外部 API キー

CA Agile Central Application Manager は、API とアプリケーション開発者およびユーザ用の認証機能のセットを提供します。

CA Agile Central Application Manager へのアクセス

CA Agile Central Application Manager にアクセスするには、https://rally1.rallydev.com/login に CA Agile Central のユーザ名とパスワードでログインします。

ページの上部には、[Authorized Applications]、[API キー]、[OAuth クライアント]の 3 つのタブがあります。

OAUTH バナー

以前までは、Confluence などのほかのシステムに CA Agile Central のデータを収集および表示するには LoginKey が必要でした。この方法では、ユーザとパスワードの組み合わせを提供するシート ライセンスも必要でした。

[API キー]ページでは、ユーザ名とパスワードを使用せずに、サブスクリプションのデータにアクセスするために使用できるキーを作成することができます。ただし、生成した API キーを使用するアプリケーションはアクセスされ、ユーザ名とパスワードでログインするのと同様に追跡されます。API キーは、ユーザが所有するユーザ ライセンスの拡張であるため、追加の CA Agile Central ライセンスを必要としません。

API キーは、CA Agile Central Web サービス API にアクセスするときにユーザを認証する文字列です。ただし、セッション トークンとは異なり、API キーには期限がありません。API キーは、生成したユーザの認証情報を使用するなど、そのユーザの権限に従います。キーはユーザが必要としている間は有効で、削除またはリセットすることができます。

サブスクリプション管理者は、[API キー]ページからサブスクリプション内のすべてのアクティブなキーを表示、削除、およびリセットすることができます。

新しい API キーの作成

新しいキーを作成するには、[新しい API キーの作成]をクリックし、[作成]をクリックします。

キーが作成され、必要に応じて、キーを編集または削除できます。

API キー

API キーの表示

日付で並べ替え

目的の日付列を選択して、API キー データを並べ替えることができます。

  • 作成
  • 最終アクセス
  • 最終リセット

フィルタ

API キー データは、表示名、キー、およびユーザ名でフィルタリングできます。

API キー データのダウンロード

API キー データを CSV 形式のファイルにダウンロードできます。

  • 表示名
  • 秘密鍵
  • 所有者
  • 許可
  • 作成日
  • 最終アクセス日
  • 最終リセット日

API キーの編集

[編集]ボタンを選択します。以下のフィールドを編集できます。

  • 説明
  • 許可

API キーをリセットすることもできます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。