テスト セットの管理

テスト セットは、テスト ケースの集合体です(必要に応じてテスト フォルダに格納されます)。テスト セットにより、リグレッション テストをグループ化、およびイテレーションまたはリリースにスケジュールすることができます。テスト セットは、[イテレーション ステータス]ページおよび[リリース ステータス]ページでのみ作成することができます。テスト セットを 1 つのイテレーションまたはリリースから別のイテレーションまたはリリースにコピーすることもできます。テスト セットには、煙、設定、システムなどを含めることができます。それらをグループ化すると、テスト ケースを一緒に実行できます。

テスト セットおよび品質管理の背後にある概念の詳細については、ここを選択してください。

テスト セットの管理には、以下のことが含まれます。

テスト セットの表示

テスト セット QDP には、テスト セットのタスク、テスト ケース、およびディスカッション コレクションが表示されます。左側のパネルで、コレクション アイテムを表示するコレクションを選択します。

残りのテスト セット フィールドは、QDP パネルに表示できます。

テスト セットの作成

テスト セットとは、イテレーションまたはリリース内で実行できるテスト ケース用のコンテナです。

  1. QDP で、必要に応じてフィールドに入力します。
  2. 作成]を選択します。

    テスト セットはサマリ ページの下部に表示されます。

テスト セットへのテスト ケースの追加

[イテレーションのステータス]ページでテスト ケースをテスト セットにインラインで追加します。

  1. [イテレーションのステータス]ページで、テスト セットの行アクション アイコンギア メニューを選択し、ドロップダウン メニューから[子インラインの追加]を選択します。
    子インラインの追加
  2. 子タイプにはテスト ケースが自動的にデフォルトで入力されます。[名前]、[タイプ]、および[メソッド]フィールドに入力します。
    子インライン ステップ 2 の追加
  3. テスト ケースを追加して別のテスト ケースを作成するには[作成 + 新規]、テスト ケースをテスト セットに追加するには[作成]、追加のテスト ケースの詳細を入力するには[詳細の追加]、すでに作成されているテスト ケースを追加するには[+Add Existing (+ 既存の追加)]を選択します。
  4. テスト セットの隣にある矢印を選択すると、テスト セットを展開して、関連するすべてのテスト ケースを表示することができます。

テスト セットの編集

エディタを使用する場合

  1. [リリース]サマリ ページで、編集するテスト セットの[編集]アイコンインライン編集を選択します。[イテレーションのステータス]ページで、編集するテスト セットのフォーマット済み ID を選択するか、テスト セットの隣にある行アクション アイコンギア メニューを選択し、ドロップダウン メニューから[編集]を選択します。
  2. QDP で、必要に応じて編集を行います。
  3. [保存]を選択します。

インライン

  1. [リリース]サマリ ページで、編集するテスト セット行をダブルクリックします。[イテレーションのステータス]ページで、1 回の選択でインラインで編集できます。
  2. 編集モードの行で、編集を完了します。
  3. フィールドまたはタブから次のフィールドへと選択すると、インライン編集が自動的に保存されます。

テスト セット内のテスト ケースの並べ替え

[イテレーションのステータス]または[リリースのステータス]ページからテスト ケースを編集すると、エディタには、テスト セット内のテスト ケースのランクではなく、グローバル テスト ケースのランクが表示されます。テスト ケースは、テスト セットのテスト実行ページでランク順に表示されます。ランクの値は、手動でランク付けされたワークスペースを使用している場合にのみ、エディタに表示されます。

ドラッグ アンド ドロップ ランキング

ドラッグ アンド ドロップを使用して、テスト セット内のテスト ケースをランク付けします。テスト ケースの順序を変更するには、テスト ケースを選択して正しい位置にドラッグします。

ドラッグ ドロップ

手動のランキング

手動のランキングを使用するようにワークスペースが設定されている場合は、テスト ケースをダブルクリックして、ランクの値を入力することで、テスト ケースの順序または優先順位を変更できます。

手動のランク

テスト セットのコピー

既存のテスト セットをコピーし、その後このコピーに対して必要な変更を行うことで、時間と労力を節約できます。[イテレーション]または[リリースのステータス]ページから、テスト セットをコピーすることができます。

  1. [リリースのステータス]サマリ ページで、コピーするテスト セットの[コピー]アイコンコピーを選択します。[イテレーションのステータス]ページで、コピーするテスト セットの隣にある行アクション アイコンギア メニューを選択し、[コピー]を選択します。
  2. [フォーマット済み ID]を選択して、QDP で編集するコピーを開きます。
  3. 編集を完了します。
  4. [保存]を選択します。

テスト セットの実行

テスト セットを作成して入力すると、テスト セット内に含まれるテスト ケースを 1 つの場所から簡単に実行できます。テスト セットの実行は、[イテレーションのステータス]ページでのみ行うことができます。

