ロードマップの作成

ロードマップの作成は、以下のトピックで構成されます。

ポートフォリオ アイテムについて

  • タイプの値が割り当てられている必要があります
  • 親は階層内ですぐ上に位置するタイプに限られます。レベルをスキップすることはできません
  • 子は階層内ですぐ下に位置するタイプに限られます。ポートフォリオ アイテムの下位タイプがない場合の子はユーザ ストーリーである必要があります
  • 添付ファイルとディスカッションを除いて、ディフェクト、ディフェクト スイート、テスト ケース、タスク、その他の関連作業項目を含めることはできません

新しいポートフォリオの作成

CA Agile Central のユーザ ストーリー階層を使用してモデリングしたことがない新しいポートフォリオを作成する場合、以下のオプションを使用するとすぐに開始することができます。

  • CSV ファイルからポートフォリオ アイテムをインポートする
    • ポートフォリオ アイテムの CSV インポートでは、親を自動的に設定することはできません。[ページ ツール]メニューから一括選択を使用して複数選択します。
  • 各タイプの[ポートフォリオ アイテム]ページでポートフォリオ アイテムを作成する
  • 最上位タイプの[ポートフォリオ アイテム]ページでポートフォリオ アイテムを作成して、階層内の最下位のタイプに達するまで下層に子を追加する

ポートフォリオ アイテム階層を作成したら、最下位タイプのポートフォリオ アイテムから新規ユーザ ストーリーの子を作成するか、最下位タイプのポートフォリオ アイテムに既存のユーザ ストーリーの親を設定できます。

ポートフォリオはワークスペース レベルで管理されます。ワークスペース間でポートフォリオやその内容を共有することはできません。
ポートフォリオ アイテム、プロジェクト、およびカスタム フィールドを異なるワークスペース間で共有またはロールアップすることはできません。作成するワークスペースの数を制限することをお勧めします。

既存のユーザ ストーリー階層からのポートフォリオの作成

CA Agile Central のユーザ ストーリー階層ですでにモデリングしてあるポートフォリオを作成する場合

  1. ポートフォリオ アイテムを CSV ファイルからインポートするか、上位タイプの[ポートフォリオ アイテム]ページでポートフォリオ アイテムを作成します。
  2. ユーザ ストーリーを最下位タイプのポートフォリオ アイテムに変換します。この変換プロセスによって、ユーザ ストーリーの子はポートフォリオ アイテムに移動されます。元のユーザ ストーリーは変換前のスケジュール状態で保持されて、関連付けられているディフェクト、ディフェクト スイート、テスト ケース、およびタスクも保持されます。
  3. 新たに変換されたポートフォリオ アイテムを適切なポートフォリオ アイテムの親に関連付けます。
  4. 最下位ポートフォリオ アイテムの下には、子のユーザ ストーリーのレベルが 1 つだけ存在するようにします。ポートフォリオの階層を使用する場合は、親子のユーザ ストーリー階層を使用しないでください。

ユーザ ストーリーからポートフォリオ アイテムへの変換

ユーザ ストーリーの基本的なフィールドのみを最下位タイプのポートフォリオ アイテムに変換できます。元のユーザ ストーリーは元の場所に残り、そのスケジュール状態は変わりません。

ユーザ ストーリーをポートフォリオ アイテムに変換する方法

子ユーザ ストーリー、添付ファイル、およびディスカッションは、親ストーリーと共に移動されます。カスタム フィールド、ディフェクト、ディフェクト スイート、およびテスト ケースは変換されません。元のユーザ ストーリーは、変換前の状態のまま変わりません。

  1. 変換するユーザ ストーリーを見つけて、その詳細ページにアクセスします。
  2. ポートフォリオ アイテム名の隣にある[アクション]ギア メニューを選択して、[ポートフォリオ アイテムへの変換]を選択します。

ユーザ ストーリーの親は、ポートフォリオ アイテムとほかのユーザ ストーリーの両方ではなく、どちらかになります。

注:

  • ポートフォリオ アイテムにポートフォリオ アイテム タイプ以外の必須フィールドがある場合は、ユーザ ストーリーを変換することはできません。
  • 子を含むユーザ ストーリーをポートフォリオ アイテムに変換する場合は、すべての子がポートフォリオ アイテムの下の同一レベルに存在することを確認してください。同じ階層でポートフォリオの親とユーザ ストーリーの親の両方を使用することはお勧めしません。

 

ユーザ ストーリーとポートフォリオ アイテムの一括選択

1 つのアクションで複数のユーザ ストーリーまたはポートフォリオ アイテムを親ポートフォリオ アイテムに割り当てるには、一括選択を使用します。選択では、[FormattedID]、[名前]、および[親]の各フィールドで検索することができます。一括選択では、親を自動的に設定できます。

