チーム計画

バックログから作業を取得し、作業を繰り返しにスケジュールするには、[チーム計画]ページを使用します。[チーム計画]では、特定のイテレーションでの作業アイテムのベロシティや、チームがキャパシティを超えているかどうかを簡単に確認することができます。このページが最も効果的なのは、チームが[キャパシティ計画]ページで高レベルの計画をすでに完了している場合です。[キャパシティ計画]ページでは、顧客に必要な機能をチームが計画することができます。

高レベル計画が実施されたら、広範囲な高レベル計画の機能に関連付けられているストーリーの計画を開始できます。

チーム計画は次のように構成されています。

ページ ビュー

以下の情報を表示するために、ページ ビューを切り替えることができます。

  • バックログ
    • バックログの展開ビュー。
    • 計画対象作業をフィルタするためのいくつかのオプションが表示されるドロップダウン メニュー。
  • 計画
    • リリースまたはイテレーションに作業を移行する手段の提供。
    • リリースまたはイテレーションへの作業アイテムのドラッグ アンド ドロップ。
    • 作業アイテムの見積もりとベロシティがないことを視覚的に表すインジケータ。
    • 作業アイテムに関連付けられているタスクを簡単に追加できるタスク ポップオーバー。
    • リリースまたはイテレーションの作業アイテムのワンクリック削除。
  • 計画済み
    • チームの計画の詳細なビューの表示。
    • 各イテレーションの作業の表示。
    • 見積もりの絞り込み、または不足している見積もりの追加。
    • 必要に応じたタスクの変更。

これらのページ ビュー オプションは、[チーム計画]ページの右上隅にあります。

バックログのレビュー

チームは、バックログをレビューして、各イテレーションに追加する作業アイテムを指定できます。デフォルトでは、バックログには以下の情報が表示されます。

  • 機能 ID および名前(グループ別機能が有効になっている場合)
  • 作業アイテム ID、名前、および計画見積もり

新しい作業アイテムの追加

新規ユーザ ストーリー、ディフェクト、テスト セット、またはディフェクト スイートをバックログに追加する方法

  1. バックログの上部にある[新規追加]ボタンを選択します。

  2. [名前]フィールドにテキストを入力すると、[追加]ボタンが有効になります。作業アイテムをすぐに追加するには、[追加]を選択します。作業アイテムの追加詳細を入力してから保存するには、[詳細の追加]を選択します。

注:新規追加]オプションは、[チーム計画]ページの展開されたバックログ ビューのみで使用可能であり、エディタ権限以上を必要とします。

列の選択

バックログに表示する列を検索またはスクロールで選択します。[適用]を選択して選択を確認します。

列を並べ替える

列ヘッダを新しい場所にドラッグ アンド ドロップして、列([ランク]、[ID]、[名前]を除いて)の順序を変更できます。

詳細の表示と編集

バックログ ページ上の詳細の多くは、フィールドを選択することでインラインで編集できます。新しいフィールド値を入力または選択して、Enter キーを押して変更内容を保存します。グリッド エリアの外側を選択して保存することもできます。変更をキャンセルするには Esc キーを押します。

追加のフィールドを編集するには、ギア アイコンを選択して、[編集]を選択します。詳細ページで変更を行います。

バックログのクイック ビューとフィルタ

チームのバックログに対するクイック ビューを選択することで、チームの計画に追加可能な作業を簡単に表示できます。複数のクイック ビューを利用できます。

[グループ]ではないクイック ビューには、いくつかの基本的なフィルタ リングが含まれています。

クイック ビュー 説明
スケジュール未設定の作業

プロジェクトのスコープに含まれている作業のうち、[スケジュール状態]が[進行中]より前であり、リリースまたはイテレーションにスケジュールされていない作業(ユーザ ストーリー、ディフェクト、ディフェクト スイート、テスト セット)。

