ソース コード チェックイン

ソース コード チェックイン アプリには、スコープ内のプロジェクトへの過去 20 回のチェックインに対する変更セットおよびチェックインの詳細が表示されます。CA Agile Central では、Subversion、Perforce、Git、および Microsoft TFS 向けのソース コード コネクタを提供しています。一般に、これらの各コネクタでは、CA Agile Central の作業アイテムとソース コードのチェックイン(または変更セット)の間のリレーションシップを作成し、影響を受けるファイル(または変更)のリストを作成します。

ソース コード チェックイン

機能は次のとおりです。

  • ソース コード ファイルに直接リンクしている URL フラグメント。各ファイルは変更のタイプでマークされます: (A)追加、(D)削除、(U)更新、および(M)変更(SCM ソフトウェアによって使用される規則に依存します)。
  • ディフェクト、ユーザ ストーリー、およびタスクにリンクしている作業アイテム ID。
  • 変更セットにリンクしているリビジョン(Perforce および Git 統合向け)。
  • [高さの自動調整]設定を使用して、表示データの量に基づいてアプリの垂直方向のスペースを自動的に調整します。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

開発者向け

メモ

以前のバージョンのコネクタがインストールされている場合、または TFS コネクタを使用している場合は、SCM 情報が含まれているアーティファクトの詳細が引き続きディスカッションに表示されます。