[テストの実行]ページには、テスト セット内に含まれるすべてのテスト ケースとその関連テスト ステップが表示されます。このページを使用して、テスト セット内の各テスト ケースを実行します。

  1. [イテレーションのステータス]ページで、テスト セットの隣にある行アクション アイコンギア メニューを選択し、[テスト セットの実行]を選択します。
  2. [テストの実行]ページから、テスト ケースの結果とディフェクトを作成および編集できます。

    テスト セット ステータスのロールアップ バーがページの上部に表示されます。ステータス バーには、テスト実行中のテスト ケースの状態(成功、失敗、結果不確定、その他)が反映されます。テスト セットの状態の表示にカーソルを合わせると、状態ごとのテスト ケースの割合と数が表示されます。

テスト セットの削除

テスト セット全体を削除することができます。

  1. [イテレーションのステータス]ページで、削除するテスト セットの隣にある行アクション アイコンギア メニューを選択し、ドロップダウン メニューから[削除]を選択します。
  2. 確認メッセージで[OK]を選択します。

テスト セットを削除しても、テスト ケースまたはテスト ケース結果は削除されません。テスト セットとテスト ケースとの関連付けのみが削除されます。

テスト セットからのテスト ケースの削除

テスト セットからテスト ケースを削除することができます。テスト セットからのテスト ケースの削除は、[イテレーションのステータス]ページでのみ行うことができます。

  1. [イテレーションのステータス]ページで、テスト セットを展開すると、関連するテスト ケースが表示されます。
  2. 削除するテスト ケースの隣にある行アクション アイコンギア メニューを選択し、ドロップダウン メニューから[削除]を選択します。
  3. 確認メッセージで[OK]を選択します。

テスト セットのフィールド

以下のフィールドは、テスト セットの説明または詳細の追加に役立てることができます。テスト セットを作成または編集するときに、以下のフィールドの値を設定します。

必須フィールドはアスタリスク(*)で示されています。

フィールド 説明
ID システムで生成されてテスト セットに割り当てられている ID。これは一意であり変更されることはありません。ID は、プレフィックスおよび数値から構成されます。プレフィックスは、システム管理者がワークスペース内のワーク アイテム タイプごとにカスタマイズできます。
名前 テスト セットのテキスト名を入力します。
所有者 テスト セットの所有者を指定します。
準備完了 この状態を使用して、作業に向けてテスト セットの準備が完了していることを示します。このフィールドは、作業のプルにカンバン ボードやその他のボード ベースの方法を使用しているチームで主に使用されます。
ブロック済み 進行を妨げている問題がすべて解消されるまで、テスト セットの作業を続行できるかどうかを選択します。タスクが[ブロック済み]としてマークされている場合は、このフィールドはエディタで自動的にチェックされます。編集してから、[ブロック済み]を選択することで、テスト セットを手動でブロックすることもできます。「ブロック済み」の状態は、[イテレーションのステータス]または[リリースのステータス]のページに、ブロックされていることを示すため赤色で表示されますが、テスト セットの最初の状態が失われないように、関連する状態の文字を保持します。

テスト セットがブロックされている場合は、テキスト フィールドを使用して、ブロックされている理由を入力します。

スケジュール状態 テスト セットの完了に向けた進捗状況を指定します。ドロップダウン リストには 6 つの状態があります。サブスクリプション管理者は最初および最後の状態をカスタマイズし、より良いプロセス管理に役立てることができます。テスト セットが移行できるデフォルトの状態は以下のとおりです。
  • 定義済み: 開発チームはタスクを作成して見積もりを提供できます。これは新しいテスト セットに対するデフォルトの状態の値であり、カスタマイズすることはできません。
  • 進行中: テスト セットがイテレーションにコミットされ、作業が開始されました。この状態はカスタマイズできません。
  • 完了: すべての関連するタスクが完了しました。すべてのタスクの状態が[完了]に設定されると、テスト セットは初期設定に関係なく、[完了]の状態を反映するように自動的にロールアップされます。この状態はカスタマイズできません。
  • 承認済み: 承認基準が満たされています。この状態はカスタマイズできません。
計画見積もり テスト セットを完了するための推定工数を記録します。このフィールドは実数であり、整数部 3 桁と小数部 2 桁を受け入れることができます。単位は管理者によって定義されます。
リリース/イテレーション プロジェクトに含まれる使用可能なリリースまたはイテレーションをすべてリストしているドロップダウン リストから、リリースまたはイテレーションを選択します。
マイルストーン マイルストーンを追加して、納入と期限に向けた進行状況を追跡します。

関連トピック

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

テスト セットを作成する機能は、自分に割り当てられているワークスペースのユーザ権限によって異なります。