります。

すべてのフィールドを表示するには QDP を下方向にスクロールします。表示するフィールドを管理するには、[フィールドの表示]アイコンを選択します。

フィールドの表示

 

フィールドが表示されていて、適切な権限がある場合は、そのフィールドを編集できます。編集不可能なフィールドは灰色で表示されます。[保存]を選択すると、フィールドの変更内容が保存されて、QDP はそのまま表示され続けます。


フィールドが保存されたことを確認する緑色の[保存済み]インジケータがページの上部に表示されます。


QDP 緑色の保存フレア

[破棄]ボタンを押すと、変更内容はキャンセルされます。QDP のコンテキストはそのまま表示されます。

右上にある[X]を選択すると、QDP が閉じて、前のコンテキストに戻ります。保存していない変更がある場合は、警告メッセージが表示されます。


QDP の左側にある色付きバーをドラッグして、QDP のサイズを変更します。最大サイズは、800 ピクセルです。


コレクション

クイック詳細ページの上部全体は、以下のコレクションにリンクするアイコンです。

  • タスク
  • テスト ケース
  • テストの実行
  • ディフェクト
  • ディスカッション
  • グラフ
  • 依存関係
  • 接続
  • 障害スイート - 障害クイック詳細ページで利用できます
  • 重複 - 障害クイック詳細ページで利用できます


QDP コレクション

元の作業アイテムに関連付けられている作業を表示および管理するには、コレクション アイコンのいずれかを選択します。たとえば、[タスク]コレクション ページを表示するには、[タスク]アイコンを選択します。

タスク コレクション

リッチテキスト エディタを開くには、[ディスカッション]アイコンを選択します。ディスカッションを追加するには、[投稿]を選択します。

ユーザ ストーリーまたはディフェクトを含む任意のコレクション ページには、計画見積もりのロールアップ値を含めることができます。サマリの行は[計画見積もり]のヘッダの下に追加されます(必要に応じて、[計画見積もり]の列を追加します - 詳細情報)。

コレクションでの計画見積もりのロールアップ

ユーザ ストーリーまたはディフェクトを含むコレクション ページから子またはピア(同種)のアイテムを追加することもできます。コレクションに 1 つアイテムを選択すると、[+子]ボタンと[+ピア]ボタンが使用可能になります。

コレクションへの子またはピア項目の追加

[接続]アイコンを選択してサードパーティのコンテキストを表示します(この作業アイテムに設定されている場合)。詳細については、ここを参照してください。

タスク、子、テスト ケース、または障害コレクション ページから、以下のアクションを実行できます。

作業アイテムの一括編集

複数の作業アイテムを編集するために、最大 4 つの値を選択します。[適用]を選択して、変更内容を保存します。詳細については、ここを参照してください。

新しい作業アイテムの追加

クイック詳細ページから選択した内容に基づいて、作業アイテム フィールドが自動的に選択されます。

新しい作業アイテムの追加

作業アイテムのリストのフィルタ

複数選択を使用して、1 つまたは複数のフィルタをページに適用できます。フィルタを保存するには、[適用]を選択します。

ページに表示する列の選択

ページに表示する列を複数選択し、[適用]を選択します。

列を並べ替える

列ヘッダを新しい場所にドラッグ アンド ドロップして、列([ランク]、[ID]、[名前]を除いて)の順序を変更できます。

CSV にエクスポート

作業アイテムを CSV ファイルに自動的にエクスポートするには、このアイコン選択します。

CSV にエクスポート

テスト ケース

QDP に、テスト ケースの別のセットのコレクションが表示されます。

  • ディフェクト
  • テスト セット
  • 結果
  • ディスカッション
  • ステップ

品質管理に関する詳細を参照してください。


リッチ テキストの説明とノート

QDP では、これらのフィールドに速く簡単にアクセスできます。画像やテーブルをフィールドにドラッグ アンド ドロップすることで、すばやくアップロードすることができます。スクロールを開始するには、フィールド内の任意の場所をクリックします。拡大するには、右下隅をドラッグします。

