チームのセットアップ

CA Agile Central 内のプロジェクトは、主に、開発チームを表すために使用されます。チームのリリース、イテレーション、作業データは、これらのスペースに格納されます。各チームの名前を付けたり、所有者を特定したり、説明を加えたりしてプロジェクトをカスタマイズすることができます。CA Agile Central では、会社の開発構造を反映する複数のチーム、スクラム、または製品を表す、プロジェクトの階層を作成することができます。

プロジェクトのセットアップには以下が含まれます。

プロジェクトは、[ワークスペース]サマリ ページから作成します。サブスクリプション管理者、ワークスペース管理者、またはプロジェクト管理者の権限を持つユーザーのみがこのページにアクセスできます。

[ワークスペース]サマリ ページにアクセスするには、以下を実行します。

[ワークスペース]サマリ ページから、ワークスペースですべての開いているプロジェクトを表示できます。+ アイコンを選択してワークスペースおよび任意のルート レベルのプロジェクトまたは親プロジェクトを展開すると、すべての開いている子プロジェクトが親の下に表示されます。

(クローズしたプロジェクトを含む)すべてのプロジェクトをワークスペースに表示するには、[状態]ドロップダウンを[オープン]から[すべて]に変更して、ページの最上部にある[フィルタ]ボタンを選択します。

[ワークスペース]詳細ページから単一のワークスペースのすべてのプロジェクトを表示することもできます。サマリ ページの任意のワークスペース名を選択し、[ワークスペース]詳細ページに移動します。ページの左側のサイドバーから[プロジェクト]リンクを選択して、プロジェクトのサマリ ビューを表示します。ここでは以下のことができます。

  • ワークスペースのすべてのプロジェクトのリストを表示する。詳細ページを表示する任意のプロジェクト名をクリックします。
  • すべての作業アイテムのサマリ ページで共通のアクションを実行する。

注: プロジェクト管理者は、自身がアクセス権を持つプロジェクト階層のみを表示でき、階層内のプロジェクトの詳細ページには、自身がそれを管理していない場合には移動できません。

プロジェクト階層の概要

CA Agile Central では、親プロジェクトが 10 レベルまでの子プロジェクトをサポートできる階層プロジェクトを提供しています。この階層は、ロールアップの機能を持ったツリー構造です。

プロジェクト階層は、お使いの CA Agile Central のサブスクリプションを会社の組織構造に合わせられる企業プロジェクト構造をサポートしています。親子プロジェクトを使用して、以下のような社内のコンポーネントを表すことができます。

  • チーム
  • 製品
  • 製品ライン
  • プロジェクト(非製品)

標準的な階層は、以下のようになります。

ツリーのトップレベルの親プロジェクトは組織または企業の名前で呼ばれる場合が多くあります。次の下のレベルは、製品または作業のポートフォリオ コンテナである可能性があります。このレベルでは、製品内にすべてのチームが表示されます。

プロジェクト階層を使用する場合、階層全体に対して他の利点があります。すべてのサマリ ページで、プロジェクト スコープ ビューに含まれるすべてのプロジェクトについて合計が集積され、その作業アイテムが表示されます。これは、複数のプロジェクトの管理、および複数のプロジェクト間で責任を持っているチーム メンバの把握に役立ちます。

子プロジェクトは、親プロジェクトのすべてのマイルストーンを自動的に継承します。

基本のプロジェクト階層および複雑なプロジェクト階層の詳細については、ここを参照してください。

ビデオ

プロジェクト階層の概要」のビデオを見て、プロジェクト階層が CA Agile Central でどのように強力なデータ ロールアップを可能にしているのか、およびプロジェクトを作成および管理する方法について学びましょう。

プロジェクトの作成

プロジェクトの作成は、サブスクリプション管理者およびワークスペース管理者に制限されています。ワークスペースは、プロジェクトを関連付けるためにオープン状態である必要があります。

プロジェクトは削除できません。代わりに、プロジェクトを編集し、状態を「クローズ」に設定します。クローズしたプロジェクトはそのまま残りますが、プロジェクト ドロップダウン リストに表示されなくなります。クローズされたプロジェクト内の作業アイテムにはアクセスできません。

プロジェクトの変更は、リビジョン履歴に記録されます。

(クローズしたプロジェクトを含む)すべてのプロジェクトをワークスペースに表示するには、[状態]ドロップダウンを[オープン]から[すべて]に変更して、ページの最上部にある[フィルタ]ボタンをクリックします。

プロジェクトを作成するには、以下を行います。

[プロジェクト]サマリ ページに、ワークスペース内に含まれるすべてのプロジェクトのリストが表示されます。

  1. [ワークスペース]サマリ ページで、ワークスペースを選択します。
  2. サイドバーの[プロジェクト]リンクをクリックします。
  3. アクション]ボタンをクリックし、[新規プロジェクト]を選択します。

または、

  1. [ワークスペース]サマリ ページで、プロジェクトを追加するワークスペースを見つけます。
  2. プロジェクトの作成] アイコン  をクリックして、[新規プロジェクト]ページにアクセスします。
ワークスペースからの場合 [ワークスペース]サマリ ページからの場合

