Microsoft Visual Studio/TFS 2008/2010 用 CA Agile Central プラグインのインストールおよびユーザ ガイド

Visual Studio/TFS (Team Foundation Server)用 CA Agile Central プラグインは、.NET の開発者およびテスターが CA Agile Central のアーティファクトを VS/TFS Version Control のチェックインにリンクして、CA Agile Central のアーティファクトとコード チェックインの間のトレーサビリティを実現するための簡単な方法を提供します。

サポートされているバージョンは、Visual Studio 2008 または 2010 と、Team Foundation Server 2010 または 2012 です。

このプラグインは、以下の 2 つの異なるレベルで動作できます。

  1. VS (Visual Studio)だけをインストールしている場合、このプラグインは、VS のディフェクトまたはタスクへ更新を CA Agile Central にプッシュします。
  2. TFS (Team Foundation Server)もインストールしている場合、このプラグインは、VS のプラグイン画面に「CheckIn」ボックスも表示します。

1. 概要

アプリケーション開発に Microsoft Visual Studio を使用し、Team Foundation Server ソース管理を使用している開発者およびテスターに対して、Visual Studio プラグインは、Visual Studio のコンテキスト内からタスクおよびディフェクトへの瞬時のアクセスを提供します。タスクおよびディフェクトを表示または更新でき、IDE を離れることなく、CA Agile Central で情報を簡単に相互入力する方法を提供します。Team Foundation Server プラグインは、CA Agile Central のアーティファクトを Team Foundation Version Control のチェックインにリンクして、CA Agile Central のアーティファクトとコード チェックインの間のトレーサビリティを実現するための簡単な方法を提供することで、この機能を拡張します。 Team Foundation Server プラグインは、CA Agile Central のアーティファクトを Team Foundation Version Control のチェックインにリンクして、CA Agile Central のアーティファクトとコード チェックインの間のトレーサビリティを実現するための簡単な方法を提供することで、この機能を拡張します。

2. ソフトウェアとハードウェアの要件

CA Agile Central の任意のページの下部にある[サポートに問い合わせ]リンクをクリックすると、Team Foundation Server 用 CA Agile Central プラグインを入手するためのサポート ケースが開きます。応答を受信してインストール パッケージを取得したら、以下のタスクに進みます。

以下に、CA Agile Central Team Foundation Server プラグインをインストールして実行するためのハードウェアとソフトウェアの要件を示します。

  • Visual Studio 2008 または 2010
  • ソース管理を含む Team Foundation Server 2010 または 2012

*32 ビットの Windows XP および 64 ビットの Windows 7 でテスト済み

3. インストール

プラグインの実行を計画している各 Visual Studio クライアントに、CA Agile Central Team Foundation Server プラグインをインストールします。複数バージョン(Visual Studio 2008 用に 1 つ、Visual Studio 2010 用に 1 つ)のプラグインのインストールはサポートされていません。

3.1 新規インストール

  1. RallyforVisualStudio20xx_1.x.x.msi ファイルをダブルクリックします。
  2. ようこそ画面が表示されたら、[次へ]をクリックします。
  3. 使用許諾契約に同意して続行します。
  4. [次へ]をクリックして、インストールを確定します。

インストーラによってファイルがコピーされ、ファイル システムが設定されます。

管理者インストール: 管理者の場合、インストーラは、プラグインのインストール先となる Visual Studio のバージョンのほか、ログインしているユーザに対してのみプラグインを利用可能にするか、またはすべてのユーザに対して利用可能にするかを確認するダイアログ ボックスを表示します。そのマシンにログインするすべてのユーザが CA Agile Central プラグインを使用できるようにするには、[Make this installation available to Everyone (すべてのユーザに対してこのインストールを利用可能にする)]チェックボックスをオンにします。

管理者でない場合、インストーラは、ログインしているユーザに対してのみプラグインをインストールします。

3.2 既存のインストールのアップグレード

プラグインは、マシンにインストールされている以前のバージョンを削除します。ただし、同じバージョンをインストールしようとすると、セットアップで、現在のインストールを修復または削除するオプションを含むメッセージが表示されます。この問題を解決するには、以下の手順に従います。

