リリース追跡

 

この機能は現在ベータ版です。黄色の[フィードバック]ボタンを選択して、ユーザ エクスペリエンスを改善する方法についてお知らせください。

プログラム マネージャ、製品所有者、エンジニアリング リード、およびその他のオーガナイザは、[リリース追跡]ページから、一般的なリリースにおけるチームと機能のステータスを追跡できます。

リリースに計画されているフィーチャー(または、カスタム名が付けられた最下位ポートフォリオ アイテム)はページの左側に表示されます。これを右側に表示されているチームとイテレーションのマトリクスと比較できます。

トピックは次のとおりです。

リリースの全体的なステータスの表示

デフォルトでは、現在のリリースが表示されます。ページの上部にあるドロップダウン リストから追跡するリリースを選択します。

注: 同じプロジェクト スコープ内に複数の同時リリースがある場合は、開始日が最も早いリリースがデフォルトで選択されます。

グリッドの単位]ドロップダウンを使用して、ストーリー ポイントまたは関連ストーリー数を基準に作業ステータスを追跡します。選択を反映するように、機能ブロックおよびステータス インジケータの値が更新されます。

ページの右上隅のアイコンを使用して、マトリクス、チャート、および依存ビューを切り替えます。

リリース別の依存関係の表示

依存関係アイコンを選択すると、選択されたリリース内で他のフィーチャーに依存するすべてのフィーチャーが表示されます。依存関係に含まれるその他のアイテムが選択されたリリースに割り当てられていない場合でも、リリースが割り当てられている依存関係を持つすべてのアイテムが表に表示されます。 

フィーチャーと作業の追跡

ページの左側には、選択されたリリースに計画されているすべての機能と作業が表示されます。

3 つのタイプの機能がリストに行として表示されます。

  • 直接機能は、選択したリリースに関連付けられていて、イテレーションに対応する作業が存在するポートフォリオ アイテムです。これらの機能には、ランク番号の数字が表示されます。
  • 派生機能には、ランク値 D が表示されます。これらのポートフォリオ アイテムは、ページの先頭でドロップダウン リストから選択されたリリース以外のリリースに関連付けられていますが、ドロップダウン リストで選択されたリリースに関連付けられているストーリーまたはディフェクトがある可能性があります。スコープされたプロジェクト チームやチームではなく、リリースに割り当てられているフィーチャーも、派生フィーチャーとして表示されます。
  • 親がない行は、選択したリリースまたは関連するイテレーションに関連付けられているものの、親としてのポートフォリオ アイテムがまだ設定されていないユーザ ストーリーまたはディフェクトのグループを表しています。

フィーチャーの詳細ページに移動するには、強調表示された ID リンクを選択します。

ランクと並べ替え

デフォルトでは、リストはランクの昇順に並べ替えられます。ランクは、リリース内の作業アイテムの位置によって決まります。したがって、ランク D で識別された派生機能が、数字のランクが設定された機能と共にリストに表示されることがあります。これは、連続したランク順序を表示するために、リストのすべてのアイテム(直接および派生)のランクを最初に決めてから、直接機能に再度番号を割り当てるランキング システムのプロセスによるものです。

列名を選択して、ランクとその他の列を並べ替えます。

注: 当社はフィードバックを歓迎します。別のランキング方法による直接フィーチャーと派生フィーチャーの表示が見たい場合や、[リリース追跡]の改善に関してその他のアイデアがある場合は、ページの右上隅にある[フィードバック]ボタンをクリックして、コメントを送信してください。

検索

特定の機能を検索するには、リストの上部にある検索フィールドに名前または ID の一部を入力します。入力すると結果が表示されます。

個々のフィーチャーの追跡

フィーチャーの進捗状況を追跡するには、リストで行を選択します。

関連する作業は、右側のイテレーション グリッドに強調表示されます。

フィーチャーの作業を実行していないチームは、グリッドに折りたたまれた行として表示されます。

フィーチャーの行を再選択すると、フィーチャーの選択が解除されて、グリッドは元の状態に戻ります。

注: リリースに関連付けられている直接フィーチャーのみを選択できます。

問題の特定

ステータス インジケータは、リリースの各機能の進捗状況が一目でわかるように、色分けされています。インジケータに表示される色には、[ポートフォリオ アイテム]ページにある色分けアルゴリズムと同じものが使用されます。

リリースにすべての機能が計画されると、直接機能のステータス インジケータに完了率の値が表示されます。フィーチャーの一部の作業のみが現在のリリースとプロジェクト スコープに計画されると、完了した作業アイテムの数と計画された作業アイテムの数が派生フィーチャーに表示されます。

ステータス インジケータを選択すると、ポップアップに追加の詳細が表示されます。

詳細は次のとおりです。

  • 開始予定日と終了予定日
  • 承認済みストーリー ポイント
  • 承認済みストーリーの数
  • 承認済みディフェクトの数
  • 関係するチーム
  • 問題

フィーチャー、ユーザ ストーリー、またはディフェクトに問題がある場合は、[問題]列に アイコンが表示されます。このアイコンまたはステータス インジケータを選択すると、詳細が表示されます。

この機能での以下のシナリオに関する問題がレポートされます。

  • ブロックされたユーザ ストーリーまたはディフェクト。
  • リリース不一致 - 1 つ以上のユーザ ストーリーに、親のフィーチャーが一致しないリリース割り当てが存在します。
  • ユーザ ストーリーが先行アイテム関係を通じて別のユーザ ストーリーに依存しているが、その先行アイテムが前のイテレーションにスケジュールされていません。
  • [問題]ポップアップは、最も古いアイテムから最も新しいアイテムへの順に、表示が 20 アイテムに制限されています。20 を超える問題がある場合、この制限を超える問題は、 古い問題が解決されるまで表示されません。