新しいプロジェクトが作成されると、以下のようなメッセージが表示されます。

このメッセージには、ユーザを新しいプロジェクトに追加することができる[プロジェクト ユーザ アクセス グリッド]へのリンクが含まれています。

子プロジェクトの作成

子プロジェクトとは、リリースおよびイテレーションをスケジュールされている、するべき作業のサブセットです。会社の開発構造を反映する複数のチーム、スクラム、または製品を表す、子プロジェクトを作成します。[ワークスペース]サマリ ページから子プロジェクトを作成します。プロジェクト管理者は、自分が管理しているプロジェクトの下に子プロジェクトを作成できます。

子プロジェクトを作成するには、[ワークスペース]サマリ ページから開始します。

新規プロジェクト]ページが表示されます。このページを使用して、新しい子プロジェクトを定義します。[親]フィールドには、親プロジェクトの名前が自動的に入ります。

  1. 作業するワークスペースを見つけます。
  2. ワークスペースを展開し、親プロジェクトとして指定するプロジェクトを見つけます。
  3. [プロジェクトの追加] 行アイコンをクリックします。
  4. 親プロジェクトから現在および将来のリリースおよびイテレーションをコピーするには、[タイムボックスのコピー]チェックボックスを選択します。
  5. 子プロジェクトを表示する際に親プロジェクトから共有カスタム ページを表示するには、[ページ共有]チェックボックスを選択します。
  6. 保存して閉じる]をクリックします。

注: 親プロジェクトから新しい子プロジェクトにすべてのユーザおよび権限をコピーするには、[ユーザのコピー]チェックボックスを選択します。

既存のプロジェクトを子プロジェクトに変更する

構造が大きくなると、プロジェクトの階層レベルを変更し、それを別のプロジェクトの子プロジェクトにする必要が生じる場合があります。プロジェクトは、同じワークスペース内にある必要があります。

既存のプロジェクトを子プロジェクトに変更するには、以下を行います。

  1. [ワークスペース]サマリ ページで、ワークスペースを選択します。
  2. サイドバーの[プロジェクト]リンクをクリックします。
  3. 変更するプロジェクトで、[編集]アイコンをクリックします。
  4. [プロジェクトの編集]ページで、[親]フィールドの虫めがねアイコンをクリックします。
  5. [親の選択]ウィンドウで、新しい親プロジェクトを選択し、[選択]をクリックします。

プロジェクト詳細ページの表示

サイドバーは、プロジェクト詳細ページの左側に表示されており、表示されているプロジェクトに関連付けられた特定の作業アイテムを識別して移動する簡単な方法です。サイドバーのリンクを使用して、以下にアクセスします。

フォルダに表示されている作業アイテムをクリックして、その詳細ページに移動します。

プロジェクト詳細の上部にある[アクション]ボタンを使用して、新規プロジェクトの作成、表示されているプロジェクトの編集または印刷を行います。

プロジェクトのフィールド

プロジェクトの作成時も編集時も、同じフィールドが以下のように表示されます。

フィールド 説明
名前 プロジェクト名を入力します。このフィールドは必須フィールドですが、一意の値は要求しません。
State プロジェクトがオープンであるかクローズであるかを指定します。オープンのプロジェクトは、プロジェクトがアクティブで、関連するプロジェクト コンポーネント上で作業を実行できることを示します。クローズしたプロジェクトは完了しているか終了しており、リリース、イテレーション、またはタスクなどのいかなるプロジェクト コンポーネント上でも作業を継続できません。
所有者 プロジェクトの所有者を選択します。デフォルト値は、プロジェクトを作成した管理者ユーザの名前です。
虫めがねアイコンをクリックして、親プロジェクトを選択します。このフィールドでは、プロジェクトを整理して親子階層にしたり、既存のプロジェクトの親を再設定したりすることができます。プロジェクトは、同じワークスペース内にある必要があります。
タイムボックスのコピー このフィールドは、子プロジェクトを作成するときにのみ使用できます。親プロジェクトから現在および将来のリリースおよびイテレーションをコピーするには、このチェックボックスを選択します。このオプションはデフォルトでオンになっています。これは、リリースのレポート、計画、および追跡に役立ちます。
ページ共有 このフィールドは、子プロジェクトを作成するときにのみ使用できます。親プロジェクトから現在の共有カスタム ページをコピーするには、このチェックボックスを選択します。
このリッチ テキスト形式のフィールドは、プロジェクトに関連する可能性がある情報を追加する場所です。URL にリンクしたり、画像を挿入したり、プロジェクトの目的をさらに理解するのに役立つ可能性のある情報を入力したりします。
変更の説明 このフィールドは、プロジェクトを作成した後の編集時にのみ表示されます。プロジェクトの全般情報に対して行われたすべての変更に関するすべての情報を記録し、プロジェクトの変更履歴を提供します。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

  • 通常、プロジェクト階層のツリー構造は 3 つのレベル(企業→製品→チーム)より多くは広がりません。3 つのレベルを超えると、レポートが複雑になり、システム パフォーマンスを低下させる可能性があります。シンプルであればあるほど良いです。必要な場合は、後で複雑にすることができます。
  • プロジェクト階層内のデータをロールアップするには、階層内のすべてのプロジェクトに対して同じ名前と日付のリリースおよびイテレーションを作成します。リリースおよびイテレーションの一括作成と一括更新を行うことができます。
  • 階層内に最大 10 個のレベルの子プロジェクトを作成できます。