テスト ケースの管理

テスト ケースは、要件で指定されているようにシステムが実行される方法を定義する、完全な技術仕様です。ワーク アイテムからテスト ケースを生成できます。ワーク アイテムは、すべての関連付けられたテスト ケースが通過すると、完了とみなされます。

CA Agile Central では、テスト ケースに対して以下を実行することができます。

  • テスト ケースとワーク アイテムの間の自動関連付けを作成するワーク アイテムから作成(推奨)。
  • スタンドアロンのテスト ケースとして作成。
  • 要件の変化に合わせて情報を追加、または変更を更新するために編集。

テスト ケースを管理する機能は、ワークスペースで割り当てられているユーザ ロールと権限に依存します。

テスト ケースには、以下が含まれています。

テスト ケースのサマリ ページおよび詳細ページの使用

サマリ ページ

テスト ケースのサマリ ページには、選択されたプロジェクト内のすべてのテスト ケースのサマリ リストが表示されます。[テスト ケース]アイコン[テスト ケース]アイコンを使用してユーザ ストーリーの詳細ページから表示すると、サマリ ページには、ユーザ ストーリーおよびその子ユーザ ストーリーに直接関連付けられたすべてのテスト ケースが表示されます。これにより、そのユーザ ストーリーに直接的または間接的に影響を与えるすべてのテスト ケースで作業することができます。


サマリ ページでは、以下を実行することができます。

  • テスト ケースに対して新しいテスト ケースの結果を作成するには、新規テスト ケース アイコンをダブルクリックします。
  • テスト ケースまたはそのテスト ケースの結果を編集するには、編集 アイコンをダブルクリックします。

詳細ページ

詳細ページには、個別のテスト ケースのビューが表示されます。

詳細ページを使用すると以下を実行することができます。

  • すべての現在のフィールド値および詳細が含まれる、単一のテスト ケース全体の表示または編集。
  • サイドバーからテスト ケースに関連付けられている他のワーク アイテムへの移動。

ワーク アイテム フィールドは、ハイパーリンクです。ハイパーリンクを選択し、テスト ケースに関連するワーク アイテムに簡単に移動します。

詳細ページ上でテスト ケースをコピーする場合、コピーは自動的にスケジュールされません。

テスト ケースの作成

ワーク アイテム(ユーザ ストーリーおよびディフェクトのみ)からテスト ケースを作成し、ワーク アイテムの遂行と機能が正常で、基準を満たしていることを確認します。ワーク アイテムからテスト ケースを作成すると、CA Agile Central はワーク アイテムとテスト ケースの間の自動関連付けを作成します。ワーク アイテムまたはテスト ケースのサイドバーで関連付けを表示します。スタンドアロンのテスト ケースを作成することができますが、テスト ケースからワーク アイテムに対する自動関連付けは行われません。CA Agile Central では、関連付けられたワーク アイテムから直接テスト ケースを作成することをお勧めしています。

複数の場所から CA Agile Central のテスト ケースを作成できます。この柔軟性により、作業アクティビティを進めながら、必要なときにいつでもテスト ケースを作成することができます。

テスト ケースのサマリ ページから

  1. [アクション]で、[新規テスト ケース]を選択します。
  2. [Create Test Case]エディタ上で、必要に応じてフィールドに入力します。
  3. 作成]を選択します。

テスト計画のサマリ ページから

  1. テスト ケースを追加したいテスト プランの行の[新規テスト ケース新規テスト ケース アイコンを選択します。
  2. [Create Test Case]エディタ上で、必要に応じてフィールドに入力します。
  3. 保存して終了]を選択します。

ワーク アイテムの詳細ページから

  1. ワーク アイテムのサマリ ページで、ハイパーリンクされたワーク アイテムの名前を選択します。
  2. 詳細ページで、リボンの[テスト ケース]リンクを選択します。
  3. テスト ケースのサマリ ページで、[アクション]-[新規テスト ケース]を選択します。
  4. [新規テスト ケース]エディタで、必要に応じてフィールドに入力します。
  5. 作成]を選択します。

