Mercurial

Mercurial から CA Agile Central へのコネクタは、Mercurial システムをスキミングして 最近のコミットを探すコードで構成されています。コミット メッセージから情報を抽出し、変更セットおよび変更情報を 設定ファイルの仕様に従って CA Agile Central SCMRepository に ポストします。コネクタは、会社のコンピュータのうち 1 つのみにインストールする必要があります。

コミット メッセージにフォーマット ID (例: US42)を含めることができます。コネクタは、設定済みのリポジトリのすべてのコミットを処理し、それらのコミットに関する情報を CA Agile Central 内の変更セットおよび変更オブジェクトにプッシュします。コミット メッセージに有効な FormattedID が見つかった場合、コネクタによって作成された変更セットはそのディフェクト、ストーリー、または CA Agile Central でのタスクに関連付けられます。

ワークフロー例: CA Agile Central で DE42 が割り当てられた場合。コードの変更やコミットを行う際には、コミット内に「Found an issue with line breaks - fixed DE42」のようなメッセージを含めます。コネクタは、そのコミット メッセージを検索し、コミットに関する情報を CA Agile Central 内のディフェクトにリンクします。

コネクタのインストール、設定、および使用については、「Mercurial Installation & User Guide」を参照してください。

Cost

Free

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。