リリースと繰り返しのバーンダウン

Agile Central to Go では使用できません。

リリースとイテレーションのバーンダウン チャートは、追加の機能を備えたイテレーションのバーンダウン チャートのように動作します。

リリースと繰り返しのバーンダウン

設定に基づいて、To Do 系列(青色の線)ではストーリー ポイントまたはカウントがバーンダウンされます。同様に、承諾済みの系列(緑色の線)ではストーリー ポイントまたはカウントがバーンアップされます。最適な(黒い)線は、リリースまたはイテレーションで定義されているポイントの最大数です。承諾済みのストーリーには、承諾済み以降のスケジュール状態が含まれます。

予測系列はアクティブなリリースでのみ表示されます。この系列には、チームがリリースとイテレーションがいつ完了するかを予測するのに役立つ高度なアルゴリズムが含まれています。このアルゴリズムでは、最新の安定したベロシティ(承諾された系列の傾き)と現在のスコープを確認して、現在のスコープが完了する可能性が最も高い時間を予測します。このアルゴリズムの先進性は、最近の安定した期間を選択する方法にあります。

チャートのズーム インまたはズーム アウトによって、リリースを見やすくすることができます。ズーム バーの[-]ボタンと[+]ボタンを使ってビューを調整します。デフォルトのズーム倍率は月単位から週単位です。年単位から四半期単位、および週単位から日単位に、ズーム倍率を調整することができます。

グローバル設定

このチャートは、グローバル プロジェクト設定にスコープされます。スコープされたダッシュボードまたはカスタム ページで、チャートはページのスコープ設定に従います。グローバル プロジェクト設定に関係なく、別のプロジェクトの作業を表示するには、[特定のプロジェクトを選択する]を選択します。

リリースとイテレーションのバーンダウン設定

ワークスペースの設定

リリースとイテレーションのバーンダウンがページに追加されると、デフォルトで設定ビューが表示されます。このチャートに固有の設定オプションは以下のとおりです。

レベル

チャートには、選択したリリースの進捗状況がデフォルトで示されます。また、1 回のイテレーションのバーンダウンを表示することもできます。

データ型

チャートでは、デフォルトでストーリー ポイント(ストーリー計画見積もり)がバーンダウンされますが、ストーリー数によるバーンダウンも表示できます。ストーリー計画見積もりは、チーム全体の作業を表す相対的な概念上の値です。ストーリー数は、ストーリーの実際の数です。

グラフの種類

デフォルトで、To Do 値と承諾済みの値が線として表示されます。これらの値は列として表示できます。

イテレーションのラベルを表示

イテレーションのラベルを表示するかどうかを選択できます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。