  1. [スタート]-[コントロール パネル]-[プログラムの追加と削除]に移動し、[Rally for Visual Studio]を選択して、[削除]をクリックします。または、RallyforVisualStudio20xx_1.x.x.msi ファイルをダブルクリックし、[Remove Rally for Visual Studio (Rally for Visual Studio の削除)]を選択します。
  2. 「3.1 新規インストール」の手順に従います。

4. プラグインのトラブルシューティング

4.1 インストールのトラブルシューティング

CA Agile Central のエントリ ポイント アイコンが[ツール]メニューに表示されない場合は、以下の手順に従って、手動でプラグインを開始します。

警告: 以下の 3 つの手順の正確性/妥当性は疑問視されています。新しいデータが入手され次第、修正される予定です。

  1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Visual Studio 2010/2013]-[Visual Studio ツール]-[Visual Studio 2008/2010 コマンド プロンプト]に移動します。
  2. devenv.exe/resetaddin RallyPlugin.Connect」を入力します。

    新しい Visual Studio インスタンスが開始されます。

  3. CA Agile Central のプラグイン メニューに、[ツール]メニューが表示されます。

4.2 チェックイン ボタンのトラブルシューティング

チェックイン ボタンが表示されない場合は、以下の項目を確認します。

  1. ソリューション エクスプローラでプロジェクトまたはソリューションが開いていることを確認します。
  2. 開いているプロジェクトまたはソリューション内のファイルが TFS ソース管理に追加されていることを確認します。

4.3 ワークスペース ユーザの取得中にプラグインがハングアップする

CA Agile Central プラグインにログインした後、Visual Studio ウィンドウの右下隅に表示されるメッセージが「Getting workspace users... (ワークスペース ユーザを取得しています...)」で停止してハングアップした場合は、この(CA Agile Central の)ユーザに以下のような「デフォルトのワークスペースまたはプロジェクト」があることが原因である可能性があります。

  • ユーザが、このワークスペースまたはプロジェクトへのアクセス権を持つ唯一のユーザである。
  • ユーザのこのデフォルト設定が、「<<エントリなし>>」(たとえば、ワークスペースまたはプロジェクトがない)として定義されている。

4.4 イテレーション フィルタ ドロップダウンのデータをロードできない

クリーン アンインストールを行わないと、バージョン 1.6.3 以前のプラグインの実行時、または 1.6.4 以降へのアップグレード後に、以下のエラーが発生する可能性があります。

「Unable to load data for Iterations filter drop-down due to a recent error. Please click 'Refresh List' to reload list. (最近のエラーのため、イテレーション フィルタ ドロップダウンのデータをロードできません。[リストのリフレッシュ]をクリックして、リストを再ロードしてください)」

この問題は、A)正常にログインした後、または B)[Refresh List (リストのリフレッシュ)]ボタンをクリックしたときに、プラグインがイテレーション リストを更新しようとすると発生する可能性があります。これは既知の問題であり、バージョン 1.6.4 以降のプラグインで解決されています。以前のバージョンのアドインを実行していた場合は、このエラーを解決するために、(現在のインスタンスのアンインストール後に)クリーン再インストールが必要となる場合があります。クリーン再インストールは重要です。再インストールの前に、以下の手順に従って現在のインスタンスをアンインストールしてください。

  1. Visual Studio を閉じます。
  2. Visual Studio の現在のプラグインをアンインストールします([コントロール パネル]-[プログラムと機能])。
  3. Windows エクスプローラ ウィンドウで、以下(Windows 7 の例)に移動します。
  4. 「C:\Users\username\Documents\」(または、ご使用のバージョンの Windows の同等のフォルダ)
  5. 「ドキュメント」フォルダから「RallyPlugin」という名前のフォルダを削除します。
  6. インストール MSI からプラグインを再インストールします。

4.5 一般的なトラブルシューティング

アクティビティ ログは、プラグインに発生したすべてのエラーを追跡します。プラグインの使用時に問題が発生した場合は、以下の場所にあるログ ファイルを確認してください。