追加のフィルタリングを利用できます。

未完了の作業

プロジェクトのスコープに含まれている作業のうち、ビューで現在選択されているリリースまたはイテレーションではないリリースまたはイテレーションにスケジュールされている作業。

  • [スケジュール状態]が[承認済み]より前であるユーザ ストーリー。
  • [ディフェクトの状態]が[クローズ済み]ではないディフェクト。
  • [スケジュール状態]が[承認済み]より前であるディフェクト スイート。
  • サブスクリプションに対して CA Agile Central Quality Manager が有効な場合に、スケジュール状態が[承認済み]より前のテスト セット。

追加のフィルタリングを利用できます。

グループ別機能(スケジュール未設定)

プロジェクト スコープに含まれるリーフ ストーリーのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、リリースとイテレーションのどちらもないリーフ ストーリーが表示されます。リーフ ストーリーは、親ポートフォリオ アイテムのプロジェクトに関係なく、最下位レベルのポートフォリオ アイテム親別にグループ化されます。表示されるポートフォリオ アイテムは、プロジェクトの権限に応じて異なります。

グループ別機能(未完了)

プロジェクト スコープのリーフ ストーリーのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、選択したリリースより前のタイムボックスに含まれており、親ポートフォリオ アイテムのプロジェクトに関係なく最下位ポートフォリオ アイテム親別にグループ化されているリーフ ストーリー。以前のタイムボックスからのストーリーのみが表示されます。将来のタイムボックスにスケジュールされているストーリーは表示されません。表示されるポートフォリオ アイテムは、プロジェクトの権限に応じて異なります。

グループ別機能リリース

プロジェクト スコープのリーフ ストーリーのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、選択したリリースに含まれており、親ポートフォリオ アイテムのプロジェクトに関係なく最下位ポートフォリオ アイテム親別にグループ化されているリーフ ストーリー。表示されるポートフォリオ アイテムは、プロジェクトの権限に応じて異なります。

リリース バックログ

プロジェクトのスコープに含まれている作業のうち、選択したリリースにスケジュールされているが、イテレーションにはまだスケジュールされておらず、[スケジュール状態]が[承認済み]より前である作業。

追加のフィルタリングを利用できます。

ストーリー(親未設定) プロジェクト スコープのリーフ ストーリーのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、リリースまたはイテレーションにスケジュールされておらず、最下位ポートフォリオ アイテム タイプまたはストーリー親があるリーフ ストーリーが表示されます。

 

追加のフィルタリングを利用できます。

ストーリー

プロジェクト スコープに含まれるリーフ ストーリーのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、リリースまたはイテレーションにスケジュールされていないリーフ ストーリーが表示されます。

追加のフィルタリングを利用できます。

ディフェクト

プロジェクト スコープに含まれるディフェクトのうち、[ディフェクトの状態]が[クローズ済み]ではなく、リリースまたはイテレーションにスケジュールされていないディフェクト。

追加のフィルタリングを利用できます。

ディフェクト スイート

プロジェクト スコープに含まれるディフェクト スイートのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、リリースまたはイテレーションにスケジュールされていないディフェクト スイート。

追加のフィルタリングを利用できます。

テスト セット

プロジェクト スコープに含まれるテスト セットのうち、[スケジュール状態]が[承認済み]より前で、リリースまたはイテレーションにスケジュールされていないテスト セット。

追加のフィルタリングを利用できます。

フィルタ

クイック フィルタまたは高度なフィルタを使用できますが、両者を組み合わせることはできません。

クイック フィルタ

フィルタリングを追加するには、以下の手順に従います。

  1. [フィルタ]を選択します。
  2. [フィルタの管理]を選択して、フィルタリングで利用可能なフィールドのリストを表示します。1 つまたは複数のフィールドを選択します。
  3. [適用]を選択してフィルタを適用します。

値を入力するか選択して、ビュー内の項目をフィルタします。フィルタによって使用される値をリセットするには、[リセット]を選択します。

高度なフィルタ

高度なフィルタでは、クイック フィルタよりも詳細な設定を指定できます。高度なフィルタを使用して、以下の操作を実行できます。

  • 日付範囲を指定する
  • フィルタを定義するときに、さらに多くの演算子を使用する(「=」または「contains」以外)

