カンバン ボード

カンバン ボード アプリケーションでチームはプルベースのリーン ソフトウェア開発プロジェクトを管理することができます。カンバン ボードでは、ある列から別の列へのドラッグ アンド ドロップ アクションにより、[スケジュール状態]フィールドの更新をトリガできます。CA Agile Central の多くのページ([リリースのステータス]など)には[スケジュール状態]フィールドに基づくステータスとロールアップが表示されるので、[スケジュール状態]フィールドを使用することにより、各チームが利用している方法論に関係なく、CA Agile Central で作業の共有ビューを実現できます。

カンバン システムを使用しているときは、作業はボードにプルされ、キューが関係のある唯一の作業となるため、製品バックログ、タイムボックス イテレーション、および見積もりは不要です。最大のスループットを達成することが主な目的です。それには、システムのボトルネックを調べて、進行中の作業を制限することにより、タスク コンテキストのスイッチングを減らして、作業を効率良く迅速に完了させます。

カンバン ボード アプリケーションは次のように構成されています。

カンバン ボードのセットアップ

注: ギア メニューを使用して設定にアクセスします。このアプリケーションによる設定はプロジェクト別です。プロジェクト管理者は、自分が管理するプロジェクトのアプリケーション設定のみを変更できます。

グローバル設定

グローバル プロジェクトの選択に従ってデータが変更されるようにボードを設定するか、作業する特定のプロジェクトまたはプロジェクト グループを選択できます。[グローバル プロジェクト設定に従います]を選択すると、ボードの内容はグローバル プロジェクトの選択に従って変更されます。グローバル プロジェクト設定に関係なく、別のプロジェクトの作業を表示するには、[特定のプロジェクトを選択します]を選択します。

共有のカスタム ページにボードがインストールされている場合は、[デフォルト設定]のチェック ボックスをオンして、ワークスペースのすべてのプロジェクトに対するメニューの下部セクションで選択されている設定を使用します。列、カードに表示されるフィールド、その他のオプションに対する変更内容は、プロジェクトからボードを表示する場合に使用されます。

注:
  • 特定のプロジェクトからの表示中に保存しておいたアプリケーション設定は、[デフォルト設定]チェック ボックスをオンにすると上書きされなくなります。このチェック ボックスがオフである場合に保存した変更はプロジェクト固有になります。
  • ワークスペース全体で共有されているカスタム ページにアプリケーションが存在する場合は、ワークスペース管理者およびサブスクリプション管理者のみがグローバル設定を編集できます。

列のセットアップ

カンバン ボードの列は、CA Agile Central のフィールドに基づいて決定されます。[スケジュール状態]を使用することはできますが、ほとんどのカンバン チームは、カスタム フィールドを使用して、カスタマイズ列を定義します。プロジェクト(チーム)ごとに異なる値を使用できます。

ワークスペース管理者は、CA Agile Central でドロップダウン タイプのカスタム フィールドを作成します。名前と表示名を自分で決めることができます(KanbanState など)。[名前]および[表示名]ではスペースを使用できますが、特殊文字はサポートされていません。カスタム ドロップダウンに各カンバン状態の値を追加します。たとえば、Prioritized、Ready、In Dev、Released などです。ストーリー、ディフェクト、テスト ケースが同じカスタム状態を共有できるように、ボードに表示される作業項目タイプごとに、このカスタム フィールドを作成します。

[グループ別]ドロップダウンから作成したカスタム フィールドを選択します。テーブルは、フィールドの下に表示されます。

列の選択によるグループ

フィールドの各値は行としてリストされます。各行について、[表示]列を編集して、その値がボードに表示されているかどうかを判断します。[スケジュール状態マッピング]オプションを使用して、カスタム フィールドの値と[スケジュール状態]フィールドの値を関連付けます。[スケジュール状態]フィールドの[進行中]および[承諾済み]の値を、ボードに表示される列にマップすることをお勧めします。これらの値は、サイクル時間チャートおよびスループット チャートの生成に使用されます。どちらのチャートも[進行中]から[承認済み]に移動するストーリーを測定します。テーブルでこれらの設定をダブルクリックしてインラインで編集できます。

