開発者向け CA Agile Central クイックスタート

1 日 2 回、5 分間。

開発者、テスター、ライタ、またはチームへのその他のコントリビュータとして、CA Agile Central の進捗状況を常時更新する必要があります。以下の最初のセクションを参照して、すぐに作業を開始するための基本事項を学んでから、ワークフローを改善するためにさらに読み進めてください。

単に自分のタスクを更新する必要がある場合

CA Agile Central の[イテレーションのステータス]ページには、現在のイテレーションまたはスプリント内のすべての作業が表示されます。ここで所有するアイテムのステータスを更新することができます。

ページの左側にあるイテレーション追跡アプリケーションには、チームの進捗状況をボードまたはグリッド形式で表示できます。ボード ビューは、チームがそのコミットメントに時間内に対応するかどうかを予測するのに適し、グリッド ビューは、複数の作業アイテムのステータスを更新するのに適しています。グリッドに表示する作業アイテム フィールドをカスタマイズすることもできます。

ボードからのタスクの更新

  1. カードに表示されるタスク ステータス アイコンを選択します。
  2. タスク詳細ポップアップで、編集するフィールドをダブルクリックします。
  3. 新しい値を入力するか、またはドロップダウン リストから新しい値を選択します。
  4. 別のフィールドを選択して直前の編集内容を保存するか、または Tab キーを使用して右側方向の次のフィールドを編集します。
  5. 詳細表示の外を選択して閉じます。

グリッドからのタスクの更新

  1. ストーリーまたはディフェクトの左側のアイコンを選択して、関連付けられたタスクを表示するか、またはすべて展開アイコンを選択します。
  2. 編集するフィールドを選択します。
  3. 新しい値を入力または選択します。
  4. Tab キーを使用して右方向の次のフィールドを編集するか、または Enter キーを使用して下方向の次のフィールドを編集します。
  5. グリッドの外を選択すると、最新の編集内容が保存されます。

ボードまたはグリッドからのストーリーまたはディフェクトの更新

タスクに関連付けられるユーザ ストーリーまたはディフェクトの内容を編集する必要がある場合は、アイテムの詳細ページを表示して、利用可能なすべてのフィールドを編集することができます。

作業アイテムの詳細ページが表示されます。フィールドを選択してインライン編集し、タブを使用したりキーを入力して、編集のフォーカスを移動します。フィールドから移動すると、加えられたすべての編集が保存されます。

これら 3 つの方法では、担当している作業アイテムのステータスを更新できます。以降のセクションでは、作業の効率化に役立つ追加の設定を行う方法について説明し、チームおよびリーダに必要なデータを提供します。

更新する作業を見つける方法

イテレーション(スプリントとも呼ばれる)を使用しているチームは、[イテレーションのステータス]ページに移動して、現在のタイムボックス内のすべての作業アイテムを表示および更新することができます。

CA Agile Central でアプリケーション、カスタム クエリ、およびフィルタを使用して、担当している作業を見つけることもできます。

マイ タスク アプリケーション

初回ログイン時にコントリビュータ ロールを選択すると、デフォルトでダッシュボードにマイ タスク アプリケーションが追加されます。別のロールを選択するか、または前にアプリケーションを削除した場合は、このアプリケーションをもう一度追加できます。

ダッシュボードまたはカスタム ページにアプリを追加する方法について説明します。

マイ タスク アプリケーションは、以下のデフォルトのクエリを使用して事前設定されたカスタム グリッド アプリケーションです。

((State != Completed) AND ((Owner = {user}) AND ((Iteration.StartDate = today) AND (Iteration.EndDate >= today))))

デフォルトで、このアプリケーションには、現在のイテレーション内の完了していないすべての所有タスクが表示されます。タスクが完了としてマークされるか、または別の所有者に移動されると、アプリケーションから削除されます。

チームがイテレーションを使用していない場合は、以下のようにこのクエリを変更できます。

((State != Completed) AND (Owner = {user})

上記のクエリは、タイムボックスに関係なく、完了していないすべての所有タスクを表示します。クエリをさらに変更して、所有するタスクの特定のセットを見つけることもできます。

アプリがフィルタおよび必要な列で設定されている場合は、表示されているほとんどのフィールドをインライン編集できます。

通知

関係のある特定の作業アイテムが作成または変更された場合に通知するルールを設定することができます。通知は、電子メールで送信するか、またはダッシュボード上のアプリケーションに表示することができます。

