リビジョン履歴の表示

ワーク アイテムが編集または更新されると、CA Agile Central は各フィールド レベルの変更を系統的にキャプチャして、[リビジョン]ページでの変更を記録します。

変更が加えられるたびに、ワーク アイテムのリビジョン番号は自動的に増加し、日時および変更を行ったチーム メンバの名前が履歴に挿入されます。[変更の説明]フィールドを使用して、エディタ ウィンドウで変更のコメントまたは説明を追加します。システムによって生成されたコメントとユーザのコメントの両方が[リビジョン]ページに表示されます。

リビジョン トリガ

CA Agile Central のワーク アイテムに対してリビジョンが作成されることを促す複数の状況があります。いくつかの例では、システムが自動的にリビジョンを生成し、他の場合には、ワーク アイテムの編集によりユーザ アクションがリビジョンを開始します。

以下の表は、リビジョンを生成するトリガを示しています。

ワーク アイテム リビジョン トリガ
すべてのワーク アイテム
  • ワーク アイテムの直接編集または更新
  • 添付ファイルの追加または削除
  • アクション]からの複数編集
リリースおよびイテレーション ワーク アイテムの追加、削除
テスト ケース テスト ケース結果の追加
ワークスペース
  • ワークスペースの直接編集または更新
  • ワーク アイテム フィールドを必須またはオプションに変更する
  • ワーク アイテム フィールドを非表示または表示に変更する

関連トピック

 

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。

メモ

ワーク アイテムを編集するとき、詳細な[変更の説明]を入力することは重要です。このフィールドは[リビジョン]ページと[マイ通知]ダッシュボード アプリの両方に表示され、CA Agile Central のワーク アイテムの変更を理解および管理するのに役立ちます。