ビューの使用とカスタマイズ

CA Agile Central にはさまざまなビュー タイプがあります。ビューは、関連する表示に整理された類似データの集合体です。標準の静的なビューと、カスタマイズできるビューがあります。CA Agile Central には以下のビューがあります。

2 つの主なビュー タイプである詳細ページとサマリ ページを使用して、作業アイテムを表示できます。作業アイテムを管理するには、サマリ ページを使用します。各作業アイテムのすべての詳細をレビューするには、詳細ページを使用します。

作業アイテム サマリ ページ

作業アイテム サマリ ページでは次のことを実行できます。

  • 選択したタブのすべての作業アイテムのサマリ リストが表示されます。
  • ほとんどのサマリ ページには、複数のアクティビティを実行するのに使用される[アクション]ボタンがあります。使用できるオプションは、表示されるサマリ ページによって異なります。
  • 作業アイテムをインライン編集するには、強調表示された行をダブルクリックします。
  • サマリ ページの各行に表示されるさまざまな行アクション アイコンを使用して、一般的なアクションにアクセスできます。
  • CA Agile Central では、作業アイテムをわかりやすい表示に簡単に編成できるように、事前定義されたクイック ビューや保存されたクエリが提供されることがあります。
    • [ビュー]ドロップダウンを選択すると、保存されたビューの選択肢が表示されます。フィルタと並べ替えの機能を使用して、これらのビューを絞り込みます。
  • ID テキスト ボックスに直接数字を入力し、特定の作業アイテムを素早く見つけます。
    • 特定の数字に区切り文字 <=、>=、=、<、> を使用して、ID の検索を絞り込みます。
  • ハイパーリンクが設定された作業アイテムが表示されます。
    • サマリ ページで作業アイテムのハイパーリンクを選択して、その詳細ページに移動します。
  • フィールドの値に基づいて表示される作業アイテムをフィルタします。
  • ヘッダに基づいて作業アイテムを昇順または降順に並べ替えます。
  • ワークスペースでドラッグ アンド ドロップ ランキングが有効になっている場合は、ページ内でユーザ ストーリーとディフェクトを上または下にドラッグして、優先順位を決めることができます。

作業アイテム詳細

作業アイテム詳細ページには、以下のオプションの組み合わせ、またはすべてが表示されます。

  • 作業アイテムの読み取り専用ビュー。
  • 作業アイテムに対して実行できる複数のオプションが含まれた[アクション]ボタン。
    • アクション]ボタンのオプションは、表示されている作業アイテムによって異なります。
  • 現在の作業アイテムに関連付けられているすべての作業アイテムのリストを含むサイドバー。関連リンクを選択すると、すべての関連作業アイテムのサマリ ページに直接移動します。元の作業アイテムのコンテキストに残ったままで、このビューから関連付けの詳細にドリルダウンすることができます。
  • リンクの表示を制御するには、サイドバーにある[表示]アイコンと[非表示]アイコンを使用します。

クイック ビュー

CA Agile Central では、作業アイテムをわかりやすい表示に簡単に編成できるように、事前定義されたクイック ビューが提供されることがあります。クイック ビューは、重要な条件に従ってデータのスナップショットを速やかに表示するために選択できる広範囲なクエリとフィルタの集合体です。

クイック ビューは、以下のサマリ ページに表示されます。

  • [計画]タブの[ユーザ ストーリー]
  • [トラック]タブからのタスク
  • [品質]タブの[ディフェクト]
  • [品質]タブの[テスト ケース](CA Agile Central Quality Manager モジュールが必要です)