[作業成果物]フィールドには、テスト ケースの生成元として選択したワーク アイテムの ID および名前が自動的に入力されます。

テスト ケースにステップを追加

テスト ケースを成功させるために、テスト ケースにステップを追加してテスト ケース内で完了する必要があるものを指定します。実行される入力ごとに、その入力で生じるシステム状態が予期されています。ユーザの入力および予期されるシステム結果のすべての組み合わせは、テスト中の実際の状態である最終確認ステップで終わります。

 

QDP の詳細ページからのテスト ステップの追加または編集

[テスト ケース QDP]ページから、[ステップ]アイコンをダブルクリックします。

新規テスト ステップの追加方法

  1. ステップ エディタで、[+ ステップ]を選択します。
  2. 関連する要件で詳述されている、システムの状態を得るために実行する必要のある各ステップを入力します。フォーマット用にリッチ テキスト フィールドを使用できます。
    • 入力: テストのアクション ステップを入力します。これは必須フィールドです。
    • 予期される結果: アクション ステップに対する、予期されるシステムの応答をリストします。
  3. テスト ケースのすべてのステップを追加したら、検証ステップを入力します。これは、テスト ケースの実行のステータスを評価し、テスト ケースのローカル判定を設定するステップです。
    • 検証入力: テストのアクション ステップを入力します。これは、[予期される結果]を生成するアクティビティです。これは必須フィールドです。
    • 検証の予期される結果: システムの適切なパフォーマンスを確認するために取得する必要のある応答をリストします。[予期される結果]は、システムが正確に設計された機能を満たしていることを実証するコンパレータです。
  4. 保存して終了]を選択します。

 

既存のテスト ステップを変更するには、ステップ[入力]または[予期される結果]を選択し、リッチテキスト エディタを使用して、変更を行います。

テスト ケース エディタからのテスト ステップの追加または編集


  1. テスト ケースの詳細ページで、[アクション]-[編集]を選択します。
  2. [Edit Test Case]エディタの[ステップ]セクションで、[Add a Step]アイコン ステップの追加 を選択し、ステップの数を指定します。
  3. 関連する要件で詳述されている、システムの状態を得るために実行する必要のある各ステップを入力します。フォーマット用にリッチ テキスト フィールドを使用できます。
    • 入力: テストのアクション ステップを入力します。これは必須フィールドです。
    • 予期される結果: アクション ステップに対する、予期されるシステムの応答をリストします。
  4. テスト ケースのすべてのステップを追加したら、検証ステップを入力します。これは、テスト ケースの実行のステータスを評価し、テスト ケースのローカル判定を設定するステップです。
    • 検証入力: テストのアクション ステップを入力します。これは、[予期される結果]を生成するアクティビティです。これは必須フィールドです。
    • 検証の予期される結果: システムの適切なパフォーマンスを確認するために取得する必要のある応答をリストします。[予期される結果]は、システムが正確に設計された機能を満たしていることを実証するコンパレータです。
  5. 保存して終了]を選択します。
: 複数のテスト ステップを含むテスト ケースをインポートする場合、CA Agile Central Add-in for Excel を使用することをお勧めします。

テスト ケースにディフェクトを追加

以下の場所で、テスト ケースから新しいディフェクトを作成することができます。

  • [品質]を選択し、[テスト ケース]を選択します。
    • テスト ケースの[FormattedID]を選択します。
    • サイドバーの[ディフェクト]リンクを選択します。
    • [アクション]ドロップダウン メニューから、[新規ディフェクト]を選択します。
  • イテレーション ステータス]ページのテスト セット下のテスト ケースで
    • グリッド ビューで、テスト ケースのギア メニューを選択します。
    • [子の追加]を選択し、[子タイプ]に[ディフェクト]を選択します。