フィールドの値は、カスタム フィールドが作成または変更されたときに設定されたのと同じ順序でリストに表示されます。テーブルの列名を選択すると、指定した条件でフィールドが並べ替えられます。値の順序を変更するには、カスタム フィールドを編集します。

進行中の作業(WIP)上限のセットアップ

テーブルの各行の WIP の値は、ボードの各列に対する進行中の作業の上限を表します。この値は、チームが合意した任意の時点においての列の最大カード数です。この上限を超えると、列は赤色に変わります。WIP 上限を使用しない場合は、このフィールドは空白にします。

スイムレーンのセットアップ

スイムレーンはボードに適用できる水平の行です。これにより、チームはカテゴリまたはサブ プロセス別に作業アイテムを容易に視覚化できます。管理者はカンバン ボード上のスイムレーンとして使用されるカスタム フィールドを選択できます。

ベスト プラクティス: カンバンの最も一般的な使用方法は、急送スイムレーンを追加することです。このスイムレーンを使用して、進行中の作業(WIP)上限の違反が許容される 1 つの作業アイテムを視覚化することができます。この作業アイテムは、列のほかの作業アイテムより優先して処理されます。

スイムレーンを追加する方法

  • ボードの右上にある[アクション]ギア メニューを選択して、[設定]を選択します。
  • [スイムレーン]チェック ボックスをオンにします。
  • セットアップするスイムレーンのタイプをドロップダウン メニューから選択します。
  • [設定]ペインの最下部にある[保存]を選択して変更を保存して、スイムレーンを作成します。


スイムレーンの設定

以下のようなスイムレーンのタイプを作成できます。

スイムレーン 説明
ブロック済み

ブロックされた作業アイテムを手動でブロックするか、スイムレーンにドラッグします。

ブロック済み 
急送

緊急に指定されたカードをスイムレーンにドラッグして追跡できます。すべてのアーティファクト作業アイテム(ユーザ ストーリー、ディフェクト、ポートフォリオ アイテム、テスト セット、ディフェクト スイート)で[急送]フィールドを利用できます。

急送
所有者

所有者のスイムレーンを作成すると、特定の所有者に割り当てる必要がある作業アイテムを簡単にドラッグできます。

所有者

サイジング

サイジング ポイントを使用して、特定のサイズ グループに作業アイテムを簡単にドラッグできます。

サイジング

カスタム

管理者は、スイムレーン作成のためのカスタム ドロップダウン フィールドを作成できます。ワークスペースまたはプロジェクトのすべてのユーザがスイムレーンを利用できるように、ワークスペース レベルまたはプロジェクト レベルでカスタム ドロップダウン フィールドを作成できます。ユーザ ストーリーとディフェクトの両方のカスタム フィールドを作成する必要があります。

注: 値が設定されていないスイムレーン フィールドを含む作業アイテムは、[エントリがありません]という名前のスイムレーンに表示されます。

カードはドラッグ アンド ドロップでスイムレーン間を移動できます。さらに、スイムレーン ヘッダの右側にある矢印アイコンを選択して、スイムレーンを折りたたむこともできます。

展開

表示オプションの変更

作業項目の[リリース]フィールドに値が追加されたときに、ボード右端の列のカードを非表示にするには、[リリースに割り当てられている場合、最後の可視列のカードを非表示にします]チェック ボックスをオンにします。

上限を超えたら視覚インジケータをカードに表示するようにするには、[列の日数後のカードの経過時間の表示]をオンにします。必要に応じて、最大日数を変更することができます。

各列に表示されるカードの最大数を設定するには、[ページ サイズ]フィールドを調節します。

アプリケーション クエリの使用

選択した作業項目セットを表示するには、[クエリ]フィールドを使用します。ストーリーとディフェクトのフィールド値に基づいて、ボードに表示されるカードをフィルタする SQL スタイルのクエリを入力することができます。

