スループット

スループット アプリには、指定された間隔(週、月、四半期など)で承諾された作業アイテムの数が表示されます。

スループット

このグラフには、指定された期間に承諾された作業アイテムの数が表示されます。ディフェクトがグラフに表示されるときには、ユーザ ストーリーに関連付けられたディフェクトと、承認されたスタンドアロン ディフェクトの両方がグラフに含まれます。ただし、承認済みユーザ ストーリーにディフェクトが関連付けられていても、そのディフェクト自体が承認されていない場合、そのディフェクトは数えられません。

 

 

アプリに表示されるデータは、スループット グラフと同じ形式です。グラフをクリックすると[レポート]タブが表示されます。このタブで、主要なメトリックやサマリ メトリックを含む追加情報を確認できます。

 

注: スループット グラフのデータ ロールアップは期間の最後に発生します。一方、凡例ラベルでは期間の最初を指定します。データは、収集されている期間には表示されません。

 

設定

グラフに表示されるデータを操作およびフィルタするには、アプリの[Edit Settings (設定の編集)]メニューにアクセスします。

  • [日付範囲]の量および期間(週、月、または四半期)のフィールドを設定して、グラフの境界を設定します
  • [系列]フィールドの隣にあるチェックボックスを選択して、グラフに表示される作業アイテムのタイプを制御します
  • タグを選択して、指定されたタグでマークされたユーザ ストーリーまたはディフェクトのグループでフィルタします


フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。