Git (レガシー)

重要: このページでは、Git コネクタのレガシーおよびサポート対象外のバージョンについて説明します。サポートされる最新バージョンについては、「Git コネクタ」ページを参照してください。

Git 用の CA Agile Central コネクタは、リモート リポジトリへのプッシュ時に、以下の操作を実行します。

  • すべてのコミット コメントの内容を調査し、各コメントについて CA Agile Central 内に CA Agile Central アーティファクトに関連付けられる変更セット オブジェクトを作成する
  • 影響を受けるファイルに対する変更オブジェクトを作成する
  • CA Agile Central アーティファクトの状態を更新する(オプション)

たとえば、開発者が「Fixed DE17」というコミット メッセージを指定して 2 つのファイルをチェックインした場合、リモート リポジトリへのプッシュ時に、Git コネクタはコミット リビジョンに対する変更セット オブジェクトを作成し、影響を受けるファイルに対する 2 つの変更オブジェクトを作成し、変更セット オブジェクトをディフェクト オブジェクトにリンクして、ディフェクト 17 の状態を[修正済み]に設定します。

Git は分散型 SCM システムであるため、CA では、ローカル ブランチに加えられた変更に関する情報を、リモート共有リポジトリにプッシュする前に取得する方法に関するさまざまな使用シナリオを発見することに関心を抱いています。CA の目標は、可能な限り多くのシナリオをサポートすることです。現在、ローカル ブランチのプッシュされる最新のコミット メッセージを検査しています。ただし、使用シナリオのサポートが望ましい場合は、ブランチ上のすべてのコミット(リモート リポジトリ内のプッシュ前とプッシュ後の HEAD 間のすべてのコミット)を取得し、CA Agile Central のディフェクトのディスカッションにそれらを配置できる場合があります。


Supported Version
サポートされていません
Cost

Free

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。