[クエリ]フィールド

カードの使用

ユーザ ストーリーとディフェクトは、カードとしてボードに表示されます。

カンバン ボードを開いたままで、タスクを含むすべての作業項目を更新することができます。

カードのフィルタ

さまざまな値でページのカードをフィルタできます。フィルタ アイコンを選択して、ドロップダウン リストから目的のフィールド名、演算子および値を選択します。[適用]を選択して、変更内容を保存します。必要に応じて、[すべてクリア]をクリックしてフィルタ値をクリアしたり、[キャンセル]をクリックしたりすることもできます。ボードに 3 つより多くフィルタを追加するには、[新規追加]を選択します。

カードに表示するフィールドの選択

カンバン ボードに表示する 1 つまたは複数のフィールドを選択します。アプリケーションの[新規追加]ボタンの隣にある[カードに表示]アイコンを選択して、表示されるフィールドを指定します。

状態の更新

各カードは[スケジュール状態]フィールドまたはカスタム フィールドの値に基づいて列に配置されます。作業が開始されると、カードは右側に移動します。

カードの状態を更新するには、適切な列にカードをドラッグします。タスクが関連付けられた作業アイテムの場合は、タスクの状態を更新すると、カードが列に自動的に移動します。

状態の更新

カンバン ボードへの既存作業の移動

カンバン ボードをセットアップした後に、バックログから作業項目が表示されない場合は、以下のいずれかの方法を適用します。

  • ボードに表示される最初のカンバンの状態にディフェクトおよびストーリーを割り当てます。[計画]-[バックログ]ページから表示される[カンバンの状態]カスタム フィールドでカスタム ビューをセットアップします。各ストーリーまたはディフェクトの[カンバンの状態]カスタム フィールドをダブルクリックして、カンバンの状態を設定することができます。
  • 別のオプションは、ボードに[-- エントリがありません --]列を表示することで、最初のカンバンの状態に作業を割り当てることです。ボードでは、この列の作業はカードの最初の 100 件に制限されるようになります。

新しいカードの追加

[新規追加]ボタンを使用して、新しいユーザ ストーリーまたはディフェクトをボードに追加できます。

クイック追加 詳細と共に追加
新規カードの迅速な追加

詳細の編集

[名前]、[計画見積もり]、および[所有者]フィールドをインラインで編集できます(カードのフィールドを 1 回選択します)。[計画見積もり]は、[設定]でカードに表示されるように選択されている場合にのみインラインで編集できることに注意してください。新しいフィールド値を入力または選択して、Enter キーを押して変更内容を保存します。カード エリアの外側を選択して保存することもできます。変更をキャンセルするには Esc キーを押します。

インライン編集

追加のフィールドを編集するには、ギア アイコンを選択して、[編集]を選択します。エディタ ウィンドウで変更を行います。

カードをブロック済みまたはプル準備完了としてマーク

使用できないカードや、カードに関連付けられているタスクをブロック済みにマークして、チームに問題を知らせることができます。ブロックされたカードは赤い枠線付きでボードに表示されます。カードにカーソルを合わせて、停止標識アイコンを選択して、[ブロック済み]ステータスを設定します。

停止標識アイコンを選択すると、[ブロックされた理由]フィールドが表示されます。[ブロック済み]ステータスの理由を入力して、カードの外側を選択して保存します。[ブロックされた理由]を編集するには、カードのフィールドを選択します。[ブロック済み]ステータスを削除すると、[ブロックされた理由]フィールドがクリアされます。

開発の次の段階に移行できる状態のカードをプル準備完了としてマークして、プロダクト オーナーやその他のチーム メンバに状況を知らせることができます。カードは緑枠線付きでボードに表示されます。カードにカーソルを合わせて、チェックマーク アイコンを選択して、プル準備完了ステータスを設定します。

タスク エディタ ウィンドウを使用しているときに、[ブロック済み]フィールドをオンにすると、ブロック済みステータスは関連作業項目までロールアップします。その作業項目のカードは赤色の枠線付きで表示されます。