検索はワイルドカードをサポートしていません。

編集権限がないユーザ ストーリーまたはポートフォリオ アイテムは追加されません。短いメッセージと、追加できなかった作業アイテムのリストが表示されます。

子の数が多いと、ロードに時間がかかることがあります。リボンに表示されているユーザ ストーリーの数から大量一括選択の進行状況を監視することができます。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。
    • ユーザ ストーリーの場合: 最下位ポートフォリオ アイテムの詳細ページで、リボンから[ユーザ ストーリー]を選択します。
    • ポートフォリオ アイテムの場合: 任意のレベルの(最上位を除く)ポートフォリオ アイテムの詳細ページで、リボンから[]を選択します。
  2. 選択]ボタンをクリックします。

    注: ユーザ ストーリーの親がポートフォリオ アイテムである場合は、親ポートフォリオ アイテムは表示されません。ストーリーの親を誤って再設定しないように注意してください。

  3. 選択では、キーワードまたは ID で検索できます。ドロップダウン メニューからプロジェクトを選択して、結果を絞り込むこともできます。Enter キーを押して検索するか、ドロップダウン メニューからプロジェクトを選択して結果を自動的にフィルタします。
  4. 追加するストーリーのチェック ボックスをオンにして、[完了]をクリックします。

ポートフォリオ アイテムの手動ランク付け

ワークスペースで手動ランク付けがセットアップされている場合に、ポートフォリオ アイテムをカンバン ボードの同じ列または別の列にドラッグ アンド ドロップすると、CA Agile Central では、手動で入力されたランクに従ってそのカードが自動的に配置される場所が示されます。

たとえば、手動ランク付けで列の 2 位にランク付けされているポートフォリオ アイテムをその列内で上または下にドラッグしようとすると、1 位のカードと 2 位のカードの間に緑色の棒が表示されます。この棒は、そのポートフォリオ アイテムを列内のどこにドロップしたとしても、そのポートフォリオ アイテムが配置される唯一の場所を表しています。

ユーザのアクセスと権限

CA Agile Central Portfolio Manager のための特別な権限はありません。CA Agile Central のユーザはプロジェクトのユーザ権限に基づいて、ポートフォリオ アイテムの作成と変更や、ユーザ ストーリーに関連付けられているポートフォリオ アイテムの表示を行うことができます。

開発チームが編集権限を持つプロジェクトにポートフォリオ アイテムを配置したくない場合は、ポートフォリオ アイテムのために新しいプロジェクトを作成することを検討してください(ただし、これはユーザ ストーリー階層内のユーザ ストーリーを整理するためのアクセスを制限することと変わりません)。

ポートフォリオ アイテム用に新しいプロジェクトを作成する場合は、プロジェクト階層内のチーム プロジェクトの上に新しいプロジェクトを配置してください。これにより、下位プロジェクトのユーザはプロジェクト ツリー ビューで上位を簡単に調べることができます。ポートフォリオ アイテムの状態と進行状況の追跡のみを行うポートフォリオ マネージャやその他のユーザには、このプロジェクトの表示権限を付与します。

ポートフォリオ アイテムの作成

新しいポートフォリオ アイテムを作成する方法

  1. ポートフォリオ]タブをクリックして、[ポートフォリオ アイテム]を選択します。
  2. [ポートフォリオ アイテム]ページで[+ 新規追加]をクリックします。
  3. 以下のいずれかの操作を行います。
    • New Theme]フィールドに説明を入力して、[追加]をクリックします。詳細を後で追加することができます。
    • 詳細の追加]ボタンをクリックします。
  4. 編集可能な[ポートフォリオ アイテム]詳細ページで、すべての必須フィールドに入力します。
  5. 編集可能な詳細ページで、任意のオプション フィールドにデータを入力します。
  6. 保存して閉じる]をクリックします。

編集可能な詳細ページ

編集可能な詳細ページ(EDP)では、ユーザ ストーリー、ポートフォリオ アイテム、ディフェクト、およびタスクのフィールドを直接編集できます。フィールドが表示されていて、適切な権限がある場合は、そのフィールドを編集できます。フィールドを離れると、フィールドは自動的に保存されます。

EDP は、ユーザ ストーリー、タスク、ディフェクト、およびポートフォリオ アイテムのデフォルトです。期間限定で、エディタの古いバージョンに戻すことができます。

EDP には次の機能が含まれます。

  • 次のフィールドに移るか、[完了]をクリックしてデータを自動的に保存。
  • 作業アイテムに関連するすべての作業アイテムにワン クリックでアクセス。
  • ギア メニューをクリックして、ページ上でさまざまなアクションを実行。
  • 親、所有者、機能、プロジェクト、添付ファイル、タグ、またはディスカッション投稿を簡単に追加。

