システム要件検証ドキュメント

高い確実性が求められる環境で作業する場合は、監査をパスするために、要件が実装されていることを証明するドキュメントを生成し、それらのドキュメントの印刷やリポジトリへのエクスポートを行うことが必要になる場合があります。

システム要件検証ドキュメント アプリは、印刷可能なレポートの生成によって機能要件と非機能要件を実装する方法を表示します。

このアプリケーションはタグを使用します。はじめに、システム要件を表すユーザ ストーリーを SRS としてタグ付けする必要があります。

印刷時に、ドキュメントの下部に署名行と印刷日時が付け加えられます。

システム要件検証ドキュメント

[Product Requirement (プロダクトの要件)]セクション

  • Market Requirement (市場の要件): 指定された SRS でタグ付けされたストーリーの親リンクおよび名前
  • System Requirement (システム要件): 指定された SRS でタグ付けされたストーリーのリンクおよび名前
  • Acceptance Date (受け入れ日): 指定された SRS でタグ付けされたストーリー受け入れ日

[System Requirement Description (システム要件の説明)]セクション

  • Specification (仕様): 指定された SRS でタグ付けされたストーリーのリンクおよび名前
  • 説明: 指定された SRS でタグ付けされたストーリーの説明
  • Functional Stories (機能ストーリー): 指定された SRS でタグ付けされたストーリーの子リンクおよび名前

[テスト ケース]セクション

このセクションは、指定された SRS ストーリーおよびその子ストーリーのテスト ケース全体でループします。テスト ケースが存在しない場合、このセクションは表示されません。

  • テスト ケース: テスト ケースのリンクおよび名前
  • ストーリー: このテスト ケースに添付されるストーリー
  • Test Case Description (テスト ケースの説明): このテスト ケースの説明
  • 前回の実行: このテスト ケースの前回の実行日
  • ステップ: このテスト ケースで定義されているステップのテーブル

その他の機能

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

開発者向け

メモ

このアプリケーションは、組織のユニークな要求を満たすための開始地点として考えることができます。さらにアプリケーション コードを変更して、チームに最も役立つ特定のフィーチャーを実装する必要があるかもしれません。アプリケーションのカスタマイズの詳細については、アカウント担当者にお問い合わせいただき、当社の開発者ポータルを参照するか、新しいサポート ケースをオープンしてください。