リリース トレインのバックログ ダッシュボード

リリース トレインのバックログ ダッシュボードを使用すると、プログラム マネージャ、プロダクト マネージャ、およびプログラム チームは、各自のフィーチャー バックログを可視化して、編集(インラインまたは編集可能な詳細ページへのリンク)、ランク付け(ドラッグ アンド ドロップ)、およびアジャイル リリース トレイン用にセットアップされた PSI への割り当てを簡単に行うことができます。このダッシュボードは Agile リリース トレイン計画中の強力なツールとなり、プログラム チームは今後の PSI に向けたフィーチャー コンテンツをインタラクティブに計画できるようになります。

リリース トレインのバックログ

ダッシュボードのセットアップ

カスタム ページの作成および設定

: 以下の手順を完了する前に、カスタム ページのセットアップ手順を参照してください。

カスタム ページに、以下の詳細を入力します。

  • 名前 リリース トレイン ダッシュボード、またはニーズに合ったわかりやすい名前
  • 共有: このダッシュボードを自分だけが使用できるのか、またはワークスペース上の誰でも使用できるのかを適宜選択します
  • フィルタ[なし]を選択します(この設定はこのダッシュボードでは使用できません)
  • カスタム ページのページ レイアウトを指定します
  • カスタム ページの設定
  • 目的のページ レイアウトを指定します。

カスタム グリッド アプリの追加

アプリ パネルの右上隅にある歯車メニューを選択して、カスタム グリッドの[Edit Settings (設定の編集)]を開きます。グリッドを構成する設定を指定して、プログラム リリース トレイン内のフィーチャー リストの視覚化、編集(インラインまたは編集可能詳細ページへのリンク)、およびランク付け(ドラッグ アンド ドロップ)を行い、スケジュールされた PSI に割り当てます。

カスタム グリッドに、以下の詳細を入力します。

  • タイトル: プログラム バックログ フィーチャー、または作業中のリリースに関するわかりやすい名前
  • プロジェクト:特定のプロジェクトの選択]を選択し、作業中のプログラムのスコープを設定して、表示するアイテムのスコープに対する子プロジェクトを指定します
  • オブジェクト[ポートフォリオ アイテムのフィーチャー]を選択して、リリースのフィーチャーを表示します
  • [ランク][ID][名前][説明][投資カテゴリ][概算見積もり]、および[リリース]と、表示するその他のデータを選択します
  • クエリ: プログラムでセットアップしたリリース トレイン PSI に対してセットアップしたリリースのデータベース クエリを指定します
    • (Release.Name = " ") or (Release = " ")
  • 順番 / ページ サイズ: [順番]設定には[Release DESC (リリース DESC)]を指定し、[ページ サイズ] 設定には 20 を指定します

プログラム バックログ

最初の PSI に割り当てられたフィーチャーにカスタム グリッドを追加

[Customize Page (ページのカスタマイズ)]を選択して、別のカスタム グリッドを 2 番目のアプリとして追加すると、最初の PSI に割り当てられたフィーチャーを可視化できます。このリストは、最初のグリッドからこの PSI にフィーチャーが割り当てられると更新されます。

  • タイトル: PSI 2013.Q1、または作業中のリリースに関するわかりやすい名前
  • プロジェクト:特定のプロジェクトの選択]を選択し、作業中のプログラムのスコープを設定して、表示するアイテムのスコープに対する子プロジェクトを指定します
  • オブジェクト[ポートフォリオ アイテムのフィーチャー]を選択して、リリースのフィーチャーを表示します
  • [ID][ランク]、および[名前]と、表示するその他のデータを選択します
  • クエリ: プログラムでセットアップしたリリース トレイン PSI に対してセットアップしたリリースのデータベース クエリを指定します
    • (Release.Name = "PSI 2013.Q1")
  • 順番 / ページ サイズ: [順番]設定には[フォーマット済み ID]を指定し、[ページ サイズ] 設定には 20 を指定します

2 番目の PSI のフィーチャーにカスタム グリッドを追加

[Customize Page (ページのカスタマイズ)]をクリックして、別のカスタム グリッドを 3 番目および最後のアプリとして追加すると、2 番目の PSI に割り当てられたフィーチャーを可視化できます。このリストは、最初のグリッドからこの PSI にフィーチャーが割り当てられると更新されます。

  • タイトル: PSI 2013.Q2、または作業中のリリースに関するわかりやすい名前
  • プロジェクト:特定のプロジェクトの選択]を選択し、作業中のプログラムのスコープを設定して、表示するアイテムのスコープに対する子プロジェクトを指定します
  • オブジェクト[ポートフォリオ アイテムのフィーチャー]を選択して、リリースのフィーチャーを表示します
  • [ID]および[名前]と、表示するその他のデータを選択します
  • クエリ: プログラムでセットアップしたリリース トレイン PSI に対してセットアップしたリリースのデータベース クエリを指定します
    • (Release.Name = "PSI 2013.Q2")
  • 順番 / ページ サイズ: [順番]設定には[フォーマット済み ID]を指定し、[ページ サイズ] 設定には 20 を指定します

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。