依存関係の特定

依存関係は、親子、先行タスク、後続タスクなどの、作業アイテムの関係です。依存関係の特定は、次のように構成されています。

関係と関連付け

リボンおよびサイドバーのリンク

CA Agile Central のリボンまたはサイドバーには、作業アイテムの詳細ページが表示されます。関連する作業アイテムのリンクを整理し、簡単にアクセスできるようにします。リンクを使用して、作業アイテムの関連作業アイテムのリストに移動して管理します。

新しい編集可能な詳細ページ

テスト ケースなどレガシー詳細ページ

リボンやサイドバーのリンクの表示は、表示中の作業アイテムによって異なります。

リボンまたはサイドバーの各リンクは、表示されている作業アイテムの詳細に関する追加作業アイテムを表示します。適用されているプロジェクト ビュー スコーピングに関係なく、関連作業アイテムの数が表示されます。

リンクの使用... 移動先...
詳細... 作業アイテムの詳細ページ。
関連する子のサマリ ページ。
プロジェクト 現在表示されているワークスペースに関連付けられたすべてのプロジェクトのサマリ ページ。このページには、ワークスペースの親子階層が表示されます。
先行アイテム 別のユーザ ストーリーが開始または終了前に完了する必要があるすべてのユーザ ストーリー。
後続アイテム 別のユーザ ストーリーが完了するまで開始または終了できないすべてのユーザ ストーリー。
依存関係 実施時に、表示されている作業アイテムに依存するすべての作業アイテム。
依存 表示されている作業アイテムが実施時に依存するすべての作業アイテム。
タスク 作業アイテムの実施のために定義されているすべてのタスクのサマリ ページ。
ディフェクト 表示されている作業アイテムに対して記録されたすべてのディフェクト。
テスト ケース 表示されている作業アイテムのすべてのテスト ケース
テストの実行 テストの実行に使用するテスト手順を含む、すべての関連テスト ケース。
結果 関連付けられた作業アイテムのすべてのテスト ケースの結果。
ディスカッション すべてのディスカッション ステートメントのサマリ ページ。
添付ファイル すべての添付ファイルのサマリ ページ。
リビジョン 表示されている作業アイテムのすべての変更リビジョンが記録されるリスト。
ディフェクト スイート ディフェクト スイートのサマリ ページ。
重複 重複ディフェクトのサマリ リスト。
関連するディフェクト ディフェクト スイートに含まれるこれらのディフェクトのリスト。
グラフ [ストーリー]詳細ページからストーリー バーンダウン チャートを表示します。

関連付けとは何か

関連付けは、作業アイテムの追跡と関連付けに役立つ一般的なタイプの関係を表す用語です。各関連付けは、作業アイテムの詳細ページにあるリボンまたはサイドバーに表示されます。

関連付けのある作業アイテムを削除するときには、関連付けを処理するための複数のオプションがあります。作業アイテムとその関連付けを削除するか、作業アイテムを削除して関連付けをゼロに変更するか、操作全体をキャンセルします。

テスト ケース

新規テスト ケース結果の作成、障害のログ記録、またはテスト ケースからの添付ファイルを追加を行うことができます。[テスト ケース]詳細サイドバーから、これらの関連付けを表示します。

ディフェクト

ディフェクトでは、テスト ケースを作成することができます。テスト ケースは、[ディフェクト]詳細リボンに表示されます。ディフェクトを削除すると、タスクは自動的に削除されますが、テスト ケースはそのまま残ります。

タスク

タスクはユーザ ストーリーまたはディフェクトから派生し、ユーザ ストーリーまたはディフェクトからのみ作成することができます。ユーザ ストーリーやディフェクトは、タスクと自動的に関連付けられます。作業アイテムまたはタスクのサイドバーで、これらの関連付けを表示します。個々のタスクの削除は、作業アイテムに影響しません。

親子関係とは何か

CA Agile central では、親子関係は階層内のプロジェクト、ユーザ ストーリー、またはテスト フォルダの関係を表します(CA Agile Central Quality Manager モジュールが必要です)。この関係は、所有権を暗示します。親は、子であるプロジェクトまたはユーザ ストーリーを所有しています。親は無限のレベルの子に分解できます。プロジェクトとユーザ ストーリーのすべての親子関係は、関連する詳細ページのサイドバーまたはリボンに表示されます。テスト フォルダの親子階層は、[品質管理]ページに表示されます。親で実行されたアクションは、子に影響します。