注: リッチテキスト フィールドには、フォーマット(html タグ、ビュレット付きのリスト、Microsoft のアプリケーションからコピーしたフォーマットなど)を含む、32,768 の文字制限があります。文字数制限を超えていることに関する警告フレアを受信した場合、フォーマットを削減するか、[書式の削除]ボタンを使用してフォーマットをすべて削除します。フォーマットの削除


親ストーリーの割り当て

子ユーザ ストーリーでは[親]フィールドにハイパーリンクされた値が表示されるため、ユーザ ストーリーの階層を簡単に移動できます。

イテレーションの割り当てとリリース

タイムボックス ベースの計画の詳細については、ここをクリックしてください。


添付ファイル

添付ファイルをドラッグまたはクリックして[添付ファイル]フィールドに追加します。アップロード後に添付ファイル名にポインタを重ねると、プレビューが表示されます。




クイック詳細ページに関するよくある質問

データが保存されたことを確認するには、どうすればよいですか。

  • 次のフィールドに移動するか、[完了]ボタンを選択すると、すべてのフィールドに対しての変更が保存されます。
  • フィールドが保存されたことを確認する緑色の[保存済み]インジケータが上部に表示されます。

EDP (editable detail page、編集可能な詳細ページ)にはどのようにしてアクセスできますか。

  • QDP の上部にあるフォーマット済み ID を選択します。

QDP を誤って閉じてしまい、変更が保存されていないと、どうなりますか。

  • 変更が保存されていないことを警告するメッセージが表示されます。

[破棄]ボタンの目的は何ですか。

  • [破棄]ボタンは、前回の保存以降のすべての変更を削除するものです。

ストーリーまたはタスクに所有者を追加するには、どうすればよいですか。

  • 所有者のドロップダウン メニューには、現在の所有者と、現在のプロジェクトのチーム メンバとして指定されているすべてのユーザが含まれています。プロジェクト上の編集の権限があるユーザを検索することもできます。

QDP で新しい作業アイテムを作成することはできますか。

  • すぐにではありませんが、今後のリリースでこのオプションが提供されるのをお待ちください。

編集可能な詳細ページ

編集可能な詳細ページ(EDP)では、ユーザ ストーリー、ポートフォリオ アイテム、ディフェクト、およびタスクのフィールドを直接編集できます。フィールドが表示されていて、適切な権限がある場合は、そのフィールドを編集できます。フィールドを離れると、フィールドは自動的に保存されます。

クイック詳細ページから、フォーマット済み ID を選択して、編集可能な詳細ページを表示します。

EDP には以下のような機能があります。

  • 次のフィールドに移るか、[完了]を選択してデータを自動的に保存。
  • 作業アイテムに関連するすべての作業アイテムにワン クリックでアクセス。
  • ギア メニューを選択して、ページ上でさまざまなアクションを実行。
  • 親、所有者、機能、プロジェクト、添付ファイル、タグ、またはディスカッション投稿を簡単に追加。

表示/編集モード

編集可能な詳細ページは編集モードと表示モードの 2 つのモードで使用可能です。一部のユーザは、ページを編集する権限は不要で、代わりにページを編集する権限を持たずに作業アイテムを表示することを望んでいます。作業アイテム名の隣にあるアイコンを選択して、編集モードと表示モードを切り替えることができます。

ナビゲーション

リボンには、作業アイテムに関連付けられている作業アイテムが表示されます。作業アイテムに移動するには、リボンの任意のアイコンを選択します。


グラフ

リボンから、 リンクを選択して、[ストーリー バーンダウン]ページを表示します。

[アクション]歯車メニュー

アクション]ギア メニューは、[名前]フィールドの右側にあります。オプションは表示している作業アイテムのタイプによって異なりますが、[新規]、[コピー]、[印刷]、[変換]、[削除]などがあります。


[アクション]ギア

次のフィールドに移動するか、[完了]ボタンを選択すると、すべてのフィールドに対しての変更が保存されます。右上隅にフィールドが保存されたことを確認する緑の[保存済み]インジケータが表示されます。
保存インジケータ

