イテレーション スコープの変更

イテレーション スコープの変更アプリケーションは、イテレーションに対して追加または削除されたすべての作業アイテム(ユーザ ストーリー、ディフェクト、およびディフェクト スイート)を表示し、イテレーション中にスコープが変更されているかどうかを簡潔に表示します。

イテレーション スコープの変更

機能は次のとおりです。

  • イテレーションに対して追加または削除された作業アイテムの日別レポートを表示します
  • 作業アイテム名またはフォーマット済み ID をクリックして、アイテムの詳細ページに移動します
  • 追加または削除された作業によってレポートをフィルタリングします
  • [App Tools (アプリ ツール)]ドロップダウン メニューからレポートを印刷します
  • [高さの自動調整]設定を使用して、表示データの量に基づいてアプリケーションの垂直方向のスペースを自動的に調整します

 

注: イテレーションの名前、開始日、および終了日が同じ場合、共有のイテレーション スケジュールが存在します。イテレーション ドロップダウンには、現在選択されているワークスペースおよびプロジェクトのすべてのイテレーションが表示されます。同じ名前で日付が異なるイテレーションが見つかった場合は、名前の後にかっこで囲まれた日付がドロップダウンに表示されます。それ以外の場合は、イテレーション名のみが表示されます。

 

アプリ データの解釈

レポートの解釈は、作業が削除または追加された理由と、作業がチームのコミットメントにどのように影響しているかを理解するためのスクラム マスタの役割の重要な部分です。

たとえば、チームが当初予定していたより多くの作業を得たため、イテレーションの最後にスケジューリング作業が発生する可能性があります。これは非常に前向きなシナリオです。同時に、イテレーションの最後に作業を削除すると、チームはあまりにも多くの作業に取り組んでいる可能性があり、これは練習が少ないことを示しています。未完了の作業は、イテレーションから削除しないでください。代わりに、将来のイテレーションで回避できるように、過剰コミットの記録が必要です。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。