高度なフィルタに切り替えると、CA Agile Central によってクイック フィルタの設定が渡されます。その後、フィルタの詳細を調整できます。

高度なフィルタをクリアするには、[すべてクリア]を選択します。

クイック フィルタに再度切り替えると、「クイック フィルタに戻ると結果が変わる場合があります。演算子はすべて '=' または 'contains' のいずれかに変換されます」というメッセージが表示されます。

バックログのアクション

バックログで各作業アイテムの左側にあるギア メニューを選択して、[編集]を選択すると、作業アイテムの詳細が表示されます。ギア メニューから、作業アイテムのランクをバックログの最上位または最下位に設定することもできます。

バックログに表示される作業アイテムの数をカスタマイズできます。デフォルトでは、25 個の作業アイテムが表示されます。さらに表示するには、ドロップダウン メニューを選択して、表示する作業アイテムの数を選択します。

イテレーションへの作業のスケジュール

ページの右側で、計画するリリースをドロップダウン リストから選択します。

注: リリースを使用しない場合や、すべてのリリースの状態が[承認済み]である場合は、イテレーションを効果的に計画および追跡するために、リリースの作成を検討する必要があります。

イテレーションを変更するには、ギア メニューを選択して、[イテレーションの管理]を選択します。これにより、タイムボックス イテレーション ページが表示されます。

チームによるバックログのレビュー後は、次のリリースのイテレーションへの作業スケジューリングを開始するときです。作業アイテムをバックログからドラッグして、イテレーションにドロップすることができます。

注: イテレーションにすでにスケジュールされている作業アイテムは、バックログに表示されなくなります。

作業アイテムをバックログに戻すには、[-](マイナス)アイコンを選択します。

イテレーション間で作業アイテムをドラッグ アンド ドロップすることもできます。たとえば、イテレーション 1 からイテレーション 2 にストーリーを移動する場合は、ストーリーをイテレーション 1 からドラッグして、イテレーション 2 にドロップすることができます。

選択するか、Tab キーを使用して、編集可能な作業アイテム フィールドに移動できます。

それぞれのイテレーションの隣にあるバーには、イテレーションのベロシティに対する各作業アイテムのサイズが表示されます。割合は、イテレーションに対するチームのキャパシティの量を表します。割合が 100% を超えている場合は、バーが赤色で表示されます。これは、キャパシティ超過問題を解決するために、イテレーションから作業を除く必要があることを示しています。

問題の特定

作業アイテムに問題がある場合は、[問題]列に アイコンが表示されます。アイコンにポインタを重ねると、詳細が表示されます。

問題の例

  • ストーリーに計画見積もりがない
  • 繰り返しのベロシティが 100% を超えている

イテレーションの各作業アイテムの左側にあるギア メニューを選択して、[編集]を選択すると、イテレーションの作業アイテムの詳細が表示されます。作業アイテムを削除するには、ギア メニューから[計画から削除]を選択します。

依存関係の表示

イテレーションにスケジュールされている作業アイテムに先行アイテムまたは後続アイテムがあるかどうかを表示できます。作業アイテムに関連付けられた先行アイテムまたは後続アイテムがある場合は、[依存関係]列に依存関係の数が表示されます。その数字を選択すると、依存関係が表示されます。

タスクの管理

イテレーションの作業アイテムのタスクを表示または更新するには、[Iteration Allocations]の下に表示されているイテレーションの名前を選択します。その作業アイテムに関連付けられているタスクは、作業アイテムの隣に表示されます。

 

タスク ポップオーバーでは、以下のアクションを実行できます。

  • 新しいタスクを追加するには、名前を入力して、所有者とタスク見積もりを選択してから、[追加]または[詳細の追加]を選択します。
  • フィールドをインラインで編集します。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。