完了]ボタンをクリックすると、このページに移動する前のコンテキストに戻ります。コンテキストを維持するには、ブラウザの[戻る]ボタンの代わりにこのボタンを使用します。詳細ページが新しいタブまたはウィンドウで開かれた場合、[完了]ボタンをクリックすると CA Agile Central のデフォルトのページに戻ります。

右側のナビゲーション オプション

詳細ページの右側では、以下のアクションを実行することができます。

  • ドロップダウン メニューの選択または検索による作業アイテムの所有者の選択
  • 親または関連付けられている作業アイテムの追加
  • ドロップダウン メニューからの関連付けられているプロジェクトの選択
  • タグの追加と作成

親の再設定とマイルストーン

マイルストーンに関連付けられているプロジェクト(または関連するプロジェクト)の親を再設定する場合、そのマイルストーンに関連付けられている作業アイテムが関連付けを失わないように、マイルストーンはそのプロジェクトから親の役割を外されます。

たとえば、親プロジェクト(マイルストーンの対象プロジェクト)でマイルストーンを作成し、子プロジェクトの親を親プロジェクトと同等なプロジェクトに再設定する場合、マイルストーンの対象プロジェクトは「ワークスペース内のすべてのプロジェクト」に変更されます。

進行状況と見積もりのフィールド

[スケジュール状態]、[ステータス]、[見積もり]フィールドで、ストーリーのステータスを視覚的にレポートすることができます。

スケジュール状態

所有者

  • スケジュール状態(タスクを表示している時の状態)は、ページ上に長方形で視覚的に表されます。ドロップダウン メニューを選択して状態を更新するか、アイテムの作業状態を表す、必要な長方形を選択します。タスクの状態はロールアップしてユーザ ストーリーおよびディフェクトのスケジュール状態に影響する場合があります。

  • 作業アイテムを、[ステータス]で 1 回クリックして「ブロック済み」または「準備完了」としてマークします。

  • 所有者のドロップダウン メニューには、現在の所有者と、現在のプロジェクトのチーム メンバとして指定されているすべてのユーザが含まれています。プロジェクト上の編集の権限があるユーザを検索することもできます。

先行タスクまたは後続タスクの追加

[依存関係]アイコンを選択します。その後、[依存関係]ページの上部で[先行アイテム]または[後続アイテム]を選択できます。


依存関係

その他の機能

詳細ページの左上隅の短縮 URL アイコンを選択して、この作業項目への完全な URL が記載された新しいユーザ ストーリーの詳細ページを開きます。ここから URL をコピーして、チーム メンバー宛ての電子メールで参照リンクとして使用したり、別の作業アイテムへの添付ファイルとして使用したりすることができます。

表示されるはずのフィールドがこの画面にない場合は、そのフィールドが管理者によって非表示にされている可能性があります。

ドラッグ アンド ドロップ ランキングがワークスペースに対して設定されている場合、[ランク]フィールドはユーザ ストーリーの詳細には表示されません。

全画面表示詳細ページ

この機能は現在ベータ版です。黄色の[フィードバック]ボタンを選択して、ユーザ エクスペリエンスを改善する方法についてお知らせください。

テスト ケース、テスト ケース結果、およびディフェクト スイートに関する全画面表示詳細ページは、より効率的に作業するためのスペースを提供する、高性能なフルページ ビューです。

全画面表示詳細ページのドキュメントには、以下のトピックが含まれています。

全画面表示詳細ページの概要

任意のページから、テスト ケース、テスト ケース結果、またはディフェクト スイートのフォーマット済み ID を選択します。最初に、デフォルト設定に従ってアイテムが表示されます。たとえば、デフォルトが、クイック ビューを使用してアイテムを表示するように設定されている場合、QDP でアイテムが表示されます。全画面表示でアイテムを表示するには、[全画面表示]アイコンを選択します。

[全画面表示]アイコンを選択すると、全画面表示詳細ページが表示されます。

 

 

 