カードの色の選択

色の選択アイコンを使用して、カードの最上位の境界を変更できます。カード下部にカーソルを移動して、このアイコンを見つけます。

カードのランク付け

カードを列内で上または下にドラッグして縦位置を調整します。多くの作業アイテムが特定の状態にある場合に、優先度の高い作業アイテムを視覚的にチームに知らせるには、これが便利です。イテレーションの開始時にこの機能を使用して、最初に開始する最も重要な作業を特定することができます。

カードのランク付け

カードのコピーまたは削除

作業アイテムをコピーまたは削除するには、カードにカーソルを合わせて、ギア アイコンを選択します。

作業アイテムおよび関連付けられているタスクのコピーを作成するには、[コピー]を選択します。この機能は、イテレーション計画中に、類似したストーリーまたはディフェクト、またはタスクのテンプレート セットを作成する必要がある場合に便利です。

削除]を選択すると、作業項目がボードからただちに削除されて、[ごみ箱]に移動されます。

ディスカッションの表示および更新

ボード上の各カードに対して、ディスカッションを確認および追加できます。ディスカッションは、チーム メンバが作業アイテムに詳細な更新およびコメントを入力できるようにします。

カードのディスカッションを更新する方法

  1. カードにカーソルを合わせ、プラス アイコンを選択して、[ディスカッション]を選択します。
  2. テキスト フィールドに新しいコメントを入力して、[返信]を選択します。
  3. 作業アイテムにディスカッション コメントがすでにある場合は、カード上のアイコンを選択して詳細表示にアクセスします。

コメントを削除するには、詳細の表示中に、ごみ箱アイコンを選択します。元の作成者と管理者のみがコメントを削除できます。

カードの外、または矢印アイコンを選択して詳細表示を閉じます。

各カードに、存在するコメントの数を示すアイコンが表示されます。アイコンは、最新のコメントが投稿された時間に応じて色が変わります。投稿後 4 時間経過していないディスカッションは濃い青で表示され、これよりも古い投稿は水色またはグレーで表示されるため、どの作業アイテムに新しい情報があるかがわかります。

タスクの表示および更新

各カードに関連付けられているタスクの全体的なステータスをすばやく確認することができます。タスクが作業アイテムに関連付けられている場合、完了したタスクのアイコンと数がカードの下部に表示されます。実行すべき残りのタスクの累積時間の合計は、アイコンの右側に表示されます。

タスク ステータス アイコン

タスク ステータス アイコン

ユーザ ストーリーまたはディフェクトに関連付けられているタスクの状態を確認するには、[タスク ステータス]列を[バックログ]ページに追加します。表示される列には、関連付けられている項目のステータスを示す色付きのアイコンが表示されます。

注: これらの列はカスタム リスト アプリケーション内でも使用できます。
アイコン 作業項目に関連付けられているタスク
灰色の入力アイコン すべてのタスクの状態が「定義済み」です
進行中アイコン 状態が「進行中」であるタスクが少なくとも 1 つあります。ブロックされているタスクはありません
ブロック済みタスクのアイコン 少なくとも 1 つのタスクがブロックされています
緑色のチェック アイコン すべてのタスクの状態が「完了」です。ブロックされているタスクはありません

タスク フィールドの編集

作業アイテムに関連付けられているすべてのタスクのリストを表示するには、カード上のステータス アイコンを選択します。あるいは、カードにカーソルを合わせ、プラス アイコンを選択して、[タスク]を選択します。タスク詳細の表示を終了するには、矢印アイコンまたはエリアの外を選択します。

以下のフィールドが表示されます。

  • 名前
  • 所有者
  • スケジュール状態
  • タスク見積もり
  • To Do
  • 実績値(表示されている場合)
  • ブロック済み

インライン編集モードを有効にするには、任意のフィールドを選択します。テキストおよび数値のフィールドに新しいデータを入力したり、ドロップダウン メニューを使用して、複数の値フィールドを変更したりすることができます。

  • Enter キーを押して変更内容を保存し、下にある次のフィールドを編集します。
  • Tab キーを押して変更内容を保存し、右側の次のフィールドを編集します。
  • フィールドに対する変更内容を保存するには、タスク エリアの外を選択します。
  • 未処理の変更をキャンセルするには Esc キーを押します。