フィルタと並べ替えの機能を使用して、これらのビューをさらに絞り込むことができます。

利用可能なクイック ビュー

ユーザ ストーリーのクイック ビュー

ビュー名 結果
すべてのユーザ ストーリー プロジェクト内のすべてのユーザ ストーリー。
親あり 親ユーザ ストーリーのあるすべてのユーザ ストーリー。
子あり 子ユーザ ストーリーを割り当てられているすべてのユーザ ストーリー。
子なし 子ユーザ ストーリーが割り当てられていないすべてのユーザ ストーリー。
スケジュール済みのユーザ ストーリー リリースまたはイテレーションにスケジュールされているすべてのユーザ ストーリー。
スケジュール未設定のユーザ ストーリー リリースまたはイテレーションにスケジュールされていないすべてのユーザ ストーリー。
現在のリリースに割り当て 現在のリリースにスケジュールされているすべてのユーザ ストーリー。
現在のイテレーションに割り当て 現在のイテレーションにスケジュールされているすべてのユーザ ストーリー。
テスト ケースあり テスト ケースが関連付けられているすべてのユーザ ストーリー。
テスト ケースなし テスト ケースが関連付けられていないすべてのユーザ ストーリー。
すべてのテスト ケースが成功 成功したテスト ケースが関連付けられているすべてのユーザ ストーリー。
テスト ケース失敗 成功しなかったテスト ケースが少なくとも 1 つ関連付けられているすべてのユーザ ストーリー。
アクティブなディフェクトあり アクティブな(クローズされていない)ディフェクトが関連付けられているすべてのユーザ ストーリー。
アクティブなディフェクトなし アクティブな(クローズされていない)ディフェクトが関連付けられていないすべてのユーザ ストーリー。

ディフェクトのクイック ビュー

ビュー名 結果
すべてのディフェクト プロジェクト内のすべてのディフェクト。
高優先度 (p1-p3) [優先順位]フィールドに値 P1、P2、または P3 が含まれているすべてのディフェクト。
スケジュール済みのディフェクト リリースまたはイテレーションにスケジュールされているすべてのディフェクト。これには、ディフェクト スイートでスケジュールされているディフェクトが含まれます。
スケジュール未設定のディフェクト リリースまたはイテレーションにスケジュールされていないすべてのディフェクト。これには、ディフェクト スイートでスケジュールされているディフェクトが含まれます。
現在のイテレーションで検出 現在のイテレーションの開始日から終了日までの間に作成されたすべてのディフェクト。
現在のリリースで検出 前回のリリース後の最初の日から現在のリリース日までの間に作成されたディフェクト。
ドキュメントまたはリリース ノート [影響を受けるドキュメント]フィールドまたは[リリース ノート]フィールドのチェック ボックスがオンになっているすべてのディフェクト。
成功したテスト ケース 関連付けられているテスト ケース結果の[前回の評価]フィールドが[成功]に設定されているすべてのディフェクト。

タスクのクイック ビュー

ビュー名 結果
すべてのタスク プロジェクト内のすべてのタスク。
アクティブ [スケジュール状態]フィールドに値[定義済み]または[進行中]が表示されているすべてのタスク。
ブロック済み [ブロック済み]フィールドのチェック ボックスがオンになっているすべてのタスクを表示します。

テスト ケースのクイック ビュー

ビュー名 結果
すべてのテスト ケース プロジェクト内のすべてのテスト ケース。
実行されていません 実行されたことがないすべてのテスト ケース。
成功していません 成功していないすべてのテスト ケース。
アクティブなディフェクト アクティブなディフェクト(クローズされていないディフェクト)が関連付けられているすべてのテスト ケース。

カスタム ビュー

CA Agile Central サマリ ページでは、選択した条件でのフィルタおよび並べ替えを行うカスタム ビューを作成できます。これにより、選択した作業アイテム グループのみを表示したり、列を再配置したり、適用できないアイテムを除外したりすることができます。CA Agile Central のマルチ編集機能を使用して、カスタム ビューに表示されるほとんどのフィールドを編集することもできます。

