オープンなディフェクトの経過時間

オープンなディフェクトの経過時間アプリケーションは、プロジェクトのオープンなディフェクトの平均経過時間を追跡します。

オープンなディフェクトの経過時間

情報

アプリケーションの 3 つの領域で、チームがどのようにディフェクトをクローズしているかについての情報が提供されます。

グラフ

過去 30 日間のオープンなディフェクトの平均経過時間を示すチャートがアプリケーションの上部に表示されます。線の上の点にカーソルを合わせると、その日の詳細な平均経過時間が表示されます。

最も古いオープンなディフェクト

最も古いオープンなディフェクト テーブルには、プロジェクトで最も古い 5 つのディフェクトと、各ディフェクトがオープンである日数のカウントが表示されます。以下のことを実行できます。

  • ディフェクトの[フォーマット済み ID]および[名前]フィールドが表示されます
  • ディフェクトのフォーマット済み ID をクリックして、アイテムの詳細ページに移動します
  • 列名をクリックしてデータを並べ替えます

高優先度のディフェクトを最初に解決するか

このテーブルには、ディフェクトで使用可能な[優先順位]フィールドの値と、各優先順位の平均経過日数が表示されます。

  • [優先順位]フィールドのカスタム値を作成した場合は、その値がテーブルに表示されます
  • 列名をクリックしてデータを並べ替えます

チャート データの解釈

オープンなディフェクトの平均経過時間は、現在オープンなディフェクトが未解決のままでいる時間の尺度です。ほとんどの場合、平均経過時間を減らすことは理にかなっています。これは、目立ったディフェクトがあまりなく、顧客が修正を待つ時間が長くないことを示しています。

メンテナンス状況の全体像を明らかにするために、オープンなディフェクトの平均経過時間は、メトリックを修正するための平均時間(ディフェクトを修正するのにかかる平均時間)と共に解釈される必要があります。

[高さの自動調整]設定を使用して、表示データの量に基づいてアプリの垂直方向のスペースを自動的に調整します。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。