親ユーザ ストーリーがスケジュールされていて、親に新しい子ユーザ ストーリーが追加されると、以下のアクションが実行されます。

  • 親ストーリーのタスクは、最初の子ストーリーに移動されます。
  • [リリース]、[イテレーション]、[状態]、[ランク]、[所有者]、および[ブロック済み]の値が親から子に継承されます。
  • テスト ケースおよびディフェクトは、親と関連付けられたままです。

先行アイテムと後続アイテムの関係とは何か

CA Agile Central では、1 つのユーザ ストーリーが別のユーザ ストーリーの完了を前提とする順序関係を表すために、先行アイテムと後続アイテムが使用されます。既存のユーザ ストーリーを先行アイテムに割り当てることで、先行アイテムのユーザ ストーリーに含まれている機能に後続アイテムのユーザ ストーリーが依存する二者間の順序が確立します。先行アイテムのユーザ ストーリーが完了するまで、後続アイテムのユーザ ストーリーの作業を開始してはなりません。先行アイテムが完了し、後続アイテムの作業を開始できる状態にあることがわかるように、ユーザ ストーリーの状態がロールアップされます。ブロックされた先行アイテムの状態はロールアップされて、[ユーザ ストーリー]サマリ ページから簡単に照会できます。

CA Agile Central では、以下のことを実行できます。

  • ユーザ ストーリーの先行アイテムを作成します。新しいユーザ ストーリーを先行アイテムとして作成するか、既存のユーザ ストーリーを選択することができます。先行アイテムを作成すると、後続アイテムが自動的に指定されます。
  • すべての先行アイテムと後続アイテムを[ユーザ ストーリー]詳細ページから表示します。
  • [ユーザ ストーリー]、[イテレーションのステータス]、[リリースのステータス]ページなど、複数のサマリ ページからユーザ ストーリーの先行アイテムと後続アイテムを表示します。
  • 後続アイテムのユーザ ストーリーの詳細ページから先行アイテムの状態のロールアップを表示します。
  • 先行アイテムまたは後続アイテムが変更されたときに、電子メール通知を受信します。

先行アイテムと後続アイテムは、ワークスペース内の複数のプロジェクトにまたがることがあります。

[イテレーションのステータス]ページと[バックログ]ページで先行アイテムと後続アイテムを表示するには、[列の表示]アイコンを選択して、[依存関係]を見つけます。[依存関係]の隣にあるチェック ボックスをオンにして、[適用]を選択します。

ページに[依存関係]列が表示されます。

依存関係の特定

作業アイテム関係の表示

各作業アイテム ページにはリボンまたはサイドバーがあり、リンクされているビューに現在の作業アイテムのすべての関係が表示されます。リボンまたはサイドバーには、現在の作業アイテムに関連付けられている利用可能なすべての作業アイテムが表示されます。各リンクまたはアイコンに続いて、関連作業アイテムの数が丸かっこで括られて表示されます。これは、派生するサマリ ページに表示できる関連作業アイテムの数です。

新しい編集可能な詳細ページ

テスト ケースなどレガシー詳細ページ

関係のリンクまたはアイコンを選択して、関連作業アイテムのサマリ ページに移動します。サマリ ページでは、標準的な作業アイテムのサマリ ページのすべてのアクションを実行できます。関連するサマリ ページ間を移動していると、表示している作業アイテムに応じて[アクション]ボタンのオプションが変わります。

レガシー詳細ページで、[表示]アイコンと[非表示]アイコンを使用し、サイドバーの表示を制御します。

ユーザ ストーリーの親子階層の表示

サマリ ページでは、子ユーザ ストーリーから親までの階層ツリーが、ユーザ ストーリー ID からのポップアップ ペインに表示されます。


ユーザ ストーリーの先行アイテムの作成

新規または既存のユーザ ストーリーに、先行アイテムのユーザ ストーリーを追加できます。先行アイテムのユーザ ストーリーとは、別のユーザ ストーリーの作業を開始する前に、実施が完了している必要があるユーザ ストーリーです。

既存ユーザ ストーリーの先行アイテムとして新規ユーザ ストーリーを作成する方法

これで、現在のユーザ ストーリーから先行アイテム関係を持つ新規ユーザ ストーリーが作成されます。

  1. [先行アイテム]サマリ ページで[新規追加]を選択します。
  2. 先行アイテム名を入力し、[追加]または[詳細の追加]を選択します。必要に応じて、その他の詳細を入力します。