表示/編集モード

編集可能な詳細ページは編集モードと表示モードという 2 つのモードで利用できます。一部のユーザは、ページを編集する権限は不要で、代わりにページを編集する権限を持たずに作業アイテムを表示することを望んでいます。作業アイテム名の隣にあるアイコンをクリックして、編集モードと表示モードを切り替えることができます。

 

 

 

 

ナビゲーション

リボンには、作業アイテムに関連付けられている作業アイテムが表示されます。作業アイテムに移動するには、リボンの任意のアイコンをクリックします。


 

アクション]ギア メニューは、[名前]フィールドの右側にあります。オプションは、表示している作業アイテムのタイプによって異なりますが、[新規]、[コピー]、[印刷]、[変換]、[削除]を含みます。


 

 

次のフィールドに移動するか、[完了]ボタンをクリックすると、すべてのフィールドに対しての変更が保存されます。右上隅にフィールドが保存されたことを確認する緑の[保存済み]インジケータが表示されます。


保存インジケータ

 

 

完了]ボタンをクリックすると、このページに移動する前のコンテキストに戻ります。コンテキストを維持するには、ブラウザの[戻る]ボタンの代わりにこのボタンを使用します。詳細ページが新しいタブまたはウィンドウで開かれた場合、[完了]ボタンをクリックすると CA Agile Central のデフォルトのページに戻ります。

 

右側のナビゲーション オプション

詳細ページの右側では、以下のアクションを実行することができます。

  • ドロップダウン メニューの選択または検索による作業アイテムの所有者の選択
  • 親または関連付けられている作業アイテムの追加
  • ドロップダウン メニューからの関連付けられているプロジェクトの選択
  • タグの追加と作成
  • 添付ファイルの追加
  • ディスカッションの投稿

親の再設定とマイルストーン

マイルストーンに関連付けられているプロジェクト(または関連するプロジェクト)の親を再設定する場合、そのマイルストーンに関連付けられている作業アイテムが関連付けを失わないように、マイルストーンはそのプロジェクトから親の役割を外されます。

たとえば、親プロジェクト(マイルストーンの対象プロジェクト)でマイルストーンを作成し、子プロジェクトの親を親プロジェクトと同等なプロジェクトに再設定する場合、マイルストーンの対象プロジェクトは「ワークスペース内のすべてのプロジェクト」に変更されます。

進行状況と見積もりのフィールド

[状態]、[ステータス]、[見積もり]フィールドで、ストーリーのステータスを視覚的にレポートすることができます。

  • ドロップダウン メニューを選択して、状態を更新します。
  • 作業アイテムを、[ステータス]で 1 回クリックして「ブロック済み」または「準備完了」としてマークします。
  • 所有者のドロップダウン メニューには、現在の所有者と、現在のプロジェクトのチーム メンバとして指定されているすべてのユーザが含まれています。プロジェクト上の編集の権限があるユーザを検索することもできます。

