サポートされているバージョンの概要

CA Agile Central では、コネクタの最後の 2 つのリビジョンと、接続するプロダクトの特定バージョンのみ(認定バージョンによって異なります)をサポートしています。サポートされているバージョンを確認するには、ここで個々のコネクタのヘルプ ページを参照してください。

最新の機能とディフェクトの修正を入手できるように、新しいバージョンのコネクタを定期的に確認して更新することを強くお勧めします。サポートされていないバージョンのコネクタとプロダクトを使用することはお勧めしません。それらのバージョンを使用する場合、弊社ではサポートされていないバージョンの使用に関する問題をサポート、支援、または調査することはできません。 

CA Agile Central でコネクタ(サポートおよび未サポート)を実行している場合は、以下の作業に対する責任を負います。

  • CA Agile Central に対して適切な数の API 要求が行われるように管理する
  • ログに含まれる問題やエラーを監視する
  • コネクタの実行に関連する問題を解決する

CA Agile Central は、アカウントがサブスクリプション ユーザに影響を与える問題を引き起こしている場合、そのアカウントを通知の有無を問わずいつでも無効にする権利を保有しています。たとえば、ワーク アイテム コネクタを実行して CA Agile Central のワーク アイテムを外部システムにコピーしている場合を考えます。コネクタの構成で考慮されていない必須フィールドがある場合、コピーの試行が失敗し、コネクタの実行ごとに再試行されるような状態になる場合があります。多くのワーク アイテムが存在する環境では、これによって失敗した要求が大量に発生する可能性があります。CA Agile Central では、未解決の失敗が大量にあるこれらのアカウントを無効化できます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。