通知ルールを作成するには、以下の手順に従います。

  1. CA Agile Central の右上隅にあるドロップダウン リストを選択し、[マイ設定]を選択します。
  2. ページの上部にある[通知]リンクを選択します。
  3. ドロップダウン リストから作業成果物タイプを選択します。
  4. [アクション]を選択し、[新規通知ルール]を選択します。
  5. ルールの名前を指定し、[条件の追加]ボタンを使用して、トリガ条件を追加します。
  6. [保存して閉じる]を選択します。

作業アイテムを見つけるために使用したり変更したりできる、いくつかのサンプル ルールを以下に示します。

  • 自分に割り当てられた新しいディフェクト: Object ID=Changed; Owner=me
  • 新規優先度の高いディフェクト: Object ID=Changed; Priority=Resolve Immediately; Priority=High Attention
  • 自分の新しいタスク: Owner=Changed to me
  • 失敗するテスト ケース: Owner=me; Last Verdict=Fail

作業中にバグが見つかった場合

ディフェクトは、品質の問題に対処および追跡する作業アイテムで、これも[イテレーションのステータス]ページからスプリント内で管理されます。一部のタイプのディフェクトは、イテレーションを入力する前にチームが確認およびスケジュールする必要があるので、最初に CA Agile Central の別のページで入力されます。

現在のユーザ ストーリーで行われた作業に関連するディフェクトを発見した場合

現在開発中のユーザ ストーリーに関連するディフェクトを検索する場合は、ディフェクトをストーリーに関連付けて作成する必要があります。この作業は、イテレーション追跡アプリケーションのボード ビューまたはグリッド ビューから自動的に行うことができます。

  1. ユーザ ストーリー カードにカーソルを合わせ、プラス アイコンを選択します。
  2. [ディフェクト]を選択します。
  3. ディフェクト詳細の表示で、[新規追加]を選択します。
  4. ディフェクトの名前を入力し、[詳細の追加]を選択します。
  5. 必須フィールドおよびオプションのフィールドの値を入力し、[保存して閉じる]を選択します。
  6. カードが更新されて、ディフェクトが開かれたことが示されます。

現在の作業に無関係な回帰ディフェクトが検出された場合

現在のイテレーション作業に無関係なディフェクトが検出されたら、ディフェクトをスタンドアロンの作業アイテムとして作成する必要があります。チームの残りが作業を停止する原因となる重大な問題がない限り、現在のイテレーションではこの新しいディフェクトへの対応は行われません。新しいディフェクトはバックログに存在し、定期的な計画ミーティング中にチームによってランク付けおよびスケジュールされます。

プロダクト オーナーのレビューおよびランク付けを確保するために、[バックログ]ページからスタンドアロンのディフェクトを作成します。

[バックログ]ページで、以下の手順に従います。

  1. バックログの上部付近にある[新規追加]ボタンを選択します。
  2. [作業アイテム タイプ]ドロップダウン リストから[ディフェクト]を選択します。
  3. ディフェクトの名前を入力し、[詳細の追加]を選択します。
  4. 必須フィールドおよびオプションのフィールドの値を入力し、[保存して閉じる]を選択します。

チームと組織の目標を満たすためのアイデアがある場合

その場合、チーム メンバはチーム ミーティングでレビュー、見積もり、および優先順位付けを行えるように、バックログで新しいユーザ ストーリーを作成することをお勧めします。[バックログ]ページで、新しいストーリーを作成できます。

[バックログ]ページで、以下の手順に従います。

  1. バックログの上部付近にある[新規追加]ボタンを選択します。
  2. [作業アイテム タイプ]ドロップダウン リストから[ユーザ ストーリー]を選択します。
  3. ストーリーの名前を入力し、[詳細の追加]を選択します。
  4. 必須フィールドおよびオプションのフィールドの値を入力し、[保存して閉じる]を選択します。(優れたユーザ ストーリーの作成のヒント)

新しいストーリーを保存すると、ページの最下位のランクに配置されます。バックログ グルーミング ミーティング中、およびその他の計画ミーティングの余分な時間に、プロダクト オーナーは新しく入力されたストーリーをチームと共にレビューし、ディスカッションを行います。

どのような設定を行う必要があるか

ユーザ プロフィールと設定

プロジェクトで作業アイテムを作成および編集しているユーザを他のユーザが識別できるよう、自分のプロフィールを設定します。プロフィールに連絡先詳細を一覧表示しておくと、チームと CA Agile Central 管理者は、異なるサイト間で問題に対処することができます。

プロフィールの設定と編集の方法、および設定の詳細については、以下を参照してください。

プロフィール ページに表示されるフィールドは、すべて編集できるとは限りません。一部のフィールドは管理者によって設定されます。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

  • チームが Agile を初めて使用する場合は、CA Agile Central の更新の背後にあるプロセスについて、当社のリソースを確認してください。