ポートフォリオ アイテムのフィールド

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

フィールド 説明
一般
ID システムによって割り当てられた値。サマリ ビューのポートフォリオ アイテム ID をクリックすると、詳細ビューが表示されます。ポートフォリオ アイテムのプレフィックスを変更することができます。
名前 ポートフォリオ アイテムの意味のある一意の名前を入力します。これは必須フィールドです。
ポートフォリオ アイテム タイプ ポートフォリオ アイテムに親または子がない場合は、ドロップダウン メニューからポートフォリオ アイテムのタイプを選択します。タイプが選択されていない場合は、この値は CA Agile Central によって割り当てられます。これらの値を編集する方法については、「ロードマップの管理」を参照してください。これは必須フィールドです。
タグ ポートフォリオ アイテムに関連付ける 1 つまたは複数のタグを選択します。タグの割り当ては、並べ替え、フィルタ、およびレポートに役立ちます。
説明 ほかのユーザがポートフォリオ アイテムの目的を理解できるようにわかりやすい説明を入力します。リッチ テキスト エディタを使用して、フォント、フォーマット、リンク、その他を適用できます。画像をこのフィールドにコピーして貼り付けることができます。
添付ファイル [参照]ボタンをクリックして、ポートフォリオ アイテムの説明に役立つ画像や .pdf ファイルなど、添付ファイルをアップロードします。
所有者 ポートフォリオ アイテムの所有者を指定します。この値は、ポートフォリオ アイテムを作成したユーザにデフォルトで設定されますが、いつでも変更できます。
プロジェクト CA Agile Central 内でポートフォリオ アイテムが割り当てられているプロジェクトを指定します。これは必須フィールドです。
ディスカッション 詳細ページのサイドバーで[ディスカッション]リンクをクリックして、ディスカッションを追加または表示します。ディスカッションにはリッチ テキスト エディタがあります。
リビジョン 詳細ページで、サイドバーの[リビジョン]リンクをクリックします。リビジョンには、リビジョン番号、詳細な説明、日付スタンプ、および作成者が含まれます。
階層
親ポートフォリオ アイテムを割り当てるには、虫めがねアイコンをクリックします。親の割り当てを解除するには、赤色の[X]をクリックします。 最上位タイプのポートフォリオ アイテムに親を割り当ててはなりません。ポートフォリオ アイテムに割り当てることができるのは、ポートフォリオ アイテムの親のみになります。ユーザ ストーリーには、ポートフォリオ アイテムの親とユーザ ストーリーの親のどちらかを割り当てることができます。
詳細ページのサイドバーで[子]リンクをクリックして、ポートフォリオ アイテムに子を表示または追加します。最下位タイプのポートフォリオ アイテムはユーザ ストーリーのみを子として持つことができるので、代わりに[ユーザ ストーリー]リンクが表示されます。
スケジュール
Release 最下位ポートフォリオ アイテムでリリース属性を使用して(通常では「機能」と呼ばれます)、ロードマップのタイムフレームに機能をスケジュールします。
プロセス
State サマリ ページまたはカンバン ボードに表示されるポートフォリオ アイテムをフィルタするには、このドロップダウンを使用します。
トラッキング インジケータ(サマリ ページ)
ストーリー計画見積もり別の完了率 このフィールドの値は、ポートフォリオ アイテムに関連付けられたユーザ ストーリーのユーザ ストーリー ポイント総数で承認済みポイントの数を割って計算されます。
ストーリー数別完了率 このフィールドの値は、ポートフォリオ アイテムに関連付けられたユーザ ストーリーの総数で承認済みユーザ ストーリーの数を割って計算されます。
コールアウト
            承認済みポイントおよびユーザ ストーリーの数を確認するには、完了率のいずれかのフィールドにポインタを重ねます。これらのフィールドで赤色警告フラグが左上隅に表示されている場合は、コールアウトに警告の説明が表示されます。
実際の開始日 関連付けられたユーザ ストーリーが[進行中]のスケジュール状態に移行した最も早い日。
2011 年 11 月 19 日より前の進行中作業をもつポートフォリオ アイテムの[実際の開始日]は、関連付けられた別のユーザ ストーリーが進行中に移行するまで null となり、その後に[実際の開始日]はそのユーザ ストーリーが進行中に移行した日付を反映するようになります。
実際の終了日 最後に関連付けられたユーザ ストーリーが[承認済み](以降)のスケジュール状態に移行した最新の日。
State ポートフォリオ アイテムのステータスを指定します。この値に応じて、[ポートフォリオ カンバン ボード]のどの状態の列にポートフォリオ アイテムが配置されるのかも決まります。
状態変更日 ポートフォリオ アイテムが元の状態から現在の状態に移行した日。2012 年 4 月 28 日より前にポートフォリオ アイテムの状態がすでに設定されている場合は、状態が再び変わるまで、この値は現在のシステム日付に設定されます。
計画のフィールド
概算見積もり 計画時にポートフォリオ アイテムのサイズを測定します。
改善された見積もり 計画中の機能に関して追加情報を得たら、キャパシティ計画中に最新の見積もりを入力します。
投資カテゴリ ポートフォリオ アイテムが組織の目標に合致するように、ポートフォリオ アイテムを投資カテゴリに割り当てます。
値スコア このポートフォリオ アイテムが機能またはイニシアチブにもたらすであろう価値を入力します。組織の定めたスコアを使用します。
リスク スコア ポートフォリオ アイテムの遂行に対する潜在的なリスクを入力します。組織の定めたスコアを使用します。
開始予定日 このアイテムの作業を開始する予定日を入力します。
終了予定日 このアイテムの作業を終了する予定日を入力します。
WSJF 優先順位付け
WSJF スコア WSJF(Weighted Shortest Job First)スコアは、多くのプログラム マネージャや PMO が最も早くスケジュールする機能を選択するために使用する優先順位付けの方法です。
チーム メンバがポートフォリオ アイテムの進行状況を理解するのに役立つ、関係するメモを入力します。注はコールアウトに表示されます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。