テスト ケース結果の管理

新機能: テスト ケース結果のカスタム フィールドを作成することができるようになりました。詳細については、ここを参照してください。

テスト ケース結果は、テスト ケース結果のレコードです。テスト ケースは、開発サイクル中に複数回実行されることが多く、テスト ケースの状態を評価するために各テスト ケースの結果は文書化される必要があります。テスト ケースの目標は、成功の状態に到達することです。

テスト ケース結果の管理には、次のことが含まれます。

[テスト ケース結果]のサマリ ページと詳細ページの使用

サマリ

[テスト ケース結果]サマリ ページには、指定されたテスト ケースのキャプチャされたすべてのテスト ケース結果のリストが表示されます。

サマリ ページから、以下の操作を実行できます。

  • 行のアイコンからテスト ケース結果を編集または削除する。
  • [アクション]メニューから新しいテスト結果を作成する。
  • テスト ケース結果の表示を[評価]または[テスター]でフィルタする。
  • サイドバーで関連する作業アイテムにアクセスする

詳細

詳細ページからは、以下の操作を実行できます。

  • 1 つのテスト ケース結果のすべての詳細を表示する。
  • [アクション]メニューからディフェクトを編集、印刷、削除、またはログに記録する。

注: すべてのプロジェクトからのすべてのテスト ケース結果は常にテスト ケースの詳細ページに表示されます。ただし、サイドバーの結果の隣に表示される数はプロジェクト スコープに応じて異なる可能性があります。

テスト ケース結果の作成

いくつかの場所からテスト ケース結果を作成できます。この柔軟性があることにより、作業アクティビティを進めながら、CA Agile Central アプリケーション内の論理的な位置から必要なときにいつでもテスト ケースを作成することができます。

[テスト ケース]サマリ ページから

  1. [テスト ケース]サマリ ページで、結果を追加するテスト ケース行の[新規テスト ケース結果]アイコン 新規テスト ケース結果 をクリックします。
  2. テスト ケース結果の作成エディタで、必要に応じてフィールドに入力します。
  3. 保存して閉じる]をクリックします。

[テスト ケース結果]詳細ページから

  1. [テスト ケース]詳細ページのサイドバーにある[結果]リンクをクリックします。
  2. [テスト ケース結果]詳細ページで、[アクション]をクリックし、[新規結果]を選択します。
  3. テスト ケース結果の作成エディタで、必要に応じてフィールドに入力します。
  4. 保存して閉じる]をクリックします。

テスト ケース結果の編集または削除

以下の任意の場所からテスト ケース結果を編集または削除することができます。

[テスト ケース]サマリ ページから

[イテレーション テスト ケースのステータス]ページから

[テスト ケース]詳細ページから

これらのページからテスト ケース結果を編集する方法

  1. 編集するテスト ケース結果の[編集]アイコン  をクリックします。
  2. テスト ケース結果の編集エディタで、編集を完了します。
  3. 保存して閉じる]をクリックします。

複数のユーザが同じディフェクトを編集すると、並列処理の競合が発生することがあります。変更を行って最初に保存したユーザの変更内容がコミットされます。後続のユーザが同じディフェクトを変更してから保存しようとすると、[変更の確認]オプションまたは[自分のバージョンで上書き]オプションが表示されます。

変更の確認]を選択すると、ディフェクトのエディタに戻り、変更内容を失わないようにコピーすることができます。[自分のバージョンで上書き]を選択した場合、変更内容は保存され、他のユーザの変更内容は上書きされます。添付ファイルが追加され編集された場合に[自分のバージョンで上書き]を選択すると、両方のユーザの変更内容が保存されて、削除が適用されます。

これらのページからテスト ケース結果を削除する方法

  1. 削除するテスト ケース結果の[削除]アイコン ごみ箱アイコン をクリックします。
  2. 確認メッセージで[OK]をクリックします。

 

注: 削除したテスト ケース結果をごみ箱から元に戻すことはできません。

 

テスト ケース結果のフィールド

以下のフィールドを使用して、テスト ケース結果を説明したり、詳細を追加したりすることができます。テスト ケース結果の作成または編集の際に、これらのフィールドの値を設定することができます。

必須フィールドは、全画面エディタに赤で強調表示されます。

フィールド 説明
ビルド テストされたビルドの番号を入力します。
評価 テスト実行の結果を表す値として[成功]、[失敗]、[結果不確定]、[ブロック済み]、または[エラー]を選択します。
期間 テスト ケースの実行にかかった時間を分単位で入力します。この情報は、テストのリソースを管理および計画するのに役立ちます。
テスト セット 該当する場合は、結果が関連するテスト セットを指定します。テスト セットからテスト ケース結果エディタにアクセスすると、このフィールドにはそのテスト セットがデフォルトで入力されます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

  • テスト ケース結果を記録する機能は、プロジェクトまたはワークスペースに対して自分に割り当てられているユーザ権限に基づきます。表示もこれらの権限に応じて異なります。
  • [品質]から[テスト ケース]サマリ ページにアクセスできるのは、CA Agile Central Quality Manager モジュールが有効になっているサブスクリプションに限られます。
  • 削除したテスト ケース結果をごみ箱から元に戻すことはできません。