リスクの管理

リスクの作業アイテムを使用すると、CA Agile Central 内のリスクを他のすべての作業と共に追跡できます。以下のことを実行できます。

  • 計画ミーティングのリスクを解決、所有、承諾、または軽減(ローミング)する。
  • リスクをポートフォリオ アイテムにリンクしたり、リリースに追加する。
  • リスクに関連するアクションに対処するタスクを追加する。

[Risks in Work Views (作業ビューのリスク)]ページ

リスクの作業アイテムの作成

作業ビューのリスクの作成

[作業ビュー]ページ([計画]-[作業ビュー])で、以下の手順に従います。

  1. [+ 新規追加]を選択します。
  2. [作業アイテムのタイプ]で、[リスク]を選択します。
    • [詳細付きで作成]を実行するには、[作業アイテムのタイプ]または[プロジェクト]ドロップダウン リストのいずれかから 1 つの値のみを選択する必要があります。
    • クイック追加の[作成]ボタンを有効にするには、[作業アイテムのタイプ]および[プロジェクト]ドロップダウン リストの両方から少なくとも 1 つの値を選択し、名前を入力する必要があります。
  3. リスクの作業アイテムのフィールドに入力し、[作成]を選択します。

ポートフォリオ アイテムまたはユーザ ストーリーのリスクの作成

同じポートフォリオ アイテムまたはユーザ ストーリーに関連付けられた複数のリスクを作成するには、QDP を使用してリスク コレクションを開きます。

QDP のリスク コレクション

ここから、[+ 新規追加]を使用して新しいリスクを作成するか、既存のリスクを選択してポートフォリオ アイテムまたはユーザ ストーリーに関連付けることができます。

リスクのフィールド

フィールド 説明
可能性 値は以下のとおりです。
  • なし
  • 1 - 低
  • 2
  • 3 - 中
  • 4
  • 5 - 高
影響 値は以下のとおりです。
  • なし
  • 1 - 低
  • 2
  • 3 - 中
  • 4
  • 5 - 高
Size of Loss (損失の規模) このリスクがもたらす損失の規模(日数)。
応答

リスクが以下のどの状態であるかを示します。

  • 解決済み
  • 所有済み
  • 承認済み
  • 軽減済み

 

Big Room Planning または Program Increment Planning の間にプログラムのリスクが上昇した場合、チームはこのフィールドを使用してこれらのリスクをローミングすることができます。

解決方法 応答の簡単な説明。256 文字に制限されています。

リスクの表示または編集

リスクを表示または編集するには、[作業ビュー]ページから[フォーマット済み ID]を選択します。リスクの作業アイテムが QDP に表示されます。

タスク

タスク コレクション アイコン

タスク コレクションでは、必要に応じてリスクを軽減または解決するために、チーム作業に含め、計画することができるアクションを作成できます。タスクを追加するには、以下の手順に従います。

  1. QDP で、タスク コレクションを選択します。
  2. タスクのサマリで、[+ 新規追加]を選択します。
  3. 必要に応じて、タスクを追加または更新します。

リスクが削除されると、そのリスクに関連付けられているすべてのタスクも削除されます。

影響を受ける作業アイテム

影響を受ける作業アイテム コレクション アイコン

影響を受ける作業アイテム コレクションには、選択したリスクによって影響を受ける作業アイテムが含まれます。作業アイテムにリスクを関連付けるには、以下の手順に従います。

  1. QDP で、影響を受ける作業アイテム コレクションを選択します。
  2. サマリで、[+ 新規追加]を選択します。
  3. 新しい作業アイテムを作成するか、既存の作業アイテムを選択することによって、作業アイテムにリスクを関連付けます。

損失の規模および漏洩

漏洩は、リスクに対してどのようなアクションを実行するかを判断するのに役立つリスクの別の尺度です。リスクの漏洩(日数)は、損失の規模(日数)にリスクの確率を掛けて計算されます。

損失の規模 * 確率/5

ポートフォリオ アイテムが移動するにつれて、リスクの可能性が減るか、または軽減アクションが実行されるため、漏洩はバーンダウンします。

算出リスク

算出リスクは、確率を掛けた影響に基づいた、リスクの重大度の尺度です。この値を使用して、軽減する必要があるリスクを判断できます。このグラフは、影響と確率に基づいた算出リスクの重大度を示しています。

影響と確率に基づいた算出リスク

算出リスクは、確率に影響を掛けて計算された 1 ~ 25 の整数値です。確率または影響の値の変更を除いて、値を編集することはできません。

この情報を使用すると、軽減するリスク、計画するリスク、監視または受け入れるリスクを判断することができます。以下に例を挙げます。

算出リスクに基づいてアクションを決定する

インライン編集

フィールドを選択して値を編集または選択することで、[作業ビュー]ページのリスクのフィールドをインラインで編集することができます。詳細については、ここを参照してください。

リスクのローミング方法

特定のローミング ボードを開発してリスクのローミング(解決方法を、解決済み、所有済み、承諾済み、または軽減済みに設定)を可能にするのではなく、作業ビュー、カスタム リスト、またはカスタム ボードを使用することをお勧めします。カスタム ボードを使用してこれをセットアップするには、以下の手順に従います。

  1. リスクのローミング用のカスタム ページを作成します。詳細については、ここを参照してください。
  2. アプリケーション カタログからカスタム ボード アプリケーションを追加します。詳細については、ここを参照してください。
  3. 列の解決方法を使用してリスクを表示するように、カスタム ボード アプリケーションの設定を行います。
    タイプ = リスク、列 = 応答、順序 = ランクを示す、カスタム ローミング ボードの設定。

このボードを使用して、リスクを作成し、計画イベントでリスクをローミングすることができます。

カスタム ローミング ボード

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。