追加のフィールドを編集するには、タスクの横のギア アイコンを選択し、[編集]を選択します。

新規タスクの追加

タスク詳細の表示の[新規追加]ボタンを使用して、作業アイテムに関連付けられる新規タスクをすぐ作成することができます。

クイック追加 詳細と共に追加

タスクのコピーまたは削除

タスクをコピーまたは削除するには、タスク詳細の表示のギア アイコンを使用します。

タスクのコピーを作成するには、[コピー]を選択します。これは、イテレーション計画の間、作業アイテムに関連付けられる類似したタスクのセットを作成する必要があるときに便利です。

削除]を選択すると、作業項目へのタスクの関連付けがただちに解除されて、タスクは[ごみ箱]に移動されます。

関連付けられたディフェクトの表示および更新

ユーザ ストーリーに関連付けられているディフェクトの全体のステータスを素早く確認することができます。ディフェクトがストーリーに関連付けられている場合は、アクティブなディフェクトのアイコンおよび数がカードの下部に表示されます。

   

赤色のアイコンは、状態が[クローズ済み]ではない 1 つまたは複数のディフェクトがユーザ ストーリーに関連付けられていることを示します。緑色のアイコンは、1 つまたは複数のディフェクトがストーリーに関連付けられているが、すべての状態が[クローズ済み]であることを示します。プロダクト オーナーはイテレーション作業を更新するときに、アイコンをすぐに確認できます。赤色のアイコンは、オープンなディフェクトが存在していてストーリーを承認できないことを示します。

ディフェクト フィールドの編集

ストーリーに関連付けられているすべてのディフェクトのリストを表示するには、カード上のステータス アイコンを選択します。あるいは、カードにカーソルを合わせ、プラス アイコンを選択して、[ディフェクト]を選択します。ディフェクト詳細の表示を終了するには、矢印アイコンまたはエリアの外を選択します。

以下のフィールドが表示されます。

  • 名前
  • 重大度
  • 優先順位
  • 所有者
  • 状態

インライン編集モードを有効にするには、任意のフィールドを選択します。[名前]フィールドに入力するか、ドロップダウン メニューを使用して複数の値でフィールドを変更することができます。

  • Enter キーを押して変更内容を保存し、下にある次のフィールドを編集します。
  • Tab キーを押して変更内容を保存し、右側の次のフィールドを編集します。
  • フィールドに対する変更内容を保存するには、タスク エリアの外を選択します。
  • 未処理の変更をキャンセルするには Esc キーを押します。

追加のフィールドを編集するには、ディフェクトの横のギア アイコンをクリックし、[編集]を選択します。

新規ディフェクトの追加

ディフェクト詳細の表示の[新規追加]ボタンを使用して、ユーザ ストーリーに関連付けられる新規ディフェクトをすぐ作成することができます。[追加]ボタンを選択して新しいディフェクトをすぐに追加するか、[詳細と共に追加]を選択してディフェクト エディタを開きます。

ディフェクトのコピーまたは削除

ディフェクトをコピーまたは削除するには、ディフェクト詳細の表示のギア アイコンを使用します。

同じユーザ ストーリーに関連付けられているディフェクトのコピーを作成するには、[コピー]を選択します。

削除]を選択すると、ストーリーへのディフェクトの関連付けがただちに解除されて、ディフェクトは[ごみ箱]に移動されます。

タグでフィルタ

[タグでフィルタ]ドロップダウンを使用すると、選択したタグが適用されていないカードをフェード アウトして、表示されるカードをフィルタすることができます。選択したタグに一致するカードがない場合、すべてのカードが淡色表示され、メッセージが表示されます。フィルタをボードに適用すると、ボード上に表示されるすべてのカードで、引き続き対話(ドラッグ アンド ドロップ、リンクの選択、カードの展開など)することができます。

タグでフィルタ

所有者によるフィルタ

ドロップダウンから所有者を選択して、カードをフィルタします。所有者を選択すると、1 人のユーザにのみ属するカードがボードに入力されます。カードを元の状態に戻すには、[フィルタのクリア]を選択します。