注: [問題]アイコンは、スケジュール状態が[承認済み]ではない直接機能の隣にのみ表示されます。

イテレーション間での追跡

ページの右側にあるイテレーション グリッドには、イテレーションおよびチーム別の作業のブレークダウンが表示されます。

チームは、行として表示されます。チーム名を選択すると、行は折りたたまれるか展開されます。

リリースの開始日から終了日までの期間に含まれるそれぞれのイテレーションは列として表示されます。[スケジュール未設定]の列には、イテレーションが割り当てられておらず、リリースに割り当てられているユーザ ストーリーまたはディフェクトが表示されます。

各イテレーション列のチーム作業の上にはステータス インジケータが表示されます。[グリッド単位]ドロップダウンには数値が関連付けられています。ステータス インジケータは[イテレーションのステータス]ページで使用されているルールに従って色分けされます。

  • 緑色は、チームがイテレーションのすべての作業を完了したことを示します。
  • 薄い青色は、作業が現在進行中であることを示します。
  • 濃い青色は、過去のイテレーションで作業が完了しなかったことを示します。

注: 一致するイテレーションとリリースを一括作成方法で作成することにより、すべてのデータがページに正しく表示されるようになります。

フィーチャーのセル

セルのグリッドには、チームが関連ユーザ ストーリーまたはディフェクトの作業を行うときの機能の ID が表示されます。各セルの右側に表示される数字は、計画された作業と承諾された作業の比率を示します。これらの数字は、[グリッド単位]ドロップダウンでの選択内容に応じて変わります。セルを選択すると、イテレーションの作業の詳細が表示されます。

ストーリーまたはディフェクトの詳細ページに移動するには、ID リンクを選択します。

US および DE セルには、イテレーションに含まれてもポートフォリオ アイテムにロールアップされないユーザ ストーリーとディフェクトが表示されます。

依存関係の追跡

機能セルに アイコンが表示されていると、ほかの作業アイテムとの先行アイテム関係が存在します。アイコンを選択すると、リリース内での依存関係を示す矢印が表示されます。

フィーチャーのセルを選択すると、依存関係の詳細がポップアップに表示されます。作業アイテムの詳細ページに移動するには、ID リンクを選択します。

矢印は、灰色または赤で表示される場合があります。

  • 以前計画された作業アイテム上にある依存関係は、灰色です。
  • 潜在的な問題がある依存関係は赤です。これは、たとえば、同じ繰り返しで計画された先行タスク作業アイテム、または後続タスク作業アイテムより後の先行タスク作業アイテムです。
  • 作業アイテム上に複数の依存関係があり、その 1 つが赤の場合、すべてが赤になります。

 

 

注:

  • 依存関係線が表示されるのは、機能が異なるユーザ ストーリー間の依存関係だけです。
  • 同じリリース内のアイテムの間に少なくとも 1 つの依存関係がある場合に限り、依存関係線が表示されます。
  • 縦と横に隣接する機能のセルの間の依存関係線は読みにくい可能性があります。
  • ストーリーがリリースの外部のストーリーに依存している場合、ストーリーのフィーチャーに黄色の三角形が表示されます。

 

バーンアップ チャートの表示

チャート ビューに切り替えるには、ページの右上隅にあるチャート アイコンを選択します。

デフォルトでは、[機能]リストのすべての直接機能からすべてのユーザ ストーリーおよびディフェクトのすべてのポイントまたは数がチャートでバーンアップされます。派生機能の場合は、選択したリリースにスコープされたプロジェクトに割り当てられた作業のみがチャートに反映されます。

そのフィーチャーまたはユーザ ストーリーのグループだけにチャートを絞り込むには、行を選択します。

チャート内のポイントにマウス ポインタを置くと、詳細がポップアップに表示されます。

チャートのフィールド

チャートの各フィールドの詳細については、以下の表を参照してください。

ラベル 意味
概算見積もり

リスト内のすべての機能の概算見積もりの数値の合計。これは、リリースの高いレベルのスコープを表します。機能がリリースに追加されたとき、またはリリースから削除されたときにのみ、このスコープ値は変わります。

Planned Points

リスト内のフィーチャーのストーリーとディフェクト、および親がないユーザ ストーリーとディフェクトに対する計画見積もりの値の合計。この値は、以下の場合に変わります。

  • フィーチャーがリリースに追加されたとき、またはリリースから削除されたとき
  • ユーザ ストーリーまたはディフェクトがリリースのフィーチャーに追加されたとき、またはリリースのフィーチャーから削除されたとき
  • ユーザ ストーリーまたはディフェクトがリリースに追加されたとき、またはリリースから削除されたとき
  • リリースに含まれている任意のアーティファクトの計画見積もり値が変更されたとき
Accepted Points

スケジュール状態が[承認済み]であるストーリーとディフェクトの計画見積もり値の合計。

Released Points

スケジュール状態が[リリース済み]であるストーリーとディフェクトの計画見積もり値の合計。リリースの状態を使用しない場合、この値はゼロです。チャートにはリリース済みポイントの上に承諾済みポイントが積み上げられて表示されますが、リリース ポイントの値に承諾済み状態の作業は含まれないことに注意してください。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。