  • Windows XP: %UserProfile%\My Documents\RallyPlugin\ForVS2010\RallyLog\ActivityLog.log
  • Windows 7: %UserProfile%\Documents\RallyPlugin\ForVS2010\RallyLog\ActivityLog.log

たとえば、2010 年 11 月 3 日のログには 20101103ActivityLog.log という名前が付けられ、このディレクトリに格納されます。

5. CA Agile Central Team Foundation Server プラグインの使用

5.1 Visual Studio からの Team Foundation Server プラグインの表示

  1. Visual Studio を開きます。
  2. メニュー バーで[ツール]をクリックし、[CA Agile Central]を選択します。
  3. [ログイン]をクリックし、セットアップ ページでユーザ認証情報を入力します。
  4. 該当する場合は、プロキシ サーバ情報を入力します(サーバ情報については、ローカル システム管理者にお問い合わせください)。
  5. [OK]をクリックします。

5.2 ワークスペース、ディフェクト、およびタスクの取得

プラグインから CA Agile Central に正常にログインしたら、CA Agile Central で、CA Agile Central ユーザのデフォルトのワークスペースに対して[タスク]リストと[ディフェクト]リストが表示されます。ユーザにデフォルトのワークスペースがあるかどうかを確認するには、CA Agile Central で[セットアップ]-[プロフィール]-[プロフィールの編集]に移動します。

  • デフォルトのワークスペースがない場合は、アルファベット順に格納されている、表示権限のある最初の開いているワークスペースが表示されます。
  • Visual Studio ユーザが所有していて、閉じていない(完了していない)タスクおよびディフェクトだけが表示されます。
  • ワークスペース ドロップダウンには、ユーザが表示権限を持つ開いているワークスペースがすべて表示されます。
  • デフォルトでは、[タスク]タブが選択され、[タスク]リストが表示されます。[ディフェクト]タブをクリックすると、[ディフェクト]リストが表示されます。
  • [ワークスペース]選択メニューから別のワークスペースを選択すると、現在の[タスク]リストと[ディフェクト]リストが、選択したワークスペースの情報で自動的に更新されます。

5.3 タスクおよびディフェクトの更新

編集するディフェクトまたはタスクの行をクリックします。

変更を承諾したりキャンセルしたりするには、右上隅にある[保存]アイコンと[キャンセル]アイコンを使用します。これらのアイコンは、アーティファクトをインライン編集する際の CA Agile Central の[保存]アイコンおよび[キャンセル]アイコンと同じです。

5.4 Team Foundation Server ソース管理からのコードのチェックイン

  1. [ファイル]-[Visual Studio で開く]で、ソリューションまたはプロジェクトを開きます。このソリューションまたはプロジェクトがソース管理に追加されたことを確認します。
  2. [ツール]-[CA Agile Central]に移動します([CA Agile Central]ウィンドウが現在開いていない場合)。ディフェクトまたはタスクの行の右端に、チェックイン ボタンが表示されます。
  3. Visual Studio でファイルが変更され、チェックインの準備が整ったら、変更されたファイルに関連する CA Agile Central のアーティファクトの該当する行で、[チェックイン]をクリックします。
  4. [チェックイン]ダイアログ ボックスで、チェックインする該当するファイルを選択し、変更セットに関するコメントを入力します。
  5. [チェックイン]をクリックして確定します。
  6. この操作が完了したら、Visual Studio の変更されたファイルを右クリックし、[履歴を表示する]を選択して、履歴内で最後の変更セットと、CA Agile Central のアーティファクトへの参照を確認します。
  7. CA Agile Central のアーティファクトについては、フォーマット済みの ID (DE1、TA23 など)のリンクをクリックして、アーティファクトに直接移動します(CA Agile Central へのログインが求められる場合があります)。
  8. CA Agile Central で CA Agile Central のアーティファクトを表示すると、Visual Studio の変更に基づいて CA Agile Central 内でフィールドが更新されていることがわかります(たとえば、ディフェクト状態を更新した場合、CA Agile Central で同じ状態が設定されています)。
  9. CA Agile Central のアーティファクトには、適切にフォーマットされたテーブル ビューに変更セット、コメント、変更の所有者、および変更されたファイルのリストに関する情報を表示する、新しいディスカッション エントリも含まれます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。