一般的なクエリの例

カスタム リストおよびその他のグリッド式のアプリで使用できる[クエリ]フィールドでは、複数の条件を使用して表示されているデータをフィルタすることができます。SQL 式のクエリをフィールドに入力し、状態、所有者、またはその他のフィールドに基づいて特定の作業項目を検索することができます。

[クエリ]フィールド

名前に特定のテキストを含む作業アイテム

この例は、異なる作業項目グループを識別するためにさまざまな命名規則を使用している場合に便利です。

(Name contains "Technical Debt")

特定のイテレーション内の作業アイテム(ID によって)

以下のクエリを使用するには、イテレーション OID を把握している必要があります。イテレーションの詳細ページを表示したときの URL(例: rally1.rallydev.com/#/483229521d/detail/iteration/6082450599)の最後に表示される番号によって OID を見つけることができます。

(Iteration.OID = "6082450599")

特定のイテレーション内の作業アイテム(名前によって)

(Iteration.Name = "September Sprint 2")

カスタム ドロップダウン フィールドで値が選択されていない作業アイテム

(DropDownField = "")

親ユーザ ストーリーのないユーザ ストーリー

(Parent = null)

親を持っているが、ポートフォリオ アイテムではないユーザ ストーリー

((PortfolioItem = null) AND (Parent != null))

ユーザ ストーリーまたはフィーチャー レベルのポートフォリオ アイテムである親を持っているユーザ ストーリー

((PortfolioItem != null) OR (Parent != null))

オープンのディフェクト

(State < "Closed")

親と関連付けられているユーザ ストーリー

(Parent.FormattedID = 18)

見積もりが必要なユーザ ストーリー

((PlanEstimate = null) AND (ScheduleState = "Defined"))

見積もりが必要なイテレーション内のユーザ ストーリー

(((PlanEstimate = null) AND (ScheduleState = "Defined")) AND (Iteration != null))

[定義済み]と[承諾済み]の間のスケジュール状態の値を持つユーザ ストーリー

((ScheduleState > "Defined") AND (ScheduleState < "Accepted"))

ディフェクトがないユーザ ストーリー

(Defects.ObjectID = null)

ディフェクトのあるユーザ ストーリー

(Defects.ObjectID != null)

振り返りノート

このクエリでは、イテレーション オブジェクトの[ノート]フィールドを使用して、レトロスペクティブ フィードバックを保存します。[ノート]列のみを表示する場合、アプリが展開し、すべてのリッチ テキスト コンテンツが表示されます。アプリの設定で、必ずイテレーションをオブジェクトとして選択してください。

(Notes != null)

最新のイテレーションのコメントのみを表示するために、順序を降順に、ページ サイズを 1 に設定します。

現在のイテレーション内の自分のタスク

このクエリでは、「today」構文を使用して、現在アクティブなイテレーション内の作業のみを表示します。

(((Owner.UserName = "[email protected]") AND (Iteration.StartDate <= today)) AND (Iteration.EndDate >= today))

複数の顧客によって報告されているスタンドアロン ディフェクト

この例では、[Reporting Customers]と呼ばれるカスタム フィールドを使用しています。[要件]フィールドは、欠陥が関連付けられている可能性のあるユーザ ストーリーを特定するために使用されます。

(((ReportingCustomers > 1) and (State < "Closed")) and (Requirement = null))

特定のユーザ ストーリーに関連付けられていて、Bob によって所有されている、オープンのディフェクト

(((Owner.UserName = "[email protected]") and (State < "Closed")) and (Requirement.Name = "Story 2"))

George が見つけたオープンのディフェクト

((SubmittedBy.UserName = "[email protected]") and (State != "Closed"))

顧客に特有のオープンのディフェクト

この例では、[Affected Customers]という名前のカスタム フィールドを使用しています。

((AffectedCustomers contains "ShotzBrewery") AND (State != "Closed"))

タグのないディフェクト

(Tags.ObjectID = null)