カスタム ビューは、以下の 2 つのカテゴリにグループ化されます。

  • マイ ビュー: これらのビューは、個々のユーザによって作成され、作成したユーザのみに表示されます。
  • 共有ビュー: これらのビューは、ワークスペース全体で共有され、表示されているワークスペースのすべてのユーザに表示されます。サブスクリプション管理者とワークスペース管理者のみが、共有ビューを作成、編集、および削除します。

ビューで CA Agile Central の以下のサマリ ページをカスタマイズできます。

  • [計画]タブの[ユーザ ストーリー]
  • [トラック]タブからのタスク
  • [品質]タブの[ディフェクト]
  • [品質]タブの[テスト ケース](CA Agile Central Quality Manager モジュールが必要です)

カスタム ビューは次のように構成されています。

カスタム ビューの作成

新しいカスタム ビューを作成する方法

  1. [ビュー]ドロップダウンの右側にある ビュー追加アイコン アイコンを選択します。
  2. [Create Custom View (カスタム ビューの作成)]で、[名前]フィールドに一意の値を入力します。
  3. [条件の追加]を選択すると、フィルタ パラメータのフィールドがアクティブになります。

    1 つのカスタム ビューに複数のフィルタ パラメータを追加することにより、複雑なフィルタを作成できます。

  4. 選択した値に対する 1 つの並び替え順序を選択します。
  5. [昇順]または[降順]の並び替えを選択します。
  6. [列の表示]セクションで、表示する列と順序を指定します。
    • [利用可能な列]ボックスと[選択された列]ボックスの間で列を移動するには、右向きと左向きの矢印を使用します。
    • [選択された列]の順序を変更するには、上向きと下向きの矢印を使用します。
  7. このビューをデフォルト ビューに設定するには、[デフォルトとして設定]フィールドを選択します。
  8. このビューをほかのユーザが利用できるようにするには、[共有ビュー]チェック ボックスをオンにします。
  9. [保存]を選択します。

カスタム ビューのコピー

既存のカスタム ビューのコピーを作成して、同じようなフィルタ条件でビューをさらに作成することができます。この機能を使用して、共有カスタム ビューの個人コピーを作成することもできます。

  1. [ビュー]ドロップダウンでコピーするビューを選択します。
  2. アイコンを選択します。
  3. [Create Custom View]で、必要に応じて名前、フィルタ条件、および表示設定を編集します。
  4. [保存]を選択します。

注:

  • クイック ビューをコピーすることはできません。
  • 既存の共有カスタム ビューまたはデフォルトのカスタム ビューをコピーするときには、[共有ビュー]および[デフォルトとして設定]チェック ボックスはデフォルトでオフになります。

カスタム ビューの編集と削除

注: サブスクリプション管理者およびワークスペース管理者は、プロジェクトまたはワークスペースで共有されるビューを作成することができます。それらの管理者は、ビューを削除したり、ビューを変更したり、共有設定を削除したりすることもできます。そのビューは、そのビューを作成したユーザを含めて、そのビューのほかのユーザのリストに表示されなくなります。

カスタム ビューを作成する ビュー追加アイコン アイコンの隣には、さらに 2 つのアイコンがあります。

  • ビューの編集アイコンをクリックすると、現在選択されているカスタム ビューを変更するためのエディタ ウィンドウが表示されます。
  • トランザクション アイコンをクリックすると、現在選択されているカスタム ビューが削除されます。

