Webhook の管理

 

この機能は現在ベータ版です。黄色の[フィードバック]ボタンをクリックして、ユーザ エクスペリエンスを改善する方法についてお知らせください。

 


 

Webhook を使用すると、ルールがトリガされたときに外部サーバに情報を送信する CA Agile Central でルールを作成できます。サブスクリプション管理者のみが Webhook を管理できます。

Webhook は通常、コードをリポジトリにプッシュする、ブログにコメントを投稿するなどのイベントによってトリガされます。 イベントが発生すると、ソース サイトは、Webhook 用に構成された URI に対して HTTP 要求を行います。 ユーザは、あるサイトのイベントが別のサイトの動作を呼び出すように設定できます。

Webhook の便利なアプリケーションには、以下のものがあります。

  • 単一のアーティファクトが変更されたときに更新を受信する
  • サブスクリプション内のアーティファクトが変更されたときに更新を受信する

[Webhook]ページには、サブスクリプションに存在するすべての Webhook が表示されます。サブスクリプション管理者は、どの Webhook が使用されているのか、および誰が使用しているのかを表示することができます。これにより、サブスクリプションのデータのセキュリティが保証されます。

Webhook の作成と編集の詳細については、API ドキュメントを参照してください。

[Webhook]ページで、サブスクリプション管理者は、サブスクリプションおよびワークスペースの Webhook を表示、有効化、無効化、および削除できます。各 Webhook には、以下の詳細がリストされます。

  • 名前
  • アプリケーション リンク
  • Webhook の作成者
  • Webhook のリビジョン日付
    • 日付設定は、プロフィールで設定した日付と時刻の形式に基づいています
  • アクティブ(オンまたはオフ)
    • [アクティブ]トグルが[オン]の場合、Webhook は起動します

Webhook を削除するには、Webhook の隣にあるギア アイコンをクリックし、[削除]を選択します。確認のポップアップ上の[確認]をクリックします。これにより、Webhook が完全に削除されます。

すべての Webhook のマスタ スイッチとして機能するサブスクリプション エディタから、すべての Webhook を無効にすることができます。[Webhook]ページで Webhook がアクティブとしてリストされていても、Webhook がサブスクリプション エディタから無効にされていると、Webhook は非アクティブになります。Webhook は、デフォルトで有効になっています。

サブスクリプション エディタからすべての Webhook が無効にされている場合、[Webhook]ページに、設定を変更するリンクを含む以下のバナーが表示されます。

すべての Webhook を有効化または無効化するには、以下の手順に従います。

  1. [サブスクリプション]メニューをクリックします。
  2. [アクション]ドロップダウン メニューから、[サブスクリプションの編集]をクリックします。
  3. [管理者機能]セクションで、[Webhook の有効化]フィールドをオンまたはオフにします。
  4. 保存]をクリックします。

    注意: サブスクリプション内のすべての Webhook を無効にすると、Flowdock と CA Agile Central の統合も無効になります。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。