注: 選択された所有者が、作業アイテムに関連付けられたディフェクトまたはタスクの所有者である場合、関連するカードがボードに表示されます。これには、他のユーザが所有するカードが含まれます。

終了合意

カードを次の列に移動する前に満たされなければならない条件を文書化するには、終了合意機能を使用します。

デフォルトでは、[終了合意]フィールドと[終了ポリシー]フィールドはカンバン ボードに表示されません。各列の上にフィールドを表示するには、[フィルタ基準]ドロップダウン メニューの隣にある以下のチェック ボックスをオンにします。

  • イテレーション追跡ボードまたはチーム カンバン ボードの[合意
  • ポートフォリオ アイテム カンバン ボードの[ポリシー

フィールドが表示されたら、編集する列にカーソルを合わせます。鉛筆アイコンアイコンを選択すると、エディタが開きます。終了条件を入力して、[保存]を選択します。

注:
  • カンバン ボードの範囲に設定されているプロジェクトごとに、フィールドは独立しています。
  • 各フィールドは、256 文字に制限されています。
  • フィールドを編集するには、エディタ プロジェクト権限が必要です。

コーチング コーナー: 終了合意/ポリシーが重要である理由

CA Agile Central のコーチである Eric Willeke は、カンバンの終了ポリシーに関して以下のことを推奨しています。当社の指導組織は、アジャイルおよびリーン方法論に精通しており、お客様に固有のワークフローに合わせて CA Agile Central を利用できるようにお客様を支援します。この機能を使用して有効な合意/ポリシーを作成できるように、チームで以下のことを確認してください。

アジャイルおよびリーン プロセスをさらに強化することを望まれる CA Agile Central のお客様には、以下のような貴重な助言が提供されます。最小限の料金で、1 時間の電話による助言セッションをスケジュールできます。詳細については、ここを参照してください。

各列のポリシーは、作業を次の列にプルする前に特定のリストのアクティビティを完了することへのチームのコミットメントです。一般的にこのリストは、コード レビュー コメント解決済みや、ステージング環境にインストール済みなど、テスト可能なステートメントの形式をとります。ボードを見るときには、1 つのカードの位置に注目して、このカードの左側にあるすべてのポリシーが満たされていることを確認して、その情報に基づいて確実に行動することができます。

したがって、「作業がこの状態にあるということは、何を意味するのか」という疑問に対する答えが終了ポリシーから導かれます。これらの列ごとのポリシーにより、チームのボードを表示する関係者やその他のユーザに期待することを明確に伝えることができます。これは、チームとその関係者の間の誤解を解消し、信頼を深めて関係を強化するのに役立ちます。

終了ポリシーをチェックリストとして利用することにより、各人が製品目標を達成するために自分のスキルを活用することに集中でき、チームのコミットメントのそれぞれの側面を忘れないようにしなければならないというストレス要因を軽減することができます。これは、新しいチーム メンバがチームの活動と約束事を覚えるのにも役立ちます。

利用可能なアクション

列のアクション

アクション 機能
別の列へのドラッグ アンド ドロップ カードにマウス カーソルを合わせて十字線カーソルを表示すると、カードをボード上の他の任意の列にドラッグすることができます。ある列から次の列にカードを移動すると、[スケジュール状態]フィールドが更新されます。
ドラッグ アンド ドロップで再ランク付け カードにマウス カーソルを合わせて十字線カーソルを表示すると、同じ列内のカードを再ランク付け、または 1 つの列から次の列にドラッグ アンド ドロップして再ランク付けできます。
再ランク付けを行うカードは、常にその下のカードより高い位置に再ランク付けされます。たとえば、S456 を S123 の上に動かすと、US456 のランクが US123 のランクよりも高く設定されます。