クイック ビューと全画面表示を切り替えるには、[デフォルト ビュー]切り替えを選択します。この設定がデフォルトになります。

全画面表示ページでは、テスト ケース、テスト ケース結果、およびディフェクト スイートのフィールドを直接編集できます。フィールドが表示されていて、適切な権限がある場合は、そのフィールドを編集できます。編集不可能なフィールドは灰色で表示されます。[保存]を選択すると、フィールドの変更内容が保存されて、全画面表示詳細ページがそのまま表示され続けます。

全画面表示詳細ページを使用すると以下を実行することができます。

  • 親、所有者、プロジェクト、テスト ケース結果、テスト手順、障害、添付ファイル、タグ、またはディスカッション投稿を簡単に追加。
  • 次のフィールドに移る(または[保存]を選択する)ときにデータを自動的に保存。
  • ページの任意の場所で、カスタム フィールドを含む任意のフィールドを表示または非表示して、ページをカスタマイズ。
  • ページの右側で、カスタム フィールドを含む任意のフィールドをドラッグ アンド ドロップして、ページをカスタマイズ。
  • 他のユーザからの他のコンテキストの作業項目の見え方に影響を与えずにページへのカスタマイズを保存。

全画面表示詳細ページのナビゲーション

スクロールとフィールドの表示/非表示

すべてのフィールドを表示するには、フル ページを下にスクロールします。全画面表示詳細ページ全体で表示されるフィールドを設定できます。表示するフィールドを管理するには、[フィールドの表示]アイコンを選択します。

表示するフィールドを設定するには、[フィールドの表示]アイコンを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全画面表示詳細ページでフィールドを表示または非表示にする変更は、他のユーザからの作業項目の見え方に影響を与えません。

全画面表示詳細ページのコレクション

全画面表示詳細ページの上部全体は、以下のコレクションにリンクするアイコンです。

全画面表示詳細ページのコレクション アイテム。

 

  • 詳細
  • ディフェクト
  • テスト セット
  • 結果
  • テストの実行
  • ディスカッション
  • ステップ
  • リビジョン履歴

元の作業アイテムに関連付けられている作業を表示および管理するには、コレクション アイコンのいずれかを選択します。たとえば、テスト ケースの結果を表示または追加するには、[結果]アイコンを選択します。

注: 全画面表示詳細ページには戻るボタンがありません。お使いのブラウザの[戻る]ボタンを使用します。

右側のナビゲーション オプション

詳細ページの右側では、以下のアクションを実行することができます。

  • ドロップダウン メニューの選択または検索による作業アイテムの所有者の選択
  • 親または関連付けられている作業アイテムの追加
  • ドロップダウン メニューからの関連付けられているプロジェクトの選択
  • タグの追加と作成

 

フィールドのドラッグ アンド ドロップ

全画面表示詳細ページをカスタマイズするため、画面の側の、カスタム フィールドを含むいずれかのフィールドをドラッグ アンド ドロップし、自由に配置できます。フィールドをドラッグ アンド ドロップするには、ドラッグ アンド ドロップ アイコンが表示されるまで、フィールドのタイトルの左側にマウス カーソルを合わせます。次に、フィールドを目的の位置にドラッグ アンド ドロップします。全画面表示詳細ページに対するカスタマイズは、他のユーザからの作業項目の見え方に影響を与えません。

全画面表示詳細ページに関するよくある質問

全画面表示詳細ページからデータをインポートまたはエクスポートする方法

  • 全画面表示詳細ページからデータをインポートまたはエクスポートすることはできません。

全画面表示詳細ページの戻るボタンはどこですか?

  • 全画面表示詳細ページには戻るボタンがありません。代わりに、お使いのブラウザの[戻る]ボタンを使用します。

レガシー詳細ページ

詳細ページには、個別のユーザ ストーリーのビューが表示されます。ページは、親ユーザ ストーリーと子ユーザ ストーリーの両方に対して同じです。ここでは以下のことができます。

  • 単一のユーザ ストーリーを、現在のフィールドの値と詳細をすべて含む完全な状態で読み取り専用表示。
  • 表示されているユーザ ストーリーで複数のアクティビティを実行。
  • 表示されているユーザ ストーリーに関連付けられている他の作業項目に移動。


フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。