一括編集

2 つの異なる方法で、一括編集を行うことができます。

一括編集モードはほとんどのページで使用できますが、マルチ編集はワーク アイテムのサマリ ページで使用できます。一括編集モードでは、より多くのフィールドを編集することができ、親の設定と関連するワーク アイテムの関連付けを一括処理することもできます。 一度に最大 500 個のワーク アイテムを編集できます。

注: 2 人のユーザが同じストーリーを編集する際に、1 人のユーザが一括編集モードである場合、一括編集ユーザの作業によって他のユーザによる変更が上書きされます。たとえば、ユーザ 1 がストーリー A、B、C を一括編集して、ユーザ 2 がストーリー B の説明を編集した場合、ユーザ 1 が編集を終えると、ユーザ 2 の説明は、ストーリー B の元の説明で上書きされます。ただし、変更内容はユーザ 2 の履歴からアクセスすることができます。

一括編集モード

複数のフィールド値を編集するには、一括編集モードを使用します。ページに応じて、一括編集モードへのアクセスには 2 つの方法があります。

インラインの歯車メニュー

一括編集モードを使用するには、以下の手順に従います。

  1. それぞれの行でチェックボックスをオンにして、複数のワーク アイテムを選択します。インライン歯車メニューは、一括アクション モード 一括 に切り替わります。
  2. インライン一括アクション歯車メニューを選択して、[編集]を選択します。
    一括アクション歯車メニューです。
  3. 編集するフィールドを選択し、各フィールドで新しい値を選択します。
    一括編集
  4. [適用]を選択して、選択したワーク アイテムを編集します。
注:
  • [バックログ]ページで異なるタイプのワーク アイテムを選択した場合、アイテム間で共有されるフィールドのみを一括で編集することができます。
  • [タイプ]フィールドは、ポートフォリオ アイテムで一括編集することはできません。

サポートされていないフィールド

一括編集モードをサポートするページから、カスタム フィールドを含むほとんどのフィールドを編集することができます。ただし、一部の標準フィールドとカスタム フィールドのタイプを一括編集することはできません。以下の表には、一括編集選択に表示されないフィールドがリスト表示されています。

ワーク アイテムのタイプ フィールド
すべてのワーク アイテム
  • リッチ テキスト フィールド(説明、ノート)
  • ランク
  • フォーマット済み ID
カスタム フィールド
  • テキスト フィールド
  • Web リンクのフィールド
  • 複数値のドロップダウン リスト
タスク
  • プロジェクト
  • タスク インデックス
テスト ケース
  • リッチ テキスト フィールド(予期される結果、検証入力)
  • テスト ケース結果
ポートフォリオ アイテム
  • タイプ

親の設定およびワーク アイテムの関連付けの一括処理

ユーザ ストーリーのグループの親を追加または変更することができます。また、タスク、ディフェクト、またはテスト ケースのグループを関連するワーク アイテムに 1 つの手順で関連付けることもできます。

親の設定またはワーク アイテムの関連付けを一括編集するには、以下の手順に従います。

  1. それぞれの行で複数のワーク アイテムのチェック ボックスをオンにします。
    ギア メニューで一括編集モードに切り替えます 一括
  2. ギア アイコンを選択して、(選択されたワーク アイテムに応じて)[親の選択]または[作業成果物の選択]を選択します。
  3. ポップアップの選択で、検索およびフィルタのオプションを使用して、関連付けを行う、または親として設定するワーク アイテムを見つけます。
    親の選択
  4. ワーク アイテムを選択して、[選択]を選択します。
注:
  • 複数のワーク アイテムのタイプを選択する場合は、親の設定または関連付けのオプションは表示されません。
  • ディフェクト スイートとテスト セットを他のワーク アイテムに関連付けることはできません。

鉛筆アイコン

鉛筆アイコンは、複数のワーク アイテムが選択されている場合、選択ページ(品質管理、作業ビュー、QDP コレクション)でアクティブになります。

選択された複数のアイテムを持つ作業ビューでは、鉛筆アイコンがアクティブになります

フィールドで複数の値を設定できる場合、[]ドロップダウン リストには以下の情報が表示されます。

  • 選択されたワーク アイテムのすべてで発生する値には、チェック マークが付きます。

    複数値フィールドでのワーク アイテムの一括編集

  • 選択されたワーク アイテムのすべてではなく一部で発生する値は不確定(マイナス記号)でマークされます。
  • 選択されたワーク アイテムのいずれかで利用可能でも使用されない値は空のチェックボックスになります。

    複数値フィールドでのワーク アイテムの一括編集

不確定の項目の場合、マイナス記号を選択すると一括編集のために選択したワーク アイテムから値を削除します。2 回目に選択すると、一括編集のために選択したワーク アイテムのすべてに適用されます。不確定のアイテムへの変更を元に戻すには、[キャンセル]を選択します。

サマリ ページでのマルチ編集

1 つのタイプ(ユーザ ストーリー、ディフェクト、ディフェクト スイートなど)の複数のワーク アイテムのフィールド値を一度にすぐ設定または変更するには、任意のワーク アイテムのサマリ ページでマルチ編集ビューを使用します。

  1. アクション]から、[マルチ編集]を選択します。
    アクション メニューのマルチ編集

    すべてのワーク アイテムには、編集可能な複数のフィールドが表示されます。


    ユーザ ストーリー ページでのマルチ編集

    ドロップダウン矢印または使用可能な虫めがねアイコンを選択して、各フィールドで目的の値を選択します。テキスト ボックスがあるフィールドには、新しいテキスト形式の情報を入力します。

  2. [保存]を選択します。

1 つの編集で複数のアイテムを同じ列の値に変更するには、以下の手順に従います。

  1. アクション]から、[マルチ編集]を選択します。
  2. 各行のチェックボックスをオンにして、編集アクションで変更するワーク アイテムを指定します。デフォルトでは、すべてのチェックボックスがオンです。
  3. 列の変更]ドロップダウン リストから値を選択します。
  4. To]ドロップダウン リストから値を選択または入力します。
  5. [適用]を選択します。
  6. [保存]を選択します。
    編集内容は、データベースに保存されます。

注: ワーク アイテムが作成された後に、管理者がワーク アイテムのフィールドを必要とした場合で、必要なフィールドがマルチ編集の行に無い場合、マルチ編集を使用する要求は適用されません。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

  • ワーク アイテムを一括編集する機能は、自分に割り当てられているワークスペースまたはプロジェクトのユーザ権限によって異なります。
  • マルチ編集ビューでは、ビューに表示されるすべてのフィールドが反映されます。カスタム ビューを作成する場合は、カスタム ビューに表示されるすべてのフィールドを編集することができます。
  • ドラッグ アンド ドロップ ランキングがワークスペースに対してアクティブの場合は、[ランク]フィールドをマルチ編集ビューで編集することはできません。