アプリケーション ツールのアクション

アクション 機能
設定の編集 プロジェクトの選択で選択された現在のプロジェクトのカンバン ボードを設定します。
サイクル時間レポートの表示 ディフェクトおよびストーリーの過去 12 か月間の平均サイクル時間(日数)を表示します。
これは、ストーリーまたはディフェクトのスケジュール状態が[進行中]から[承認済み]になるのにかかる時間を知るのに役立ちます。たとえば、ストーリーのカンバンの状態が設定されて、スケジュールの状態が[進行中]になると、サイクル時間の追跡が開始されます。ストーリーのスケジュール状態が[承認済み]に達すると、サイクル時間レポートにサイクル時間が表示されます。サイクル時間のメトリックは[スケジュール状態]フィールドのデータを追跡するため、[設定]ダイアログ ボックスでこのマッピングを正しく設定することが重要です。
スループット レポートの表示 ディフェクトまたはストーリーの過去 12 か月間のスループット(作業項目数)を表示します。
これは、ストーリーまたはディフェクトのスケジュール状態が[進行中]から[承認済み]になる頻度を知るのに役立ちます。たとえば、ストーリーのカンバンの状態が設定されて、スケジュールの状態が[進行中]になると、スループットの追跡が開始されます。ストーリーのスケジュール状態が[承認済み]に達すると、スループット レポートにこの作業項目が含まれるようになります。スループットのメトリックは[スケジュール状態]フィールドのデータを追跡するため、[設定]ダイアログ ボックスでこのマッピングを正しく設定することが重要です。
印刷 ヘッダとページのオプションを含むカンバン ボード全体を印刷します。
アプリケーションの削除 カンバン ボードを削除します。
全画面表示 アプリケーションを全画面モードで表示します。

カードのアクション

アクション 機能
作業項目の詳細の表示 カード タイトル(DE7018 など)の上の FormattedID リンクは、作業アイテムの詳細ページに移動する URL です。
カード詳細の編集 作業アイテム用のフル エディタ ウィンドウを表示します。カードにマウス カーソルを合わせ、ギア アイコンを選択して[編集]を選択します。
カードを準備完了としてマーク 緑色の枠線でカードを強調表示し、作業のレビューまたは次の段階への移行の準備ができたことを示します。カードにカーソルを合わせて、下部の停止チェック アイコンを選択すると、カードが準備完了としてマークされます。準備完了のステータスを削除するには、これと同じ方法を使用します。この機能の実行時には、ユーザ ストーリーまたはディフェクトの内部の[準備完了]チェック ボックスが編集されます。
カードのブロック 赤い枠線でカードを強調表示し、作業が停止していることを示します。カードにマウス カーソルを合わせ、下部の停止標識アイコンを選択してカードをブロック済みとしてマークします。ブロックされたステータスを削除するには、これと同じ方法を使用します。
カードの名前の変更 カードの中央にある名前を選択すると、インライン編集モードになります。新しい名前を入力し、フィールドの外側を選択します。
カードの所有者の変更 (カード上部付近の所有者名のすぐ右側にある)所有者アイコンを選択すると、インライン編集モードになります。ドロップダウンを使用して、新しい所有者を選択し、カードの外側を選択して編集モードを終了します。
カードのコピー 作業項目のコピーを作成して、関連付けられているタスクをコピーします。カードにマウス カーソルを合わせ、ギア アイコンを選択して[コピー]を選択します。
カードの削除 ボードから作業アイテムを削除し、[ごみ箱]に移動します。カードにマウス カーソルを合わせ、ギア アイコンを選択して[削除]を選択します。
ディスカッションの確認および追加 作業アイテムのコメントを読んだり、作業アイテムにコメントを追加したりします。カードにマウス カーソルを合わせ、プラス アイコンを選択して[ディスカッション]を選択します。