2 つの既存ユーザ ストーリーの間で先行アイテム関係を作成する方法

  1. [先行アイテム]サマリ ページで[選択]を選択します。
  2. [先行アイテムの選択]ポップアップで、追加するユーザ ストーリーのチェック ボックスをオンにして、[選択]を選択します。複数の先行アイテムを選択することができます。
  3. 選択したユーザ ストーリーは[先行アイテム]サマリ ページに表示されます。

先行アイテムと後続アイテムの関係は、同じワークスペース内のユーザ ストーリーの間でのみ許可されます。

先行アイテム サマリの表示

ユーザ ストーリーの[先行アイテム]サマリ ページには、現在表示されているユーザ ストーリーの作業を開始する前に完了している必要があるすべてのユーザ ストーリーが表示されます。[先行アイテム]サマリ ページで、各ユーザ ストーリーの順序関係を管理します。

ユーザ ストーリーの[先行アイテム]サマリ ページから、以下のことを実行できます。

  • 先行アイテムのユーザ ストーリーを削除するには、ギア メニューを選択して、[削除]を選択します。ユーザ ストーリーは保持されます。
  • 先行アイテムのユーザ ストーリーを編集するには、ストーリーの隣にあるギア メニューを選択して、[編集]を選択すると、編集可能な詳細ページが表示されます。
  • 先行アイテムのユーザ ストーリーを別の新しい先行アイテムのユーザ ストーリーにコピーするには、ストーリーの隣にあるギア メニューを選択して、[コピー]を選択します。ユーザ ストーリーがコピーされ、先行アイテムの実施順序が自動的に設定されます。

後続アイテム サマリの表示

ユーザ ストーリーの[後続アイテム]サマリ ページには、現在表示されているユーザ ストーリーの作業を開始する前に、別のユーザ ストーリーの完了に依存するすべてのユーザ ストーリーの後続アイテムが表示されます。[後続アイテム]サマリ ページで、各ユーザ ストーリーの後続アイテムの順序関係を管理します。

ユーザ ストーリーの[後続アイテム]サマリから、以下のことを実行できます。

  • 後続アイテムのユーザ ストーリーを編集するには、ギア メニューを選択して、[編集]を選択します。
  • 後続アイテムのユーザ ストーリーを別の新しい後続アイテムのユーザ ストーリーにコピーします。ユーザ ストーリーがコピーされ、後続アイテムの実施順序が自動的に設定されます。

先行アイテムと後続アイテムのインラインの表示

ユーザ ストーリーが表示されているサマリ ページで作業および計画するときには、1 つのユーザ ストーリーに属するすべての先行アイテムと後続アイテムとそれらの状態をまとめて表示できます。これには、以下のページが含まれます。

  • ユーザ ストーリーのサマリ
  • リリースのステータス
  • 先行アイテムまたは後続アイテムのサマリ
  • 作業アイテム ステータス

これにより、現在のページを開いたままで、目的のユーザ ストーリーに影響を与えるすべての関係を表示することができます。

ユーザ ストーリーの行で関連するアイコンを表示することにより、ユーザ ストーリーに先行アイテムと後続アイテムがあるかどうかを簡単に確認することができます。以下のアイコンが表示されている場合は、そのアイコンは次のことを意味しています。

  • 先行アイテム ユーザ ストーリーには、1 つまたは複数の先行アイテムがあります。
  • 後続アイテム ユーザ ストーリーには、1 つまたは複数の後続アイテムがあります。
  • 両方 ユーザ ストーリーには、先行アイテムと後続アイテムの両方があります。

上記のアイコンにポインタを重ねると、関係の詳細ポップアップが表示されます。その詳細には、表示されているユーザ ストーリーを含むヘッダ行と、2 つのタブが表示されます。タブには、ユーザ ストーリーに関連付けられている先行アイテムと後続アイテムが表示されます。このポップアップから、複数のアクティビティを実行することもできます。

ポップアップの[後続アイテム]タブには、作業を開始するために現在のユーザ ストーリーの完了を待っているユーザ ストーリーが表示されます。

ユーザ ストーリーの詳細ページに、先行アイテムの状態のロールアップが表示されます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。