テスト ケースの編集

テスト ケースを編集すると、フィールドの値やテキストでの説明などの情報を変更したり、テスト ケースのステップを並べ替えたり、ステップの追加および削除を行ったりすることができます。

以下の場所のいずれかからテスト ケースを編集します。それぞれの場所には、テスト ケースの編集へのルートが 2 つあります: サマリ ページおよび詳細ページ。

テスト ケースの削除

  1. 削除するテスト ケースの詳細ページにアクセスします。
  2. アクション]から、[削除]を選択します。

マイ テスト ケース

マイ テスト ケース アプリケーションは個人ダッシュボードの一部です。自分が所有者としてリストされているテスト ケースのみが表示されます。このアプリケーションを、日常的なテスト ケース ワークプレイスとして使用します。

マイ テスト ケース アプリケーションの詳細については、アプリケーション カタログを参照してください。

テスト ケースのフィールド

以下のフィールドは、テスト ケースの説明または詳細の追加に役立てることができます。テスト ケースの作成または編集の際に、これらのフィールドの値を設定することができます。必須フィールドは、詳細ページで赤の * でマークされるか、全画面エディタで赤で強調表示されます。

フィールド 説明
ID システムによって生成された、テスト ケースの ID。ID は、タグのプレフィックスおよび数値から構成されます。システム管理者は、プロジェクトで定義されている各ワーク アイテムの区別用プレフィックスを反映するように、タグをカスタマイズすることができます(ユーザ ストーリーは US、ディフェクトは DE など)。
名前 テスト ケースの名前を入力します。これは必須フィールドです。
テスト ケースのオプションの色インジケータ。
所有者 テスト ケースの所有者。
プロジェクト このテスト ケースが含まれるプロジェクト。これは必須フィールドです。
説明 テスト ケースの説明です。
テスト フォルダ テスト ケースを割り当てるテスト フォルダの追加、削除、または変更を行います。各アクションでは、自動リビジョン エントリが作成されます。注: このフィールドは、サブスクリプションに Quality Manager が含まれる場合にのみ表示されます。
目標 テスト ケースの目的を説明します。
作業成果物

ユーザ ストーリーやディフェクトなど、テスト ケースに関連付けられているワーク アイテムを指定します。ワーク アイテムからテスト ケースを生成した場合、この関連付けは自動的に作成され、テスト ケースの生成元のワーク アイテムの名前が表示されます。

ワーク アイテムを手動で関連付けるには、[選択]選択 アイコンをダブルクリックし、選択ウィンドウからワーク アイテムを選択します。

タイプ リグレッション、受け入れなど、実行されているテストのタイプを指定します。これは必須フィールドです。
メソッド テスト ケースに対して使用されるテスト方法を示す、[手動]または[自動化]のいずれかを選択します。これは必須フィールドです。
優先順位 このテスト ケースの重要度を指定します。これらの値は、サブスクリプション管理者がカスタマイズすることができます。
ステップ [検証入力]および[検証の予期される結果]は、テスト ケースに対して入力される実際のステップおよび各検証ポイントを表します。検証入力は必須です。
前回の評価 テスト ケースの最新の実行の判定。このフィールドは、テスト ケースが実行される度に自動的に更新されます。[前回の評価]はテスト ケースの編集中には表示されず、テスト ケースの詳細を表示するときにのみ表示されます。
前回の実行 テストの実行の日付。[前回の実行]はテスト ケースの結果ページで入力され、ここには読み取り専用フィールドとして表示されます。
前回のビルド テストされた最後のソフトウェア ビルドの数。[前回のビルド]はテスト ケースの結果ページで入力され、ここには読み取り専用フィールドとして表示されます。
カスタム フィールド このセクションには、ワークスペースとその関連する値に追加された任意のカスタム フィールドが一覧表示されます。このセクションは、管理者がカスタム フィールドを追加した場合にのみ表示されます。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。