カスタム ビューのフィルタ パラメータ

新しいフィルタ式を追加するには、[条件の追加]を選択します。以下のフィールドを使用して、フィルタを設定します。

  • 以下の場合に結果を表示: フィルタ表示の境界を設定する値を選択します。すべてまたは一部の条件が満たされたらデータが表示されるように選択できます。あるいは、[カスタム]を選択すると、表示境界の追加オプションが表示されます。[カスタム]では、複雑なクエリを作成することができます。詳細については、「カスタム フィルタリングのヒント」を参照してください。
  • 列: フィルタするフィールドの値を選択します。このリストには、カスタム ビューを作成している作業アイテムの値が反映されます。この作業アイテム タイプに対して定義されているカスタム値もリストに含まれます。
  • 演算子: 演算子はデータにフィルタを適用し、条件に一致するレコードのみを返します。利用可能な演算子タイプは、[]フィールドで選択した値のタイプによって異なります。以下の演算子を使用できます。
    演算子 アクションの説明
    = ~と等しい
    != ~と等しくない
    > ~より大きい
    < ~より小さい
    >= ~以上
    <= ~以下
    Contains 文字列フィールドとテキスト フィールドで有効。[値]フィールドに入力された特定の文字を含む
    !Contains 文字列フィールドとテキスト フィールドで有効。[値]フィールドに入力された特定の文字を含まない
  • 値: 値のアクションは、選択された列のタイプを反映します。
    選択した列のタイプ 結果の値の表示
    数値 数字の入力のみを許可するテキスト ボックス
    文字列フィールド テキスト ボックス
    列挙型フィールド 選択した値からの有効な値が表示されるドロップダウン
    ブール フィールド true がデフォルトの true と false のラジオ ボタン
    日付フィールド カレンダ アイコンを選択し、表示されるカレンダから日付を選択

カスタム ビューのすべての表現を定義するまで、[条件の追加]を選択し続けます。

注:

  • それぞれの[列]、[演算子]、および[値]の間の組み合わせのセマンティクスは AND です。
  • 選択した演算子が contains、<、<=、>、>= のいずれかである場合に、[文字列]列タイプはテキスト ボックスに値[エントリがありません](null または空の文字列)を含むことができません。検証メッセージが生成されます。
  • カスタム ビュー エディタで使用できない高度なフィルタリングをフィールドに対して実行することができます。それには、カスタム グリッド アプリケーションをインストールして、[クエリ]フィールドを使用します。
  • 特定の親ユーザ ストーリーを持つユーザ ストーリー階層をフィルタするには、[親]フィールドを使用します。特定の親ポートフォリオ アイテムを持つ階層をフィルタするには、[機能]フィールド(または、最下位のポートフォリオ アイテム タイプの名前)を使用します。

カスタム フィルタリングのヒント

カスタム フィルタリングでは、複数のクエリ条件を文字列としてまとめて、実行の優先順序に従って演算子を適用できます。CA Agile Central ではカスタム条件としてブール値 AND/OR がサポートされます。CA Agile Central では、NOT 演算子は現在サポートされていません。カスタム条件は、条件の定義後に、クエリ条件に適用されます。[カスタム条件のグループ化]フィールドへの演算子の入力順序に従って、条件をグループ化します。

2 つ以上の条件が追加されると、[以下の場合に結果を表示]フィールドがアクティブになります。クエリ条件を追加するには、[条件の追加]を選択します。2 つの条件が存在するようになったら、以下の条件演算子オプションのいずれかを選択できます。

クエリの目的を表すステートメントを選択します。

  • 以下の条件をすべて満たす: 並べられた条件を対象に AND のブール計算を実行します。
  • 以下の条件のいずれかを満たす: 並べられた条件を対象に OR のブール計算を実行します。
  • カスタム: 複雑なクエリのために複数のブール演算子と条件を文字列にまとめます。

[カスタム]を選択すると、[カスタム条件のグループ化]フィールドが表示されます。このフィールドを使用して、ブール条件を入力します。

グループ化の例

カスタム条件 説明
(1 AND 2) OR 3 このクエリは、最初の 2 つのフィルタ条件の両方、または 3 番目の条件に一致するレコードを返します。ディフェクトのカスタム ビューに、以下の条件を適用します。
  1. 所有者 = Joe
  2. タタグ contains API
  3. 重大度 = クラッシュ/データ損失

