イテレーションのデモとレビュー ミーティング

Agile チームは、働き方の学習と改善を継続的に構築する手段として、検査と順応の概念を採用しています。効果的なイテレーションのデモおよびレビュー ミーティングを実行することは、この原則の基礎です。

イテレーションの最後に、チーム全体がイテレーションを反映するために集まります。出席者は以下のとおりです。

  • スクラム マスタ(ミーティング ファシリテータ)
  • プロダクト オーナー
  • 開発者
  • テスタ
  • その他の共同作成者または利害関係者

ミーティングの目標は、イテレーション中に発生したことを視覚的に確認し、次のイテレーションのための計画についてさらに学習することです。デリバリ チームは、デモで完了したアイテムを表示します。完了したアイテムは、プロダクト オーナーが承諾したすべてのアイテムです。デモでは、チームのコミットメントに関する明確化、反映、および祝賀を勧めます。

また、ミーティングでは、アイテムを受け入れる(または受け入れない)ときに何が起きたかを示すメトリックの検査も勧めています。出席者は以下を評価します。

  • 完了しなかったアイテム
  • 発生したリスク
  • 当初の計画より複雑なアイテム
  • テストの実行(成功または失敗)
  • 記録されたディフェクト
  • チームが追跡したその他の測定値

プロダクト オーナーおよび利害関係者は、このミーティングを使用してプロダクトおよびリリース バックログの優先順位を評価します。

  • 1 つのアイテムが指定された予定値を完了するにはコストがかかりすぎますか。アイテムを再評価する必要がありますか。
  • 別のアイテムは今ではまったく役に立ちませんか。
  • このミーティングでのこの調査結果に基づいて、リリース バックログの一部のアイテムの優先順位を高くする必要がありますか。
  • 完了したアイテムおよびメトリックに基づいて、チーム リソースを再割り当てする必要がありますか。
  • バックログに追加する必要がある新しいアイテムがありますか。
  • 今学習したことに基づいて、チームはプロダクトが完全に機能することを停止する必要がありますか。

良いミーティングが終了すると、すべての出席者は、完了したイテレーションと、提供された値の良識を明確に理解しています。この情報を使用して、プロダクト オーナーは、バックログの優先順位と詳細の形で値定義に引き続き取り組みます。チームは、学習し、次のイテレーション計画ミーティングに適用することによって、チームの作業を継続します。スクラム マスタは、アクション アイテムを収集し、それぞれが所有者を持つことを保証します。その後、スクラム マスタは、各アクション アイテムが完了することを保証する責任を引き受けます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。