タスク アクション

アクション 機能
タスクの全体のステータスの表示 タスクの進行状況のステータスおよび残っている To Do 時間の合計が各カードの下部に表示されます。タスクの進行状況は、アイコンによって表されます。
すべてのタスクを詳細と共に表示 関連付けられているすべてのタスクおよび必須フィールドのリストを表示します。カードの下部のタスク サマリ アイコンを選択するか、カードにマウス カーソルを合わせ、プラス アイコンを選択して[タスク]を選択します。
タスク詳細のインライン編集 タスクの詳細表示から、タスクの[スケジュール状態]、[名前]、[所有者]、[見積もり]、[To Do]フィールドを更新することができます。フィールドを選択してインライン編集モードを有効にしてから、変更内容を入力します。テキストおよび数値フィールドには入力フォームが表示され、複数選択のフィールドにはドロップダウンが表示されます。カード エリアの外側を選択するか、Enter キーを押して、変更内容を保存します。
フル タスク エディタを開く 任意の標準またはカスタム タスク フィールドを変更するには、エディタ ウィンドウを表示します。タスク詳細の表示から、タスクの左側のギア アイコンを選択し、[編集]を選択します。
タスクのコピー タスクのコピーを作成し、同じ作業アイテムと関連付けます。タスク詳細の表示から、タスクの左側のギア アイコンを選択し、[コピー]を選択します。
タスクの削除 作業アイテムからタスクの関連付けを解除し、タスクを[ごみ箱]に移動します。タスク詳細の表示から、タスクの左側のギア アイコンを選択し、[削除]を選択します。
タスクのランク付け カードの詳細を表示するときに表示されるタスクの順序を変更することができます。タスク詳細の表示で、タスク行の左側のグリッパー アイコンを選択し、タスクを新しい位置にドラッグします。

関連付けられたディフェクトのアクション

アクション 機能
ディフェクトの全体のステータスの表示 ユーザ ストーリー カードの下部にある関連付けられたディフェクトのステータス。ストーリーに関連付けられている障害の数に基づいてアイコンが表示され、すべての障害がクローズされているかどうかを示します。
関連付けられたすべてのディフェクトを詳細と共に表示 関連付けられているすべてのディフェクトおよび必須フィールドのリストを表示します。カードの下部のディフェクト サマリ アイコンを選択するか、カードにマウス カーソルを合わせ、プラス アイコンを選択して[ディフェクト]を選択します。
ディフェクト詳細のインライン編集 ディフェクトの詳細表示から、ディフェクトの[状態]、[名前]、[所有者]、[重大度]、および[優先順位]フィールドを更新できます。フィールドを選択してインライン編集モードを有効にしてから、変更内容を入力します。テキスト フィールドには入力フォームが表示され、複数選択のフィールドにはドロップダウンが表示されます。カード エリアの外側を選択するか、Enter キーを押して、変更内容を保存します。
フル ディフェクト エディタを開く 任意の標準またはカスタム ディフェクト フィールドを変更するエディタ ウィンドウが表示されます。ディフェクト詳細の表示から、ディフェクトの左側のギア アイコンを選択し、[編集]を選択します。
ディフェクトのコピー ディフェクトのコピーを作成し、同じユーザ ストーリーと関連付けます。ディフェクト詳細の表示から、タスクの左側のギア アイコンを選択し、[コピー]を選択します。
ディフェクトの削除 ユーザ ストーリーからディフェクトの関連付けを解除し、ディフェクトを[ごみ箱]に移動します。ディフェクト詳細の表示から、ディフェクトの左側のギア アイコンを選択し、[削除]を選択します。
タスクのランク付け カードの詳細を表示するときに表示されるディフェクトの順序を変更することができます。ディフェクト詳細の表示で、ディフェクト行の左側のグリッパー アイコンを選択し、ディフェクトを新しい位置にドラッグします。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

開発者向け

メモ

  • ボード上のカードは、スタンドアップ ミーティング中に最も重要なものです。毎日、ワーカではなく作業を追跡します。
  • ボードの左側にカードを移動する前にボードの右側にカードを移動することを、チームが常に優先していることを確認します。右側のカードは、この作業が顧客の価値をもたらす最も近いものであるため、最初に完了することが重要です。
  • ボード上のほとんどのカードのサイズや見積もりが、ほぼ同じであることを確認します。これは、サイクル時間レポート データに最大の利益をもたらすのに役立ちます。サイジングが異なる場合、サイクル時間レポートは意味がありません。