フローベースの計画

フローベースの計画は、チームの効率を最大化し、ボトルネックを解消する一般的なリーン方式です。タイムボックス、タスク見積もり、またはレビュー ミーティングはありません。スクラム マスタ ロールもありません。チームが作業方法のプロセスを所有します。チームは、キュー、サイクル時間、進行中の作業(WIP)の測定値を使用して、プロセスの進行状況を判断し、調整が必要かどうかを決定します。サイクルではなくフローによって、チームの成功が決まります。

フローベースの作業には、日次スタンドアップ ミーティングの実施が含まれます。このミーティングでは、最近完了したストーリーについて話し合い、進行中のストーリーに優先順位を付けて割り当てます。タスクを作成する代わりに、チーム メンバはストーリーのキューから次の項目を取得します。

カンバン ボードの作成

フローベース作業の中心的なツールはカンバン ボードです。カンバン ボードでチームはプルベースのリーン ソフトウェア開発プロジェクトを管理することができます。

すべてのチーム メンバはカンバン ボードを使用して、ローカルまたはリモートでお互いに通信して優先順位を決めることができます。

新しいカンバン

カンバン システムを使用しているときは、作業はカンバンにプルされ、キューが関係のある唯一の作業となるため、製品バックログ、タイムボックス イテレーション、および見積もりは不要です。ボードに表示される最初のカンバンの状態にディフェクトおよびストーリーを割り当てます。

ポートフォリオ カンバン ボードの使用

CA Agile Central Portfolio Manager(RPM)がインストールされている場合は、ポートフォリオ カンバン ボードを使用して、継続的なフローでの機能の配信を計画することができます。ポートフォリオ カンバン ボードを使用して、ポートフォリオ プロセスの進行に沿ってポートフォリオ アイテムのステータスを追跡できます。 

色の選択を含むポートフォリオ カンバン ボード

スループットの見積もり

最大スループットは、作業を効果的に効率よく完了するために、プロセスのボトルネックを発見して、進行中の作業を制限することによる目標値です。

スループットを見積もるときには、以下のことを考慮してください。

  • 現在のプロセスはどの程度有効ですか。調整が必要ですか。
  • どのチーム メンバに過剰な作業量が割り当てられていますか。
  • この機能をリリースするまでに、どのくらいの時間がかかりますか。
  • ボトルネックは現在存在しますか。今後発生する可能性はありますか。
  • この機能のリリース予定日はいつですか。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。