タグのあるディフェクト

(Tags.ObjectID != null)

よく使われるフィールド

以下は、特定のクエリを作成する際に役に立つフィールドの一部です。すべてのフィールドがリストに記載されているわけではありません。

構文 説明
AcceptedDate 作業項目のスケジュール状態が「承認済み」に変更された日付。
ブロック済み 「ブロック済み」としてマークされている作業項目を特定します。
説明 [説明]フィールドの内容を検索します。「contains」または「!contains」条件を使用できます。
DirectChildrenCount ユーザ ストーリーに関連付けられている直接の子(孫、あるいは、より深いレベルは含まない)の数。
Iteration 作業項目がスケジュールされているイテレーション。このフィールドを使用するには、イテレーション OID を把握している必要があります。
PlanEstimate 作業項目の[計画見積もり]フィールドに表示されている値。
Release 作業項目がスケジュールされているリリース。このフィールドを使用するには、リリース OID を把握している必要があります。
ScheduleState イテレーションまたはリリース内でスケジュールされている作業項目の状態。標準の値は、「定義済み」、「進行中」、「完了」、「承認済み」です。
State 欠陥の状態。[スケジュール状態]フィールドと混同しないでください。
TaskEstimateTotal 作業項目に関連付けられているタスクの見積もり時間の合計数。
TaskRemainingTotal 作業項目に関連付けられているタスクの残っている To Do の時間の合計数。

一般的な問題

クエリが期待するデータを返さない場合、以下の提案を参照してください。

正しいかっこ構文

複数の条件を持つクエリで使用されるかっこは、バランスよく配置する必要があります。クエリ内のすべての条件で、文字列の前に 1 つの ( を追加する必要があります。また、最初の条件より後の各条件は )) で閉じる必要があります。

間違った例

((Name = "A") AND (Name = "B") AND (Name = "C"))

正しい例

(((Name = "A") AND (Name = "B")) AND (Name = "C"))

フィールド名の正しい構文

Web Services API documentation」を確認する際、多くのフィールドは、子エレメントを含むオブジェクトであることに注意してください。たとえば、タグは CA Agile Central 内ではオブジェクトですが、名前を見つけるためのエレメントを含んでいます。

矛盾する結果を返す場合がある例

((Tags = "Blue") AND (Tags = "Green"))

正しい構文

((Tags.Name = "Blue") AND (Tags.Name = "Green"))

演算子の左側に正しいフィールド名が配置され、演算子の右側に値または日付変数が配置されていることを確認してください。(AcceptedDate < InProgressDate) のようなクエリは、演算子の両側にフィールド名を含んでいるため無効です。

大文字と小文字の区別

フィールドの値に大文字と小文字を正しく使用してクエリを作成するようにしてください。たとえば、CA Agile Central でのユーザ名が「[email protected]」のように先頭が大文字にされている場合、(Owner.UserName = "[email protected]") という形式のクエリは有効ではありません。値は、クエリ内で正確に一致させる必要があります。

特定のテキストを含まないフィールド

!contains」(含まない)条件をテキストまたは文字列のフィールドに対して使用する場合、予想よりも少ない結果が表示される場合があります。たとえば、以下のクエリでは[ノート]フィールドが空欄ではなく、かつ「blue」という言葉を含まない作業項目を見つけます。

(Notes !contains "blue")

「blue」以外のテキストを含む作業アイテムおよび空欄のフィールドを持つ作業アイテムを見つけるには、以下のようにクエリを作成します。

((Notes !contains "blue") OR (Notes = null))

プロジェクト設定

アプリケーション設定メニューでプロジェクトのスコープ設定が正しいことを確認します。クエリは、選択していないプロジェクトにある作業項目は返しません。

ユーザ権限

クエリは、表示する権限のないプロジェクトにある作業項目は返しません。クエリを実行したいプロジェクトで権限があることを確認してください。

クエリを作成する方法

[クエリ]フィールドでの構文の作成の詳細については、以下を参照してください。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。