優先度別のイテレーションのディフェクト

優先度別のイテレーションのディフェクト アプリケーションには、優先度別に分類された、状態が[クローズ済み]ではないイテレーションのディフェクトが表示されます。このアプリケーションは、イテレーションの最後の技術的な問題を評価するのに役立ちます。

優先度別のイテレーションのディフェクト

以下のことを実行できます。

  • [優先度]フィールドで色分けして、時間の経過と共にイテレーションのクローズされていないディフェクトの数を表示する
  • バーの色付きの領域にマウス ポインタを置くと、その日の優先度値とディフェクトの数を表示する

アプリケーションで表示されるデータは、優先度別のイテレーションのディフェクト チャートと同じ形式です。チャートをクリックすると[レポート]タブが表示されます。このタブでは、過去のイテレーションを表示でき、チャートをエクスポートしたり、電子メールで送信したり、印刷したりすることができます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。