カンバン レポート

カンバン ボード アプリケーションを使用しているフローベースのチームは 2 つのレポートを使用できます。作業をリリースにまとめるチームは、ステータス ページを使用してワーク アイテムのセットを管理することもできます。

サイクル時間レポート

サイクル時間レポートは、作業がチームのプロセスを通過するのに要する時間を示します。サイクル時間は、カードが「進行中」スケジュール状態から「承認済み」スケジュール状態に移動するのに要する日数として定義されます。高パフォーマンスのチームは多くの場合、新しいリクエストが完了に要する時間を見積もるために自分たちの平均のサイクル時間を使用します。

サイクル時間

過去 12 か月のそれぞれの平均サイクル時間がグラフに表示されます。グラフの線は、平均サイクル時間の傾向を示します。

[Summary Metrics]セクションには、過去 12 か月についての追加の統計情報が記載されています。

  • 平均: すべてのワーク アイテムの累積サイクル時間
  • カウント: プロセスを通過したワーク アイテムの数
  • Standard Deviation: サイクル時間の平均的な差異。この値が大きくなると、個々のワーク アイテムに対しての時間の差異が大きくなります
  • 最短: 任意のワーク アイテムに対する最短のサイクル時間
  • 最長: 任意のワーク アイテムに対する最長のサイクル時間

スケジュール状態のマッピング

お使いのカンバン ボード アプリケーションが、カスタム フィールドの値を列として表示するように設定されている場合、サイクル時間データを収集するために、[スケジュール状態]フィールドにそれらの値をマップする必要があります。マッピングを設定するには、ボードの設定メニューにアクセスします。

列の選択によるグループ

プロセスの開始を表す値を「進行中」スケジュール状態にマッピングします。プロセスの終了を「承認済み」スケジュール状態、または「承認済み」の後の任意のカスタム値(ある場合)にマッピングします。

サイクル時間の計算がリセットされるとき

たとえば、ディフェクトが「進行中」とマークされ、チームにより引き渡されて「定義済み」に配置されたとします。新しいチームが後でそれを「進行中」に戻したとします。時計はどの時点で始まるのでしょうか。ディフェクトが境界を 2 回目に越えると、時計は再開します。最初の境界を越えた最新の時間から、2 つめの境界を越えた最新の時間として測定されます。

ワーク アイテムが開始の境界と終了の境界の両方を同時に越える場合、そのワーク アイテムは含まれますが、そのサイクル時間は 0 になります。

改善

トレンドを見つけて、次のような疑問について考えるには、このグラフを使用します。

  • ワーク アイテムが構想から完了に至るまでに平均でどのくらいの時間がかかるのか。
  • 先月新しいメンバを加えてから、チームのスピードが上がったか。
  • 先月の平均時間が急増しているのは、大変な週に処理した巨大なリクエストが原因か。
  • 特定期間内に同じようなサイズのストーリーまたはディフェクトをいくつ承認できるだろうか。

サイクル時間は多くの場合、進行中の作業にリンクしています。チームが作業を完了するのにかかる時間を減らそうと必死でいる場合は、チームの WIP 制限を下げることを検討してください。チームが同時に取り組むアイテムが少なくなるほど、作業はプロセス内をより早く通過します。

スループット レポート

スループット レポートは、チームが月ごとに受け入れることができるワーク アイテムの数を示します。アイテムは、[スケジュール状態]フィールドが「承認済み」、または「承認済み」の後に存在する任意のカスタム スケジュール状態に設定されたときにレポートに含まれます。

スループット

棒グラフには、チームが過去 12 か月のそれぞれで承認したユーザ ストーリーおよびディフェクトの数が表示されます。

[Summary Metrics]セクションには、過去 12 か月についての追加の統計情報が記載されています。

  • 平均: 承認済みのすべてのワーク アイテムを 12 で割ったもの。この値を使用して、平均的な 1 か月のうちにチームがどのくらいの作業を受け入れられるのか見積もります
  • カウント: 承認されたワーク アイテムの数
  • Standard Deviation: スループットの平均的な差異。この値が大きくなると、月の間でのスループットの差異が大きくなります
  • 最小: 1 か月で承認されたワーク アイテムの最小数
  • 最大: 1 か月で承認されたワーク アイテムの最大数

改善

このグラフは、トレンドを見つけたり、次のような疑問について考えたりするのに役立ちます。

  • 今後の同等期間で、同じようなサイズのワーク アイテムをいくつ承認できるだろうか。
  • なぜ先月は通常よりもいくらか多いユーザ ストーリーを受け入れることができたのか。
  • 6 月の大量のディフェクトの出現はストーリーのアウトプットにどのように影響したか。
  • どのような要素がスループットに影響を与える可能性があるのか。

ワーク アイテム ステータス ページ

ワーク アイテム ステータス サマリ ページには、ワーク アイテムと、特定のリリースに関連付けられているスケジュール済みアイテムが表示されます。
プロジェクト階層を使用している場合、このページには、プロジェクト ドロップダウンで指定した表示の範囲設定が反映されます。すべてのグラフと列は、同一のアクティブなリリース名および終了日を持つすべてのプロジェクトの累積合計を表示します。

ワーク アイテム ステータス ページには、以下のようなリリース情報が表示されます。

  • すべての親レベルのワーク アイテム: ユーザ ストーリー、ディフェクト、およびスケジュール済みまたは表示されているリリースにスケジュール済みの子ワーク アイテムを持つディフェクト スイートを含みます。
  • イテレーション: アイテムがイテレーションにスケジュールされると、イテレーション名がここに表示されます。イテレーションの詳細ビューに移動するには、イテレーション名をクリックします。
  • ステータス: ワーク アイテムとスケジュール済みのアイテムの両方のステータスが表示されます。色分けされた表示は、リリースに対してスケジュールされた各アイテムのクイック評価を示します。リリース日と連携して完了に向かう様子の、各ワーク アイテムおよびその子の進行状況を簡単に表示できます。
  • 承認済み: ワーク アイテムに対してスケジュールされたアイテムの合計数から承認されたアイテムの数、およびそれが表す親ワーク アイテム全体に対する割合。リリースのすべてのワーク アイテムの合計はロールアップされ、列の上部に表示されます。
  • アクティブなディフェクト: この列には、各ワーク アイテムに関連するアクティブなディフェクトの数が表示されます。

ワーク アイテム ステータス ページでは、以下のことができます。

  • ID 番号テキストボックスに直接数字を入力し、特定のワーク アイテムを素早く見つけます。特定の数字に区切り文字 =、>=、=、、> を使用して、ID の検索を絞り込みます。
  • 任意のワーク アイテムを編集します。
  • [アクション]メニューから、ワーク アイテム ステータス サマリや詳細レポートを印刷します。すべてのワーク アイテムとそのスケジュール済みアイテムは両方のレポートで階層表示で印刷されます。
  • ハイパーリンクされた ID、名前、または表示の各行のイテレーションをクリックし、リストされたワーク アイテムまたはイテレーションの詳細に移動します。
  • ドラッグ アンド ドロップ ランキングを使用します。ワーク アイテムを選択し、ページ上の他のワーク アイテムと相対的に上下にドラッグして優先順位を付けます。
  • [パッケージ]や[ステータス]などのワーク アイテムのフィールドでフィルタします。
  • ワーク アイテムの[ランク]、[ID]、[名前]、または[ステータス]フィールドでソートします。
  • 関連するインライン アイコンにマウス カーソルを合わせて、先行と後行の関係を表示する。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。