タグの使用

タグ付けは、作業アイテムのコレクションをグループ化または識別するための方法です。タグ付けにより、すべてのチーム メンバがユーザ ストーリー、ディフェクト、ディフェクト スイート、テスト ケース、テスト セット、およびタスクを論理的にグループ化およびフィルタできるようになります。タグ付けは、チームが複数のタイムボックスをまたぐ可能性がある機能のイニシアティブやプロジェクトの一部として作業アイテムを識別できる 1 つの方法です。

タグの使用は次のように構成されています。

タグの管理

ディフェクト、ディフェクト スイート、テスト ケース、テスト セット、およびユーザ ストーリーのエディタ ウインドウの内部。[タグ]フィールドは[名前]フィールドの下にあります。

 

 

新しいタグの作成

新しいタグを作成する方法

 

  1. 作業アイテムのエディタ ウィンドウで、[タグの選択]ドロップダウンをクリックします。テキスト フィールドが表示されます。
  2. テキスト フィールドに新しいタグの名前を入力します。
  3. テキスト フィールドの下にある(新規作成)ハイパーリンクをクリックします。これでタグを使用できるようになり、その隣にチェック ボックスが表示されます。

別の方法

  1. 作業アイテムのエディタ ウィンドウで、[タグの選択]ドロップダウンをクリックします。
  2. 新しいタグ]をクリックします。ポップアップ テキスト フィールドが表示されます。
  3. 新規タグ名を入力し、[保存]をクリックします。これでタグを使用できるようになり、その隣にチェック ボックスが表示されます。

既存のタグの検索

作業アイテムに適用するタグがすでに存在している場合

  1. 作業アイテムのエディタ ウィンドウで、[タグの選択]ドロップダウンをクリックします。
  2. タグの名前を入力し始めます。入力中には大文字と小文字を区別しない検索が実行されて、一致するタグがテキスト フィールドの下に表示されます。

タグの割り当て

エディタ ウィンドウでタグを見つけた後の手順

  1. タグ名の隣にあるチェック ボックスをオンにして、[適用]をクリックします。タグ名が[タグ]フィールドの隣に表示されます。
  2. 保存]をクリックします。

タグの削除

作業アイテムから既存のタグを削除する方法

  1. 作業アイテムのエディタ ウィンドウで、[タグの選択]ドロップダウンをクリックします。
  2. 割り当てられているタグが[選択されたタグ]ヘッダの下に表示されます。
  3. 削除するタグの隣にあるチェック ボックスをオフにします。
  4. 適用]をクリックします。タグ名は[タグ]フィールドの隣に表示されなくなります。
  5. 保存]をクリックします。

ワークスペースからタグを削除して、作業アイテムを編集するときにはそのタグが選択肢として表示されないようにするには、管理者がそのタグをアーカイブまたは削除する必要があります。管理者は既存のタグの名前変更や編集を行うこともできます。

カスタム ビューでのタグの使用

カスタム ビューでタグをフィルタ パラメータとして使用して、サマリ ページで特定のタグをフィルタすることができます。これは、機能のイニシアチブやプロジェクトの一部としてタグ付けされた作業アイテムのみが表示されるビューを作成するのに便利です。

注: contains 演算子によるタグのフィルタを現在使用できます。タグの完全な名前がわからない場合は、名前の部分を入力すると、一致するタグが表示されます。フィルタ パラメータ フィールドにテキストを入力している最中にも、CA Agile Central は一致を検索します。

カスタム ビューのタグ付け

一括タグ付け

一括タグ付けによって、複数のアイテムに同じタグを迅速に適用することができます。

注: 一括タグ付けは[バックログ]ページ、[イテレーションのステータス]ページ、およびカスタム リスト アプリケーションから現在利用できます。

複数のバックログ アイテムのタグを追加または削除する方法

  1. タグ付けする、またはタグ付けを解除するアイテムのチェックボックスを選択します。ギア ギア メニュー メニューで一括編集モードに切り替えます。
  2. 一括編集モードのギア メニューをクリックして、[タグ]を選択します。
  3. [一括タグ付け]エディタで、既存のタグを選択するか、検索フィールドにタグ名を入力することで新しいタグを作成して、[新規作成]をクリックします。
  4. 適用]をクリックして、選択したアイテムにタグを追加します。

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

  • タグは 32 文字に制限されています。
  • 文字と数字のみを使用することができます。
  • タグのクエリを記述するには、「Tags.Name = X」の形式を使用します。
  • カスタム フィールドと同様に、タグはワークスペース固有です。カスタム フィールドとは異なり、タグは作業アイテム固有ではありません。1 つのタグはそのタグが作成されたワークスペース内に存在しますが、ディフェクト、ディフェクト スイート、ストーリー、テスト ケース、およびテスト セットに使用することができます。
  • タグのアーカイブおよび名前の変更は、管理者が実行できます。または、ワークスペース管理者権限で、WSAPI を介して実行できます。
  • タグの大文字と小文字は区別されます。ただし、作業項目のタグ付けのときに、アーカイブされたタグが戻されて追加された場合は例外です。この場合、たとえば Regression と regression のような重複するタグが誤って作成されることがあります。