この結果では、Joe によって所有されている、API タグを含むすべてのディフェクト、または[重大度]フィールドのエントリに「クラッシュ/データ損失」を持つすべてのディフェクトが表示されます。これにより、Joe は、API タグが含まれている、自分が対処する必要のあるディフェクト、および Joe が解決できる可能性のある重大度の高いディフェクトのリストも取得することができます。

1 AND (2 OR 3) 上記に示されているものと同じカスタム条件を使用して、このカスタム条件構文を使用すると、API タグを含むか、あるいは重大度が「クラッシュ/データ損失」であるかのどちらかである、Joe が所有するすべてのディフェクトを表示する結果が返されます。
(1 AND 2) OR (3 AND 4) このクエリは、最初の 2 つのフィルタ条件または最後の 2 つの条件に一致するすべてのレコードを返します。ユーザ ストーリーのカスタム ビューに、以下の条件を適用します。
  1. タタグ contains API
  2. 状態 = 定義済み
  3. タグ contains 統合
  4. 状態 = 完了

結果の表示には、「定義済み」状態の API タグを含むすべてのユーザ ストーリー、または「完了」状態の統合タグを含むすべてのユーザ ストーリーがリストされます。

(1 OR 2 OR 3) AND 4 このクエリは、4 つ目のフィルタ条件に加えて、最初の 3 つの値のいずれかに一致するすべてのレコードを返します。タスクのカスタム ビューに、以下の条件を適用します。
  1. プロジェクト = A
  2. プロジェクト = B
  3. プロジェクト = C
  4. 所有者 = Joe

結果の表示には、Joe が所有するプロジェクト A、B、または C のすべてのタスクがリストされます。このクエリは、複数のプロジェクトで作業を追跡するのに役立ちます。

カスタム ビュー フィールド

フィールド 説明
名前 カスタム ビューの名前を入力します。フィールドの赤色の強調表示は、必須の入力フィールドであることを示しています。
フィルタ [条件の追加]を選択して、カスタム ビューの列、演算子、値といったフィルタ パラメータを設定します。
並び替え順序 選択した値に対する 1 つの並び替え順序を選択します。カスタム ビューの表示は、選択したフィールドに基づいて、[昇順]または[降順]の選択値に従って、並べ替えられます。
グループ別 指定した条件に基づいて、カスタム ビューの表示をグループ化します。表示されるビューには、選択した値に基づいてグループ化された折りたたみビューが表示されます。レコードの詳細を表示するには、カテゴリを展開します。このフィールドは、タスクとディフェクトのカスタム ビューのみで使用できます。
列の表示 表示する列と順序を選択して、カスタム ビューの表示を設定します。表示する列を[利用可能な列]リスト ボックスで強調表示して、右向きの矢印を選択すると、[選択された列]リスト ボックスにその列が移動します。表示順序を変更するには、[選択された列]リスト ボックスで列を強調表示して、上向きまたは下向きの矢印を選択します。
デフォルトとして設定 タブにアクセスするたびに表示されるデフォルト ビューとしてカスタム ビューを保存するには、このチェック ボックスをオンにします。デフォルト ビューに設定されているユーザ作成カスタム ビュー([マイ ビュー])は、デフォルト ビューとして設定されている共有ビューに優先します。
共有ビュー このカスタム ビューをワークスペース全体で共有および表示することを指定するには、このチェック ボックスをオンにします。すべてのワークスペース ユーザは、このカスタム ビューに読み取り専用でアクセスできるようになります。ワークスペース管理者はワークスペース ビューを編集、作成、または削除できます。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

  • 詳細ページとサマリ ページ内の表示およびオプションは、プロジェクトまたはワークスペースに対して自分に割り当てられているユーザ権限によって異なります。

     

  • CA Agile Central で提供されているクイック ビューを編集または削除することはできません。その結果、表示にクイック ビューを選択すると、[カスタム ビューの編集]アイコンと[カスタム ビューの削除]アイコンは使用できなくなります。
  • カスタム ビューが表示されているときには、直接ビューから追加ソートを行うことができます。